フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


一ヶ月ほど前、道路の端っこの歩道上がりの所にツメクサによく似た2cmほどの雑草が生えていました。
何でも植えてみたくなる性分なので、門の横の小さな花壇の隅に植えて置いたら・・・

昨日、ビックリ!白い花が咲いていました。
葉っぱはそのままで全体にあまり大きくなってなく4cmくらいの高さに2cm位の花が昨日は1つ、今日は2つ咲いています。

はな
右のコンクリートの壁の一番隅っこに2つの花が咲きました


かなり調べてもなかなかわからなくて、今朝やっと園芸種のニーレンベルギアとわかりました。

はな
ニーレンベルギア、 ナス科


ニーレンベルギアの仲間は、メキシコから南アフリカにかけて分布する多年草で年々株は充実していくそうです。
この小さな花が来年はもっと育って大きな株になるかもしれませんね。

こうやってみると、どこかのお家で植えられていたニーレンベルギアの種が溝を伝ってうちまでたどり着いたのでしょうね。

もう一つ。
最近よく見かけるグラジオラスの葉っぱを小さくしたようなものをいろんな所で見かけるようになりました。
一年ほど前、試しに一株だけ持って帰って植えたら今年は見事にヒメヒオウギズイセンが咲きました。
もし見かけた同じ葉っぱがすべて花をつけていたら大変なことになりそうですが、皆さん群生を見かけてことがありますか?

ヒメヒオウギズイセン
ヒメヒオウギズイセン


ヒメヒオウギズイセン
花はこれ↑click here


こんな可愛い花が咲いたらなかなか抜くには勇気がいりますから、増えていくのは無理が無いかもしれません。
園芸種って放っておいても逸出したりしますが、自然の中で増えては困りますから丘陵のものは撤去した方が良いかもしれません。





ミソサザイやキセキレイのいた場所は簡単に行ける場所ですが、意外と花もあります。
ただ、時季が時季だけにあまり珍しい花が無い・・・
いくつか状況の良くない中で撮れたのはほんの数種だけであまりいい出来ではないのですが、記念写真と思って見てください。
どちらも水辺の崖などに咲いていました。

トリアシショウマ
このレースのようにきれいな花は・・・
トリアシショウマです


トリアシショウマ
トリアシショウマ(鳥足升麻)
ユキノシタ科チダケサシ属


ヤマアジサイ
ヤマアジサイ(山紫陽花)
別名:
アジサイ科アジサイ属


どちらも滝の横の水がかかるようなところに咲いていました。
ヤマアジサイもトリアシショウマも山では珍しくないのですが、花のない時ですから貴重品ですね。

帰り道、ヤマボウシの花が雑木林の中でが咲いているのをチラッと見かけました。

ヤマボウシ


園芸種としてのヤマボウシは庭や街路樹で見かけますが自然の中に咲くヤマボウシは初めて見ましたよ。
今日は余り写真はどれも良くないのですが、記録としてという意味もありますので、これに懲りずに見てくださいね。




今日はまた富士山で見た鳥です。
いつも行く滝の所でキセキレイに気をとられていると、何か他のものがススーッと飛んでいきます。
もしかしたらと思って、じーっと観察していたら、思った通りミソサザイでした。
先日の奥多摩でも同じような環境の所でミソサザイを見かけましたから・・・こういう滝の奥まったところが好きなのでしょうね。

ミソサザイ
ミソサザイ(鷦鷯)
スズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属


ミソサザイ
ちょっと小首をかしげて


ミソサザイ
つぶらな目が可愛い



ミソサザイ
鳴かなかったのでメスかな?
ノイズがひどいのですが餌をくわえている写真がこれだけだったので・・・


苔のようなものや虫を口にくわえていたので、営巣中でしょうか・・・
ミソサザイはこういう地味な場所が好きなのでしょうね。

鳴かないし、色が茶色で地味なのでほとんどの人が気にしないでいます。
写真を撮っていると「何を撮っているのですか?」と聞かれることもあります・・・





雨が降ったり、出かけたりしていて数日ぶりの丘陵の散歩でした。
湿度も高く少しムシっとする中、尾根道を歩いていくと暑くなってきます。
ナイナイと言いながらでも野の花の写真を撮りながら歩いていると久しぶりでキハギを見つけました。

あぁ、こんな所にあったんだ・・・・2009年に見たっきりで場所を忘れてしまっていたのでちょっと感激です。

キハギ
キハギ(木萩)
別名:ノハギ
マメ科ハギ属


キハギ
1cmほどの小さな花です
側弁はピンク、旗弁が少し黄がかった白に濃いピンクの筋が入ります


キハギ
全国的には珍しくないと思いますが
狭山丘陵では今のところ3本だけ、ほんとはもっとあるのかな?


キハギ
葉は3出複葉で茎がジグザグに互生します



歩くと少しばかり足が痛いので、外出するのもあまり乗り気ではないのだけれど、歩くとやはりいろんなものが見つかるので楽しいですね。
ブラブラと2時間ほど歩いてきました。
良かった!キハギを見つけられて・・・
草刈りで刈られると大変なので管理事務所に場所を連絡しておきました。





昨日の続き。
いつも訪れる渓流の方に行ってみました。
白糸の滝ほどではないのですが、同じように岩からの水が白糸のようになって滝になる美しい場所です。
そのいつもなら水が流れているはずの滝では、代わりにキセキレイがつがいで忙しそうに岩場を行ったり来たりしています。
おや、どちらも口には虫をくわえているように見えます。

キセキレイ
この岩場を上り下りします


キセキレイ
セキレイ(黄鶺鴒)
スズメ目セキレイ科


キセキレイ
口には常に虫が・・・


キセキレイ
動物食で水中や岩陰などに棲む昆虫類やクモ類を捕まえます


巣穴に帰っていったり来たりしていて、観察しているあいだじゅう同じような行動を繰り返していました。
観光客もかなりいたのですが、お構いなしですから、慣れているのかそれが普通の行動なのかよく分かりませんが、十分我が道を進んでいるように見えました。

昨日は一日雨が降っていました。
雨水のタンクにも水がたまったようで、一応しばらくはこれで畑の水も確保できたようです。
ただ、梅雨というにはほど遠く、ダムの貯水量もずいぶん減ってきているようです。

考えたら、首都圏に住む多くの人の水を栃木県や群馬県の山からの水で支えているのですから、これはすごいことですよね。
日本の山の凄さをつくづくと感じてしまいます。





明日から雨が降るという天気予報が出ていたので、久しぶりに富士山に出かけてみました。
この時期は丘陵にはあまり花を見る機会が少なくなるのですが、富士山のあたりならと、出かけてみたものの・・・
こちらも水枯れで期待していた湿地の花はほとんど見ることは出来ませんでした。

と言っていたら、向こう側に真っ白な花をいっぱい咲かせた樹が見えてきました。
何だろうと近づいてみると・・・

イボタノキ
高さが5mはあろうかと・・・


イボタノキ
イボタノキ(水蝋の木)またはミヤマイボタ
モクセイ科イボタノキ属



イボタノキ
ちょうどタイミングが良かったみたいですね


湿地のすぐ横、標高は600m位ですからミヤマイボタかなとも思ったのですが、葉先が尖っていたり、いなかったりで判断が付きにくいです。
それにしても、すごい!見たこともないような大きなイボタノキorミヤマイボタの素晴らしい花が咲いていたからいいかな♪
甘くていい匂いがいっぱいしていたし・・・ネ。


残念ながら途中から雲が出てきて・・・高速道路を走っている時、車から撮った富士山の北側はまだ少し雪が残っていました。

富士山








かつて健康食品として人気の高かったコンフリーがヒレハリソウと知ったのは、やはり丘陵に通い始めてからです。
野の花にしてはずいぶん毛深く大きな葉っぱは日本産とはとても思えず、何だろうと疑問を持ったものです。
ヒレハリソウという名前だと分かって、それがコンフリーと判明したのですが、存外にこの花が可愛いことにも驚かされました。

ヒレハリソウ
ヒレハリソウ(鰭玻璃草)
別名:コンフリー
ムラサキ科ヒレハリソウ属


ムラサキ科というだけあって、よく見ると花序は先端はカタツムリのようにクルッと巻いています。
そこがまた可愛いのだけれど・・・

ヒレハリソウ
モンシロチョウが吸蜜中


細長いベル型の筒は二段に分かれていて、花のグラデーションが美しく、外来種ではありますが花は好きかも・・・

--------------------------------

さてこちらは蛾の仲間のトンボエダシャクです。木陰に現れて翅を休めていました。

トンボエダシャク
トンボエダシャク


そう珍しいわけではなさそうですし、写真もボケているのですが何となく気に入ったのでブログのコレクションの一つに・・・(^-^;



sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

QR