フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


以前から気になっていた花がそろそろ咲いているのではないかと思い東京都の山に行ってきました。
山と言っても車で行ってちょこちょこっと登る程度ですけれど・・・

思っていた花は咲いていませんでしたが、初めて見るサワダツの赤い実を見つけました。
沢の近くで岩の上の方から垂れ下がる実はツリバナの実にそっくりですが、枝が緑色をしているのでそうではないかと思いました。
ツリバナの花は薄いピンクですが、サワダツはよく似たえび茶色の花を春咲かせるようです。

サワダツ
サワダツ(沢立).
ニシキギ科ニシキギ属


サワダツ
ツリバナによく似ています


崖の上を見上げると、エンレイソウの葉が見えています。
ここまでくるといろんな花を見ることが出来て何だか別の世界に来たような気がします。
春に花の咲く頃見に来たいですね・・・

エンレイソウ
エンレイソウの葉とシダなど


沢の手前にはマツカゼソウもさわやかに咲いています。

マツカゼソウ
マツカゼソウの向こうには白い流れが


空気が違うのかなぁ・・・
今年はずいぶん水量が多かったせいか植物も元気そう、こちらも気持ちがリフレッシュできるようでした。

先週の土曜日から丘陵の仲間たちと秋の山野草、昆虫などの写真展を武蔵村山歴史民俗資料館でやっています。

自然

時間のある方はどうぞいらしてください・・・








そしてこれも久しぶりに再会したクルマバナ。
以前、丘陵で見たことがあるのですが、翌年には消えてしまってそれ以来見ていないように思います。
もともと日本全国の山野の道端にある花ということですが、やはり少し山の方に行くと見られるようですね・・・

クルマバナ
クルマバナ(車花)
シソ科トウバナ属


クルマバナ
くるっと一回り


クルマバナ
トウバナ科なので段々に花が咲きます



--------------------------------🌸

タマアジサイは奥多摩では普通に見かける紫陽花ですが、球状の蕾を持っているのでタマアジサイと言います。

タマアジサイ
色がとてもきれいですね



今日は少し忙しいのでこれだけです・・・




丘陵でも南側と北側では花の咲き具合や色なども違っているのですが、北側ではノブドウの実がもうできていました。
しっかりブドウタマバエやブドウトガリバチの幼虫が寄生して虫えいができていて紫色や碧色などカラフルな色になっていました。

ノブドウ
ノブドウ(野葡萄)
ブドウ科ノブドウ属


ノブドウ
そういえば正常な実を見たことがありません
虫えいになっていない普通の実はどんな色なんでしょう


ノブドウの花
s-IMG_1566.jpg
花は7月ごろ咲きます、蜜壺みたいなのがありますね


どこでも見かけるノブドウですから、繁殖力も旺盛なのだろうと思いますが、ちゃんとした実が出来なくてどうやって増えていくのでしょうか?面白いものですね。

------------------------------

以前も書きましたが、ノブドウは別名「ブス(附子)」です。
昔々・・・

和尚さんが小僧たちに内緒で舐めていた水飴がばれないように「これは苦い薬でブスというのだ。子どもがなめたら死ぬぞ」と言って出かけました。しかし小僧さんたちは和尚さんのついた嘘を見抜いて全部食べてしまいました。
そうして壺を割り、帰って来た和尚さんの前でワァ~と泣きながら「和尚様の大事な壷を割ってしまったので死のうとおもってブスを舐めましたが全部なめても死ねないのです」と・・・そんな話でしたね。

あの「苦い薬のブス」はこの「ノブドウの実の焼酎漬け」だそうです。
昔から会津地方の伝承民間薬だそうで肝臓障害などによいとのことです。

身体い良いと言ってもらったけれど「本当に苦くて飲めない」と会津若松に住む友人は言ってました・・・




ブログに写真をアップしていると必然的に写真の選択に迫られます。
時期が過ぎてしまって今更というのもありますし、たくさん撮った写真の中からどれを載せるかで迷った挙句・・・というのもあります。
載せそびれた感じだけれど、これはちょっと載せたかったなぁというのをちょっとだけ・・・

まだ咲き初めの頃、クサギの花の雄しべがクルンとカーブしています
クサギ


これもクサギ、花が蕾を出して開く手前までが、ちょうど順番に並んでいたので撮りました。

クサギ
右から、蕚→蕚から花がのぞいて→赤い花筒が伸びて先に丸くて白い花冠がでています


これはミズキの実です
ミズキ
ちょうど色とりどりの実がついていました



花や鳥、昆虫などの写真を撮るときは気に留めていないのですが、あとから見るとこんな風に見えるんだなぁって思うことがあります。
花は花を見ているだけで十分美しさは通じるのですが、レンズを通してみるとまた違う魅力があるのかも・・・





毎年ネムノキは梅雨時で雄しべが濡れてきれいに撮れないと嘆いていたのだけれど、今年は何となく寂し気なネムノキになっていました。
もう少し濃い色になってもいいのにね・・・もう少ししたらきれいなピンクになるかな?
とか言っているうちに梅雨明け宣言も出そうな雰囲気です。

ねむの木
ネムノキ(合歓木)
マメ科ネムノキ亜科


ねむの木
例年より遅いけれどまだ咲き初めなのかな


ねむの木
まだまだツボミがいっぱい


集中豪雨で大変な所もあるという一方、ここら辺りでは梅雨に入ってから雨が降ったのはほんの数日でした。
ここ最近は関東の水がめといわれる群馬や栃木でかなり雨が降って水不足は解消されつつあるかもしれませんが、菜園や庭の植物たちは大変です。
ミカンやレモンの木に実は成りませんし、紫陽花も青息吐息です。




sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

QR