フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


楽しみに待っていたコイケマの花が開き始めました。今年は元気が良くてフェンスを越えて空に向かっています。

ホッとしているのですが、このコイケマが実を付けているのを見たことがありません。
丘陵ではガガイモ科の植物はコバノカモメヅル、オオカモメヅルやガガイモが見られますが、どれもが莢や実を付けるわけではないのです。
それでいて繁殖力が弱いのかと思えば、ガガイモやオオカモメヅルはどこにでも生えています。
でも、ここら辺りではコバノカモメヅルやコイケマは決まったところでしか見られません・・・

勢いよく伸びて力強く!
コイケマ
コイケマ(小生馬)
ガガイモ科カモメヅル属


コイケマ
独特の葉っぱは10cmもありそうなのになぜかイケマといいます


コイケマ
カザグルマの様な花と黒い小さなウスキテントウ


ウスキホシテントウ
Clickhere↑ウスキテントウ


東京都では絶滅種ですから、ここのコイケマが東京では最後の個体かも!?

因みによく似たイケマの花も丘陵では一度しか見たことがありません。
イケマも少ないのでしょうか・・・





いつも気が付くと終わっているトウバナ、本当に久しぶりで撮りました。
撮っても載せていなかったりして、あまりご縁がなかったのは花が小さく花数も少ないこと地面近くに這うように広がっているのが原因かもしれません。
撮りにくい花の一つですが、今回は花数が比較的多かったので撮ってみようかなと・・・(^-^;
ごめんね、トウバナさんたち・・・

トウバナ
輪生した花が徐々に上に伸び取り囲むのでトウバナ(塔花)
大きくなるともう花はほとんどありません


トウバナ
トウバナ(塔花)
シソ科トウバナ属


トウバナ
小さな1mmほどの花ですが、これは花数が多いほうです


花が終わると伸びるようですが、大きくなっても10cm足らずでした。
次に行った時は見事に草刈りされすっかり姿を消していましたが、湿気のある所ならどこにでも見かけるごく普通の野の花の一つです。

------------------------------💛

今日は一日雨が降るようです。
梅雨に入る前に片づけをしなくてはと思っていたけれど、なかなかできません。
今年の梅仕事、梅干しと梅サワー、梅酒なども終わり梅干しだけは例年通り出来上がりそうです。
あとは土用干しだけかな。







このアキマルニワゼキショウを探していました。
ニワゼキショウとも少し違うし、オオニワゼキショウでもないし・・・
一昨年見つけたのですが、どうも確証が無くて掲載をしなかった花です。

アキマルニワゼキショウはニワゼキショウとオオニワゼキショウの交雑種といわれています。
草丈が30cmはあるでしょうか、ニワゼキショウと比べると花もグンと大きい感じがします。

アキマルニワゼキショウ
交雑種なので実は出来ません
実のように見えるのは花がしぼんだもので不稔です


アキマルニワゼキショウ
アキマルニワゼキショウ(仮称)
アヤメ科



ニワゼキショウ
近くに咲いていた親株のニワゼキショウ
白い方は多分オオニワゼキショウ


オオニワゼキショウ
もう一方の親のオオニワゼキショウ
花は小さいけれど実が大きいです



不稔であるにしても多年草であれば来年も同じ場所で見られるでしょうか・・・

不思議なことに、すぐ近くにもニワゼキショウとオオニワゼキショウが混ざって咲く場所があるのですが、そこではこのアキマルニワゼキショウを見つけることが出来ませんでした。





このニガナを撮ったのは1週間ほど前なのですが、週末に行ったらもう終わりかけていました。
今年は駆け足で春が過ぎていったようです。

黄色いニガナが道の片側に20mほど続いていて見慣れた花ですがちょっと感動です。
ほんの一時の美しさなのですね。

ニガナ
ニガナ(苦菜)
キク科ニガナ属


ニガナ
次々と分枝して花を咲かせていきます


ニガナ
斜面に咲いていたのですが


地面に直角に生えるのが面白いです、当たり前のことだけれどに見ていたけれど、なるほどねと改めて気が付きました。

-------------------------------

ずいぶん前から買いたかったミシンをやっと買いました。
この年で買ってもどのくらい使うかわからないという心配はあったのですが買わないと後悔するかもしれないと考えたからです。
使っていたミシンが壊れてしまったので増築した時にそれを「処分してしまった」と親に言ったら「やはりミシンはいるよ」といって2万円もらっていたのが気になっていたからです。

ミシン


仕様書はPCならある程度分かるのに、これは縫い始めるまでの準備にやたら時間がかかったわ・・・
でも、縫いやすいなぁ♪
軽いし小さくてさすが最近のミシンはすごい!いつまでたっても親に感謝です。




当たり前に野に咲く花の中でもハハコグサは好きな花の一つです。
この花は明るい野原や空き地に咲いていてどこにでもあるありふれた花ですが、名前のせいもあってか懐かしさを感じます。

でも、名前からすると「母を恋しく思う花」のように思いますが、ホウコグサが訛ってハハコグサとなったのだそうです。
面白いですね。

ハハコグサ
ハハコグサ(母子草)
別名:オギョウまたはゴギョウ(御形)、ホウコ
キク科ハハコグサ属


ハハコグサ
春の七草の一つです
セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ、ホトケノザと続きます



さて、途中でこんな植物を見かけました。
丘陵では時々見ることが出来るのですが、自生種ではなく外来種です。

キーウィ
ヒント:でも、みんな好きなんですよ


答えはまた明日。






sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR