FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


庭にもドクダミが咲きますが、これも実家の母が役に立つからと言って植えていったものです。
実際は困った子ちゃんであちこちから芽を出して除去に躍起になっているのですが、一向に勢力は衰えません。

ドクダミ
ドクダミ(蕺草、蕺)
別名:ドクダメ(毒溜め)ギョセイソウ(魚腥草)ジゴクソバ(地獄蕎麦)
ドクダミ科ドクダミ属


ドクダミ
半夏生もドクダミもホタルブクロも今年は皆元気です


少し前に撮ったものですが
ドクダミ
白い花びらのような部分は総苞片、中心部の黄色は花の集合体で
黄色いのは葯、白い糸状のものは雌しべ


狭い庭に次々と季節の花が咲いていて出かけられない時だからこそゆっくりと見てあげたいなと思っています。







珍しい花ではないのですが、珍しくないから掲載回数が少ないのかもしれないイボタノキ。
実のほうがビジュアル的に面白いのか載せいている回数は同じくどちらも2回すつでした。

イボタノキ
イボタノキ(水蝋樹・疣取木)
モクセイ科 イボタノキ属


イボタノキ
高いところにしかきれいな花がなかったので・・・


イボタノキ
9mm程の小さな花の集まり(花序)は3~4cm
雄しべは2個だけです


初夏の花は白が多く、日々何か咲き始めるので楽しみですね。
コアジサイが咲いてノリウツギやリョウブ、ソクズももうすぐです。
そういえば高校の校庭にタイサンボクの木があり、その大きな花に圧倒された記憶があります。
いい匂いがするので楽しみな花でした。
人生の中でそのような花に出会えたことも自分の原点の一つなのかなと思うことも・・・








この通りはあれこれと少しずついろんな花が見られるところです。
誰も植えたわけではないと思うのですが、短時間で楽しめる場所で忙しい最中の植物観察にはもってこいの場所です。
スイカズラやサルトリイバラの若い実、ツリバナの実などもありました。

スイカズラ
スイカズラ(吸い葛)
スイカズラ科スイカズラ属


金銀花(キンギンカ)ともいわれ咲き終わりに近づくと一番左の花のような色になります。
花筒の奥に蜜があり、子どもの頃は花の甘い蜜を吸ったことからついた名前だそうで、英名はJapanese honeysuckle です。

サルトリイバラ
サルトリイバラの若い実
初冬には赤くなりクリスマスリースなどに使われます


ツリバナ
先日のツリバナは小さな実を着けていました


どうしてこんなに多くの植物が観察できるのでしょうか。
もともと小高い雑木林を縦断する道路が川沿いに作られ、そのままの植生が残ることもあるのでしょうか?
私がこの道路のことを知ったのはここ数年ですが、宝物を見つけたような気がしたものです。
ずっとこのままでいてほしいものですね・・・








毎年確認に行っているトウゴクシソバタツナミを見に行ってみました。
前に行っていた場所はイノシシの形跡があって、かなり荒らされていました。
他の場所でもひどい動物臭がしたので、確実にこのあたりにもイノシシが出没している気配がします。
川を越えて坂を登ると平地になりその後は丘陵へとつながるのでちょっと心配ですね。

もう一か所、今回確認した場所は道路に近いせいか荒らされることもなく無事に咲いていましたし、少し増えたように感じました。

トウゴクシソバタツナミソウ
トウゴクシソバタツナミ(東国紫蘇葉立浪)
シソ科タツナミソウ属


トウゴクシソバタツナミソウ
シソバタツナミソウの変種という説もあります


トウゴクシソバタツナミソウ
実のでき方が観察できそうですね


トウゴクシソバタツナミソウ
後ろから見たものかなり毛深く開出毛も多いです


この場所は交通量が多いせいか道路端にはゴミがたくさん投げ捨てられていて荒らしているのは人間のようです。
トウゴクシソバタツナミのすぐ横にギンランや、タチドコロ、ホウチャクソウ、シロバナニシキゴロモではないかと思われる植物もあります。

コロナで日本人の良い生活習慣のことが取り上げられていますが、これだけゴミを捨てられているのはどういうことなのでしょうか。







初めてこの花に出会ったのは都幾川の河原でしたが、なんてきれいな花だろうと思ったものです。
丘陵でもかつてはきれいに咲く場所が何か所かあったのですが、枯れてしまったり切られたりで見られる場所が少なくなりました。
こちらの別のフィールドでは川沿いに数か所で見ることができます。
初夏の日差しを受けて咲き始めのちょうどいい時に出会えました。
卵のような丸いつぼみと外側に反り返るような花弁、雄しべの花糸の翼が特徴的ですね。

ウツギ
ウツギ(空木)
アジサイ科ウツギ属


ウツギ
小川の対岸に咲いているので望遠で撮っています


ウツギ
高さ4mくらいで花もたくさん咲いているのですが・・・


ウツギは別名を卯の花(うのはな)ともいいますが、子供のころ口ずさんだ初夏の歌「夏は来ぬ」の中で歌われています。
日本の歌百選にも選ばれていますが、この歌をご存じでしょうか。
小学校で歌ったのかなぁ・・・
調べてみたら明治29年、佐佐木信綱作詞、小山作之助作曲の日本の唱歌でした。
早春の歌「早春賦」と並ぶ唱歌の名曲だと思います。








毎年見遅れてしまうエゴノキの花、今年は特に出かけられなくてあきらめていたのですが、もしかしたらまだ残っているかもと思って別のフィールドに行ってみました。
終わりかけですがかろうじて森のシャンデリアは咲いて待っていてくれました。

エゴノキ
エゴノキ(Styrax japonica)5/30撮影
エゴノキ科


エゴノキ
丸いつぼみがかわいいですね


エゴノキ
好きで庭木として植える人もいるくらいかわいい花の木です


果皮にはサポニンが含まれていて、昔は石鹸代わりにしたり、麻酔作用を利用して魚取りに使ったりしたようですね。
武蔵野の雑木林を代表する花の木の一つだと思います。







園芸種をあまり植えないにしても一応いろんな花が庭には咲きます。
バラもモッコウバラから始まって今は四季咲きのバラやツルバラが咲いています。
まだDIYなんて言葉を聞き始めたばかりのころ、国道沿いにあった「DOIT(ドイト)」という洒落た大型の店舗があり、そこで購入したツルバラがアンジェラとアイスバーグでした。
今でも頑張って咲いてくれます。
面白いことにご近所の方も同じバラを植えられていました。

バラ
他にもこんなバラが・・・


アンジェラ
きれいに撮れたと思ったら虫さんがいますね(^^♪


アイスバーグ
アイスバーグ


アンジェラ
アンジェラ


新しい Note PC にしてだいぶ使い慣れてきたのですが、いろいろ問題もあって困ったなぁという事いくつかあります。
その中で、一番困るのが PCを立ち上げたときに自動的に無線LANに接続できないことです。
毎回手動で繋げば使えるのですがそんなのは面倒な作業ですし、気に入りません。
そんな馬鹿なと思われるでしょうが、こんなこともあるのですね。
現在はほぼ解決したのですが、原因は「高速スタートアップ」が有効になっていたことでではないかと・・・
毎回設定を変えて試したりして格闘すること、数週間かかりました。
新しいパソコンは立ち上げに1分足らずですが、「高速スタートアップ」を無効にしても同じくらいの時間で立ち上がっているような気がします。
ひとまず平和な日々・・・






sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

この人とブロともになる

QR