FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


目的の植物は別にあったのですが、通りがかりにアズマヤマアザミを見て行こうという事になり近くまで行ってみたら・・・
ビックリです。なんとアサギマダラがアズマヤマアザミの花で吸蜜中でした。
もう、南に移動の時期は過ぎているのではないかと思ったのですが、最近は暖かいのでまだ居たのかもしれません。
ただ、高尾山でたくさん見たと散歩道さんにお聞きしたので不思議でもないようです。

アサギマダラ
アサギマダラ(浅葱斑)
タテハチョウ科マダラチョウ亜科


アサギマダラ
翅の白っぽいところは薄い青緑の浅葱色です
黒いまだらの班があるためアサギマダラと名前が付いているようです


アサギマダラ
翅の裏ももう少し見たかった・・・


アズマヤマアザミ
台風でほとんどが倒れていたアズマヤマアザミは終盤戦です


毎年どこかで見ているアサギマダラですが、丘陵で見たのは何年振りかです。
写真に撮ったのも2008年が最後でしたから、ずいぶん前のことですね。
この後、南の方に長い旅に出るのでしょうか・・・

昨晩から強い雨が降っていますが、今は小雨、午前中は遠くで雷が鳴っていました。




何気なく窓から外を見ていたら・・・
あれっ、ローズマリーに丘陵ではお馴染みのテングチョウが来ています。
このチョウは山地から平地の雑木林が居場所で、こんな住宅街に現れるはずはないのですが、やはりテングチョウでした。
どこから紛れ込んでこんな所まで来たのか不思議ですね。

庭に降りて撮ってみました。

テングチョウ
庭の山椒の木に止まっています


テングチョウ
ローズマリーで盛んに吸蜜中


テングチョウは越冬して春先から活動する蝶ですが、見るからに特徴的で前に突き出したような頭部をもっています。この突起が天狗の鼻のように見えることからこの名前が付いています。

大量発生して自分の新しいテリトリーを開拓していたのでしょうか・・・

------------------------------

今日、丘陵で見かけた立て看板ですが・・・
管理事務所の立て看板だと思います。
いつも載せているウバユリの果実のドライフラワー化したものが沢山あったのですが、そのほとんどが盗まれたそうです。

ウバユリ
↑Click here


多分販売用に取っていったのだと思いますが、これはネットショッピングなどで一本250円くらいで売られています。
盗まれた数は数百株と書かれていましたが、200株で50,000円くらいになるでしょうか?
暗い夜に盗みに来るのだと思いますが、どうせならコンビニで5、6日夜のバイトをした方が、怖い思いをして犯罪者になるよりいいんじゃないかしら・・・?








春の楽しみはシュンランやスミレのような早春の花を探して丘陵や野山を歩くことです。
スプリングエフェメラル(春の妖精)と呼ばれるカタクリやイチリンソウ、ニリンソウもそれに続き咲き始めます。

でももう一つの楽しみは、春先に成蝶のまま冬越ししたチョウを尾根道などで見かけるようになることです。
期待して歩いていると、次々と出てきましたよ。

比較的大きなヒオドシチョウやルリタテハ、小さ目のミヤマセセリやテングチョウも見ることが出来ました。

ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ(緋縅蝶)
チョウ目タテハチョウ科


テングチョウ
テングチョウ(天狗蝶)
チョウ目タテハチョウ科テングチョウ亜科


ミヤマセセリ
ミヤマセセリ(深山挵)
セセリチョウ科ミヤマセセリ属


少し濃い目の色のタチツボスミレも咲いていましたよ。

タチツボスミレ
タチツボスミレ(立坪菫)
スミレ科スミレ属


今日も少し歩いてきましたが、丘陵は早春を通り越して春になりましたね。
昨日は、東京でも桜の開花宣言がありましたが平年より9日早かったそうです。
狭山丘陵ではもう少し後になりますが来週末にはかなり咲いていると思います。

そうそう、ヤマルリソウも咲いたとか・・・
これも見に行かなくてはね。





いつもの年は4月の終わりごろに行く奥多摩の某所に、今年は少し早目に出かけてみました。
山々にはまだ桜が残り、新緑のまだ白っぽい緑と合わせてとてもきれいでした。

渓谷には春の花たちがあちこちで咲いてそれは楽しい時間でした。
もうヒメレンゲが咲いていました。

s-IMG_7024.jpg
ヒメレンゲ(姫蓮華)
ベンケイソウ科キリンソウ属



おやおや、指に小さなシジミチョウが止まりましたよ。
なついちゃったのか、なかなか離れてくれません。
調べてみたらどうやらスギタニルリシジミというチョウのようです(多分)

s-IMG_7025_20150416170916c8d.jpg
スギタニルリシジミ
チョウ目シジミチョウ科


s-IMG_7037.jpg
羽根を開いたらブルーだったのかな・・・



s-IMG_7035.jpg


トチノキの花・蕾・若い実のみを食べるので、山地の渓谷の花の咲く春にのみに出現する蝶のようです。
これもスプリングエフェメラルなのでしょうね。

時期を変えると思いがけないものが見られるのが楽しいですね。
昨年はミソサザイが出てきてくれましたが、今回は声だけでした・・・

4月15日撮影




今日も暖かい一日、風も強いと聞いていたけれど、そんなでもなくてすっかり春らしいですね。
と思って歩いていたら、目の前をヒラヒラと飛んで枯葉の上に止まったものがいる。
多分、期待していたテングチョウに違いないわ。
そーっと近づいてみたら、やはりそうでした。
触角の間に前方に伸びる突起があり、これが天狗の鼻のように見えるのが名前の由来です。

s-IMG_5664テングチョウ
テングチョウ(天狗蝶)


s-IMG_5666.jpg
正面からも撮ってみました
もう少し羽根を広げてもらいたかったのですけれど


そうそう、今年初見のタチツボスミレの小さな花が崖の上の暖かく居心地のよさそうな場所に咲いていました。

s-IMG_5658タチツボ
タチツボスミレ(立坪菫)
スミレ科スミレ属


ここ数日は歩くと小さな小さな春ですけれど見つけることが出来るようになりましたが、明日からまた寒くなるそうですね。
土曜日は雪とか・・・
まだまだ三寒四温の日は続きそうです。

3月5日撮影

P/s 昨日の トウダイグサ(←Click here)ですが、近くにもっとたくさん咲いていたので写真を撮って載せ直しました。



sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

QR