フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


ここには先月の19日にも来て、ツルリンドウの蕾を観察していました。
そうそう、丘陵で花が咲くのは毎年9月の初めと覚えていたのに、ここでは二十日も遅れてそれもまだツボミだなんて・・・
花の咲く時期はもう一週間先かなと思ったのですが、あれこれあってくることが出来ませんでした。

来てみたらもう実が出来ていました。
赤い実もきれいですよ~

ツルリンドウ
ツルリンドウ(蔓竜胆)
リンドウ科ツルリンドウ属


ツルリンドウ
まさにツルリンドウ、長い蔓に6個も!


ツルリンドウ
9月19日に見たツボミ


下にスッキリと垂れ下がっているツルリンドウを見ると、ここのはどんな花を咲かせたのかと思い、とても来年まで待てないような気持になります。
ツルリンドウは改めてみると葉っぱもきれいですね。

ただ、毎週通うには少しきつい距離なので、ちょうどいい花期を目指すのが難しいですね。
そうそう、丘陵のツルリンドウの実も見に行かなくちゃ。






久しぶりの狭山丘陵です。
ハッカの咲く近くにはマルバノホロシが沢山咲く場所があって毎年楽しみにしていくのだけれど、タイミングが悪く草刈りでひどく傷んでいました。
あぁぁ・・・やられたぁ~
と思ったのですがほんの少しだけ咲いていました。
ただ以前に比べるとずいぶん生息範囲が広がっていたので来年が楽しみです。

マルバノホロシ
マルバノホロシ(丸葉のほろし)の実
ナス科ナス属


マルバノホロシ
マルバノホロシの紫色の花


すぐ近くにヒヨドリジョウゴの花も咲いていました。
花も色違いというだけで形がそっくりですし、実も同じような実を付けます。

ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリジョウゴの白い花
でも葉っぱの形が違うので見間違うことはありません


s-IMG_8715_20141116145210a60.jpg
2014.11.16撮影


実が赤くなるのは晩秋だと思っていたので、今頃赤くなっているのは刈込があったせいかもしれません。

---------------☆彡

朝晩はずいぶん冷え込むようになってきて、肌掛けぐらいでは寒いので薄手の布団をかけて寝ています。
でも今日も丘陵を歩いてきましたが、昼間は暑いぐらいですから、体調の管理が難しいです。
私はこの時期、秋のアレルギーが出ます。

温度差に反応するアレルギーで「血管運動性鼻炎」といい、寒暖差が原因で自律神経が不調を起こすことで鼻水やカユミなどが出ます。
若い頃からあったのですが、一時良くなっていたものが今頃また復活してきているようです。
ただ、他にも目が痒かったり頭痛がひどいこともあるので秋の花粉症も併発しているのではないかと思っています。
まぁ、我慢できないほどではないので何とかやり過ごすこの頃です・・・





トキリマメはノササゲに花も葉もよく似ています。
花は少し小さ目、葉っぱは三出複葉ですが先が尖っていてシャープです。
ノササゲの鞘(←click here)は美しい紫色ですが、トキリマメは赤色で鞘に豆が二つ、たまに一つしか入ってないのもあります。
どちらも爆ぜたところがいいですね。

もう終わりかなと思っていたら、少し鞘の色は悪かったけれど、まだまだ赤い色は健在でした。

マメが一つずつ
トキリマメ
トキリマメ (吐切豆)の鞘と種
マメ科 タンキリマメ属


トキリマメ
こちらの鞘には二つと一つ


トキリマメa
こんなに沢山!
増えるわけですね


丘陵はもうすっかり初冬です。
たっぷりと積もった落ち葉の絨毯の上を音を楽しむように歩いてきました。
気持ちよく歩いて来ましたが、あまり鳥が出てこなくて見かけたのはジョビコだけ・・・少し残念でした。


----------------------------------------------------------------------------------------------

キッコウハグマの花後(閉鎖花の実)です。

他の方も言われているのですが、この植物は丈が高いものには開花した花(開放花)が付くことは珍しいです。
高くなるとほとんどが閉鎖花になってしまうようです。
閉鎖花は花冠の一部や全体が開かないで自家受粉してしまう花で、こちらでよく見かけるものではスミレやセンボンヤリ、フタリシズカなどがあります。
野に咲くスミレが花の時期の後から秋にかけてツボミのまま種になっているのを見たことがありませんか?

キッコウハグマ
キッコウハグマ(亀甲白熊)
キク科 モミジハグマ属


キッコウハグマ
この個体は割と高い方で15cmもあったでしょうか、上の方はすでに冠毛になっていました


s-IMG_8093a.jpg
キッコウハグマの冠毛(この写真は昨年12月撮影)
キラキラ光ってとてもきれいでした


小さい個体のうちは花を咲かせるけれど、何年かたって大きくなると閉鎖花のみで子孫を残すキッコウハグマ。
狭山丘陵ではほとんどが閉鎖花ですが、あちこちで普通に見られる花です。



----------------------------------------------------------------------------------------------

秋も半ば頃になると赤や紫、黒い実が目立つころになります。
特にヒヨドリジョウゴの朱色の実はビジュアル的にも美しく、つい探してしまいます。

しかし今年は雨が続いたせいかパッとしません。
やっと赤と緑のきれいな実を見つけることができました・・・

ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の実 
ナス科 ナス属


おやまだ紫色の花と白い花が咲いていました。隣り合わせに咲いているのは面白いですね。

ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリが降下する時の姿に似ている?


ヒヨドリジョウゴ
花弁はもっと反り返ります

ヒヨドリジョウゴ


最近、ヒヨドリがにぎやかに鳴いています。
家の屋根にも時々来ているようで急降下する時は羽根を体にピタッとつけ、まるで漏斗(ジョウゴ)のような形になっていきます。
もしかしたら、昔の人はその姿を見て「ヒヨドリがジョウゴのようだ」なんて言ったのかも・・・

ヒヨドリの降下する姿とヒヨドリジョウゴの反り返った花が似ていると思いませんか?



----------------------------------------------------------------------------------------------

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

QR