フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


いつもの年は4月の終わりごろに行く奥多摩の某所に、今年は少し早目に出かけてみました。
山々にはまだ桜が残り、新緑のまだ白っぽい緑と合わせてとてもきれいでした。

渓谷には春の花たちがあちこちで咲いてそれは楽しい時間でした。
もうヒメレンゲが咲いていました。

s-IMG_7024.jpg
ヒメレンゲ(姫蓮華)
ベンケイソウ科キリンソウ属



おやおや、指に小さなシジミチョウが止まりましたよ。
なついちゃったのか、なかなか離れてくれません。
調べてみたらどうやらスギタニルリシジミというチョウのようです(多分)

s-IMG_7025_20150416170916c8d.jpg
スギタニルリシジミ
チョウ目シジミチョウ科


s-IMG_7037.jpg
羽根を開いたらブルーだったのかな・・・



s-IMG_7035.jpg


トチノキの花・蕾・若い実のみを食べるので、山地の渓谷の花の咲く春にのみに出現する蝶のようです。
これもスプリングエフェメラルなのでしょうね。

時期を変えると思いがけないものが見られるのが楽しいですね。
昨年はミソサザイが出てきてくれましたが、今回は声だけでした・・・

4月15日撮影




今日も暖かい一日、風も強いと聞いていたけれど、そんなでもなくてすっかり春らしいですね。
と思って歩いていたら、目の前をヒラヒラと飛んで枯葉の上に止まったものがいる。
多分、期待していたテングチョウに違いないわ。
そーっと近づいてみたら、やはりそうでした。
触角の間に前方に伸びる突起があり、これが天狗の鼻のように見えるのが名前の由来です。

s-IMG_5664テングチョウ
テングチョウ(天狗蝶)


s-IMG_5666.jpg
正面からも撮ってみました
もう少し羽根を広げてもらいたかったのですけれど


そうそう、今年初見のタチツボスミレの小さな花が崖の上の暖かく居心地のよさそうな場所に咲いていました。

s-IMG_5658タチツボ
タチツボスミレ(立坪菫)
スミレ科スミレ属


ここ数日は歩くと小さな小さな春ですけれど見つけることが出来るようになりましたが、明日からまた寒くなるそうですね。
土曜日は雪とか・・・
まだまだ三寒四温の日は続きそうです。

3月5日撮影

P/s 昨日の トウダイグサ(←Click here)ですが、近くにもっとたくさん咲いていたので写真を撮って載せ直しました。




「今年はまだオオムラサキを見ませんね、見ましたか?」
なんて会話を何回かしたような気がするのだけれど、高い木の上になんだか気配がする。
望遠レンズで覗いてみたら、どうやらオオムラサキのメスのようです。
向こうを向いているようでハッキリしませんが、オオムラサキで合っていますか?

s-IMG_4985a.jpg
多分オオムラサキの♀


しばらく歩いていくと、ずいぶん根元に樹液を出しているクヌギの木があって上を見上げると、いましたよ。
立派なカブト君が、メスをゲットしたところのようです。
そばにいるのは、例の悪名高い、アカボシゴマダラと、エーイじゃまだとばかりに足蹴にされているのはカナブン、すみませんと逃げ出すスズメバチ。
昆虫界の賑やかな夏の一コマです。

s-IMG_4994.jpg


さて、ブーンとゴキブリ状態で飛び回っているのは今年初のタマムシくん。
少し離れた所にいたので望遠で狙っていたら・・・

s-IMG_4979.jpg


突如飛び上がって、こちらに向かってくるじゃないですか。
明らかに攻撃してきたって感じでした。

s-IMG_4981.jpg


自分のテリトリーに近づくものに対しては立ち向かうんですね・・・
タマムシは派手な色をしていますが、この色は外敵になるカラスや鳥たちは苦手なんだそうです。

画面は縮小してあります、苦手な方はクリックしないでね。

s-IMG_1818.jpg
キイロスズメガの幼虫



狭山丘陵にて 7月26日撮影

------------------------------――
さて暑い夏の尾根道には以前から問題になっている植栽された園芸種があちこちに見受けられるのですが、またまた新顔です。
草むらの陰にいたのは・・・




⇒続きを読む

久しぶりに狭山丘陵に行ってきました。
気になる花もありオオムラサキも来ているはずと思ったからです。
やっぱ、咲いていました、来ていました!(^^)!

オオムラサキはいつものクヌぎやコナラの大木でしっかりハチやカナブンと戦っていました。
羽根がボロボロになっているのもいましたが今日は比較的ビジュアル重視でモデルを探してみました。

IMG_6648a.jpg 
オオムラサキ
チョウ目 タテハチョウ科

IMG_6652.jpg

いつもなら高い木の幹の上の方で忙しなく動き回っているのにこの日は比較的近くの葉っぱの上でのんびり・・・
でも羽がきれいに撮れないのよね。

わりと凶暴な性格らしくこの日もハチやカナブンを追いかけたり追いかけられたり蜜を巡っての争い?を続けていました。

IMG_6701.jpg カナブン見つけ!

IMG_6702.jpg オラオラ、ジャマなんだよ

IMG_6703.jpg やるかぁ!

IMG_6706.jpg やぃ!!

と・・・日本の国蝶なんですけれど、なかなか攻撃的です。
上を向いてカメラを持っていたらかなり疲れてしまいました。

後は昨年は見つけられなかったアサギマダラも撮りたいなぁ・・・

狭山丘陵にて 7月22日撮影

・・・・・・・・・・・・・・

入笠山のシリーズはちょっとお休みして時期物の撮りたてを狭山丘陵からおとどけです。
次も狭山丘陵からです。

昨年は一度も見かけなかった蝶のアサギマダラ。
あのフワフワとした飛び方で頭の上を飛んでいった。

アッどこに行ったかな?
いたいた、エノキの木の枝に止まっている。

でもなんだか変です・・・アサギマダラじゃないみたいです。
と思って家に帰って調べてみたら
なかなか見つからない・・・ゴマダラチョウに似ているんだけれど。

美しき侵入者・・・「要注意外来生物」に指定されているアカボシゴマダラでした。
アサギマダラに似ていると思ったら毒蝶のマダラチョウ類に擬態していると考えられているようです。
ゆるやかな飛翔で、斑紋も行動様式も似せているとのことで、すっかり騙されました。

 
アカボシゴマダラ

 

元々は、ベトナム北部から中国、台湾、朝鮮半島まで分布する普通種のようです。
マニアによる放蝶の疑いがあり、在来種のゴマダラチョウと生態的に競合するのではないかといわれているそうで「要注意外来生物」の指名手配を受けている?それはないか・・・

狭山丘陵にて 8月7日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウァーイ!今日から夏休みです。
フゥ・・・長いなぁ・・・お昼ご飯、誰か作ってェ・・・

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

QR