フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


丘陵には昔の使われなくなった田んぼがあり湿地になっているところがあります。
少し荒れ気味だったのですが、気になる植物もあったので出かけてきました。
目的の花も撮ったし、その他にも思いがけず咲いていたものもあって、さぁそろそろ帰ろうかな。
でも、もう一つ寄り道しようと別の湿地に行ってみたら、細長い緑の茎の途中から花が出ています、何かしら・・・

あっ、もしかしたらイグサかな・・・

イグサ
イグサ(藺草.)、イ(藺)
別名:トウシンソウ(燈芯草)
イグサ科


「イ」というのは最も短い標準和名としても知られているそうです。
別名のトウシンソウは和ろうそくの芯にするからですが、この草の髄に和紙を巻き、その上にハゼの実から採った蝋を重ねていくそうです。

イグサ
近づいてみると、小さな花が咲いています
線香花火のようですね


イグサ
背景が明るいときれいです



カヤツリグサ科とかイネ科と違い6枚の花弁を持つ通常の花だそうです。
よく見るとピンクの雄しべや雌しべが見えているのですが、残念ながらうまく撮れませんでした。

「い草」は私の生まれ故郷の福山市の名産(最高級と言われた備後畳表)の材料でした。もう今では作っているところはほとんど無いと思いますが、子供のころは田んぼにイグサが植えられていたのを覚えています。
(調べてみたらありました)
少し離れたところでは畳表(たたみおもて)を織る工場もあって、ガチャンガチャンというにぎやかな音がしていました。
でも、イグサに花が咲くことは気が付きませんでしたね・・・





観察会で水辺の近くを歩いていたら、黒っぽい丸い2cmくらいのものがコロコロと連なっていました。
コブシの実かしらと思っていたのですが・・・
近くを見てみたら緑の芽が出たものがありました。
さて、これは何だろう??ちょっと見たところクワイや里芋みたいですネ。

ウキヤガラ
何やら緑の芽が出ています


もっと大きな育ったものを探してみたら観察仲間の人が「ウキヤガラですね」と教えてくれました。

ウキヤガラ
ウキヤガラ(浮矢幹)
カヤツリグサ科ホタルイ属


ウキヤガラという名前なのでこれ浮くんじゃないかしらと投げてみたら・・・

ウキヤガラ
確かに浮きました


ヤガラ(矢柄)とは矢の幹の部分で、植物のウキヤガラは浮きを持ったヤガラという意味なのでしょう。
真っすぐに伸びる花茎が矢柄に似ているからという意味らしいです。
日本では北海道から九州までの浅い池の周辺に生えるそうで、ちょうどそんなところで見かける植物で丘陵ではよく見られる植物です。





北側は最近あまり歩かなくなってしまったのですが、キチジョウソウはどうかなと思って見に行ってみました。
がけ崩れで荒れ放題になっていた近くだったので、心配していたのですが、かろうじて残っていました。
でも、もうお終いでした・・・

おや、小さな金平糖のような白と赤の花が、ちょうどいいくらいにばらまかれているように咲いています。
これは夏賑やかに咲いていたミゾソバそしてヤノネグサのようですよ。

ミゾソバ
向こう側は田んぼ、稲のヒコバエがきれいな緑でした


ヤノネグサ
薄緑はミゾソバの花後
薄赤色はヤノネグサの花後


11月初旬の写真ですが、北側の湿地に鳥見に行ってみましたが何もいないようです。
家の近くの畑でも見かけるモズですら、ここには来ていないようです。
でも鳥見の人たちがたむろしていました・・・

イタドリ
イタドリも秋らしくなってきました





これも撮ったのは10月の初めだったのですが、久しぶりに見ることが出来た水田雑草です。
記憶が正しければこのブログでは2回目の登場です。

小さな花で大きさは3mmほどでしょうか。
水田雑草なので、これがはびこると稲作にも影響し収穫が減るので、他の地域では農薬の使用で見られなくなってきているそうです。
「アブの目」というには可愛いきれいな花です。

アブノメ
アブノメ(虻の目)10月5日撮影
別名:パチパチグサ
ゴマノハグサ科アブノメ属


<アブノメ
アブノメは東京都の絶滅危惧種Ⅰ類、埼玉県では準絶滅危惧種


アブノメ
向こうに見えるのは稲の根元です
本当に小さな花です


この花は畔より50cm位下の方に水田が作られているため、かなり下を向いて撮らなくてはなりません。
うっかりすると田んぼの中に落ちそうになりました・・・

--------------------------------ー

今日は久しぶりに丘陵に出かけてきました。
秋の花もそろそろ終わりに近づいたようです。

赤とんぼ
赤とんぼをあちこちで見かけました
アキアカネかなぁ・・・






かなり前に撮ったミゾソバ、今頃はもうこんな状態の花を見るのは難しいでしょうね。
ちょうどいい時期に撮りました。

この花は子供のころからお馴染みですが、実物を見たのは子供の頃、まだ田んぼにレンゲソウが咲いていた時代です。
あの頃は家に近くにも田んぼがあり、畔にはこの花が咲いていました。
緑色の小さなカエルはシュレーゲルアオガエルだったのか日本アマガエルだったか・・・
のどかだった昔を思い出します。
狭山丘陵では里山民家という茅葺屋根の家が再現され、昔ながらの田んぼが作られています。
あんな感じに近かったかもしれませんね。

ミゾソバ
ミゾソバ(溝蕎麦)
別名:ウシノヒタイ
タデ科タデ属


ミゾソバ
ピンクと白のグラデーションがきれいです


ミゾソバ
葉っぱの形が牛の額に似ているから別名は「ウシノヒタイ」


昨日一日晴れただけで夕方からは雨、皆さんも通勤に通学にご苦労されていることと思います。
それにしてもよく降りますね~~☂

プロ野球のクライマックスステージの試合は前回の阪神戦もすごかったけれど、昨晩の広島カープと横浜の試合も雨の中、泥仕合という位選手が泥まみれになっている・・・
ここまでやらなくてもいいんじゃないかしらね。
せっかくリーグ優勝しても日本シリーズに出られないなんて、とも思うんだけれど。
まぁ盛り上がることは確かですけれど・・・





sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR