FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


珍しい花ではないのですが、珍しくないから掲載回数が少ないのかもしれないイボタノキ。
実のほうがビジュアル的に面白いのか載せいている回数は同じくどちらも2回すつでした。

イボタノキ
イボタノキ(水蝋樹・疣取木)
モクセイ科 イボタノキ属


イボタノキ
高いところにしかきれいな花がなかったので・・・


イボタノキ
9mm程の小さな花の集まり(花序)は3~4cm
雄しべは2個だけです


初夏の花は白が多く、日々何か咲き始めるので楽しみですね。
コアジサイが咲いてノリウツギやリョウブ、ソクズももうすぐです。
そういえば高校の校庭にタイサンボクの木があり、その大きな花に圧倒された記憶があります。
いい匂いがするので楽しみな花でした。
人生の中でそのような花に出会えたことも自分の原点の一つなのかなと思うことも・・・








この通りはあれこれと少しずついろんな花が見られるところです。
誰も植えたわけではないと思うのですが、短時間で楽しめる場所で忙しい最中の植物観察にはもってこいの場所です。
スイカズラやサルトリイバラの若い実、ツリバナの実などもありました。

スイカズラ
スイカズラ(吸い葛)
スイカズラ科スイカズラ属


金銀花(キンギンカ)ともいわれ咲き終わりに近づくと一番左の花のような色になります。
花筒の奥に蜜があり、子どもの頃は花の甘い蜜を吸ったことからついた名前だそうで、英名はJapanese honeysuckle です。

サルトリイバラ
サルトリイバラの若い実
初冬には赤くなりクリスマスリースなどに使われます


ツリバナ
先日のツリバナは小さな実を着けていました


どうしてこんなに多くの植物が観察できるのでしょうか。
もともと小高い雑木林を縦断する道路が川沿いに作られ、そのままの植生が残ることもあるのでしょうか?
私がこの道路のことを知ったのはここ数年ですが、宝物を見つけたような気がしたものです。
ずっとこのままでいてほしいものですね・・・








初めてこの花に出会ったのは都幾川の河原でしたが、なんてきれいな花だろうと思ったものです。
丘陵でもかつてはきれいに咲く場所が何か所かあったのですが、枯れてしまったり切られたりで見られる場所が少なくなりました。
こちらの別のフィールドでは川沿いに数か所で見ることができます。
初夏の日差しを受けて咲き始めのちょうどいい時に出会えました。
卵のような丸いつぼみと外側に反り返るような花弁、雄しべの花糸の翼が特徴的ですね。

ウツギ
ウツギ(空木)
アジサイ科ウツギ属


ウツギ
小川の対岸に咲いているので望遠で撮っています


ウツギ
高さ4mくらいで花もたくさん咲いているのですが・・・


ウツギは別名を卯の花(うのはな)ともいいますが、子供のころ口ずさんだ初夏の歌「夏は来ぬ」の中で歌われています。
日本の歌百選にも選ばれていますが、この歌をご存じでしょうか。
小学校で歌ったのかなぁ・・・
調べてみたら明治29年、佐佐木信綱作詞、小山作之助作曲の日本の唱歌でした。
早春の歌「早春賦」と並ぶ唱歌の名曲だと思います。








毎年見遅れてしまうエゴノキの花、今年は特に出かけられなくてあきらめていたのですが、もしかしたらまだ残っているかもと思って別のフィールドに行ってみました。
終わりかけですがかろうじて森のシャンデリアは咲いて待っていてくれました。

エゴノキ
エゴノキ(Styrax japonica)5/30撮影
エゴノキ科


エゴノキ
丸いつぼみがかわいいですね


エゴノキ
好きで庭木として植える人もいるくらいかわいい花の木です


果皮にはサポニンが含まれていて、昔は石鹸代わりにしたり、麻酔作用を利用して魚取りに使ったりしたようですね。
武蔵野の雑木林を代表する花の木の一つだと思います。







昨年も今頃マルバウツギを見に行ったので、大好きなこの花も咲いているのではないかと期待していました。
まだツボミのものもありましたが、ちょうど見ごろでタイミングよく行けたようです。

20年以上前奥多摩の小さな滝の側で見て、なんて可愛い花が山には咲いているんだろうと感動したものでした。

マルバウツギ
マルバウツギ(丸葉空木)
アジサイ科 ウツギ属


s-P5132846.jpg
白い花弁とオレンジ色の花盤からツンと突き出した雌しべ、黄色い丸い葯も可愛い


マルバウツギ
沢沿いに見られる沢山のマルバウツギ
幾つものブッシュが出来ています



---------------------------------
青空の気持ちいい季節ですね・・・コロナのことがなければと思います。
でもこのコロナの流行は今までの状況と同じようには暮らせなくなるという事なのではと思っています。
スウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが環境悪化を訴えて移動にヨットで大西洋を横断したことは印象的でした。
今回のコロナで飛行機は欠航が続いていますし、車の移動も減り、CO2も減ったのではないでしょうか。
私たちも遠くに行かなくても自宅やその近くで楽しめることを考えるようになりました。
仕事もテレワークで済むことも増えてきましたし、週休3日も提案されています。
そうなると、観光業や飲食業は心配ですが、同じ形態での営業はコロナが収まっても難しいのかなとも思います。
インフルエンザのようなワクチンが開発されれば何とかなるのでしょうか・・・

---------------------------------

今日は○5年目の結婚記念日です。
おうちでローストビーフを焼いてワインでお祝いしましょう。
マルバウツギはMemorial tree です。




sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

この人とブロともになる

QR