FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


最近は宅急便の届くことが多くなって、門扉も昼間は開けっ放し(もちろん玄関は施錠)です。
インターフォンが鳴っても印鑑やサインを押すことも無くなりつつあり「置いてってくださ~い」です。
まぁ日頃からよく頼んでいるので宅配便のドライバーの人は顔見知りだし・・・ね。

さて、その門扉の所でかわいい子を発見。
大急ぎでコンデジを取ってきて撮ってみて、さてこの子の名前は何だろうと調べてみたが・・・

ハゴロモ
ベニモンアオリンガと言う蛾だそうです
鍵コメさんありがとうございました


ハゴロモ
なかなかきれいじゃないですか
うれいしなぁ、もう二度と会えないかもと思いなごり惜しかった・・・
とおもったら大変!ツツジの中に入って花芽を食べ来年花が咲かなくなるそうです


スケバハゴロモ
こちらは以前撮ったスケバハゴロモ


ベッコウハゴロモ
同じくベッコウハゴロモ


毎日落ち着かない日を送っています。
土日は特に若い方も多く歩かれたりしますので、車で丘陵まで行く私はちょっと遠慮しています。
自粛ムードの中、運動不足を感じたら近所を散歩したりします。
庭で見つけたものを載せていくことも増えるかもしれません・・・
家の近くでも、こんな可愛い発見があるんだからありがたいです。





寒い日が続いています。
青空にロウバイの花がきれいでしたが、これは少し前に撮ったものです・・・
ちょうど複眼のきれいなツマグロキンバエが来ていました。

ロウバイ
青空にロウバイ


ロウバイ
ツマグロキンバエが隠れていました


ツマグロキンバエ
口から球体の風船のようなものを出す複眼が虹色のツマグロキンバエ
2016.12.03家の庭で撮影しました


ロウバイというとお正月の花ですが、庭ではもう梅の花も咲きだしました。
しかしここのところの急激な寒さに驚いています。
しかし、今日は一転暖かい三月並みの気温になるそうです・・・








暖かい午前中、コンクリートの壁にテングチョウが止まっていました。
やはり例年になく気温が高いので、早春に入ったと思って間違えて出てきたのか、壁の温かさに惑わされたのかな・・・
とはいえ、まだ1月の半ばにもなっていませんでしたね。

テングチョウ
テングチョウは珍しくないのですが、翅がきれいですね


少し歩くと竹藪の中からルリビタキの雌、ルリ子が出てきました。
ちょうどその少し前に以前はこの北側の湿地でもルリビタキを見たよね。
なんて話していた所だったので、ビックリすると同時に嬉しかったです。

ルリ子
細い竹が邪魔しているんですけれど・・・


お正月気分も連休が終わる頃になると抜けてくるものですね。
食べてばかりいたので、お天気のいい日は歩くことにしてます。でも、相変わらず鳥は少ないかも・・・。
全くいないわけではないのですが、歩けば鳥の声が聞えたり姿が見られた数年前が懐かしいですね。

気候のせいばかりではないと思いますが、昨年のブログ(19.1.17)を見ると年が明けたら結構寒気が入ってきて桧原村の払沢の滝も凍っていたと書いていました。
今年はどうでしょうか・・・






この日はあまり見るものもなく何となく尾根道を歩いていました。
とはいえ、一応あちこちに目は光らせているのですけれど・・・

その甲斐あってか2cmほどの特徴的なハチを見つけました。
これって見たことがあるぞ~
2年前にテイカカズラの下で見たガロアオナガバチですね。

s-IMG_5022.jpg
ガロアオナガバチ 
ヒメバチ科オナガバチ亜科


ガロアオナガバチ
ガロアオナガバチって名前にもビックリ


体長2cmほどのハチで同じくらいの長い産卵管を持っています。
この長い針をを樹皮に突き刺し、木の中にいる甲虫類の幼虫に産卵する寄生バチの一種ですが、この針を見ただけで「ゴメン、私が悪かった」って謝ってしまいそうなインパクトがありそう・・・

口直しにきれいな花も
s-IMG_5072_201911152012209df.jpg
リンドウもまだまだ元気


s-IMG_5073.jpg
リュウノウギクは美しさを増していました


今年はあっという間に冬になってしまいそうです。
数日前から朝晩はエアコンを入れていますし、寒くなりましたね・・・






今年はメスグロヒョウモンの雌を何回か見ました。
メスグロヒョウモンはヒョウモンチョウの仲間の中でメスだけがヒョウモン柄(オレンジ色に黒い斑点)ではなく、少し黒っぽいのでメスグロヒョウモンなんだそうです。
オスはヒョウモン柄なのですが、似ているものが多くていまだによく分かりません・・・
上から見た方が素敵なのですが、今回はうまく撮れませんでした。

メスグロヒョウモン
メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)


逆にホタルガは下から見る方が素敵です。

ホタルガ
この時期どこにでもいてこちらにぶつかるくらいまで接近します


ホタルガ
羽根の裏側は美しい青色をが見えるのですが、これまた少ししか見えません・・・


メスグロヒョウモンはアザミに夢中、。
ホタルガはヒヨドリバナにご執心、まだヒヨドリバナが咲いているんですね・・・
丘陵では初夏から咲き始めて10月ごろまでどこかで咲いているようです。








sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

この人とブロともになる

QR