FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


これがナズナかと思っていたら何か変、そうでした。これはマメグンバイナズナでしたね。
そっくりなのですが、上部で分枝し実の部分が丸っこいのが特徴で、それが軍配に似ているのでつけられた名前でしょう。
ぺんぺん草(ナズナ)は実がハート型をしていますから見分けは簡単ですね。
神戸で初めて見つかったので別名はコウベナズナだそうです。

グンバイナズナ
マメグンバイナズナ(豆軍配薺)
別名:コウベナズナ(神戸なずな)
アブラナ科マメグンバイナズナ属


グンバイナズナ
4つの花弁の間に雄しべが二つ、中心部に丸い子房には雌しべが見えています


ありふれた花だし、帰化植物ですが、花の構造をよく見るとユーモラスな感じがしますね・・・

帰化植物といえば、庭にキキョウソウが出現しました。

キキョウソウ
北アメリカ原産で1cmくらいの小さな花です


かわいい花なので生えてきてうれしいような、困ったような変な気分ですが、とりあえず撮影しました。
毎年撮りに行っていたので靴の裏にでもついてきたのかもしれません。
そんなこんなで庭にはいろんな花が咲いて、今はちょうどホタルブクロやドクダミも咲き始めました。
いったいこの狭い庭に何種類の花が咲くのだろう・・・







丘陵を歩き慣れているとコンクリートの平地は歩きにくいような気がするのはなぜかなぁ・・・
そうは言っても短時間しか歩けないので近所の工業団地や住宅地を愛用の一眼ではなくコンデジのTG-5を持って散歩です。
いやいや、近所の散歩も新たな発見があってビックリです。

住宅街のお庭も今の時期はバラの花やボタン、つつじなどが咲いて素敵なのですが、相変わらず私が気になるのは道端の野草です。
驚いたことにオオジシバリが工場のフェンスの中で群生していてきれいなこと・・・
思わずしゃがみ込んでいつものスタイルで撮影です(^^♪

オオジシバリ
オオジシバリ(大地縛り)
キク科ノニガナ属


オオジシバリ
フェンスからはみ出しているのを撮ってみました
ありふれた雑草ですが、丘陵では以前ほど群生しているのを見られなくなりました


不思議ですね、こんなところで群生していて・・・
おまけにすぐ横にはジシバリがこれまた群生しています。
まぁどちらも雑草ですし、歩道わきの緑地帯などにあったりしますね・・・

ジシバリ
イワニガナ(岩苦菜)
別名:ジシバリ、センリソウ、チチグサ
キク科ニガナ属


ジシバリ
日本全土の山野の日当たりのよいところに生える


ジシバリ
オオジシバリとは葉の形が違い丸っこく小さいです


頭花の大きさももちろん違っていてオオジシバリは3cmでタンポポの頭花と同じくらいですが、ジシバリは2cmほどです。
どちらも本来なら野山や田んぼで見かける花だと思います。
このあたりも以前は雑木林や田んぼだったのかもしれませんね。

子育てのころを除き近所を散歩しようなんて考えていなかったのですが、案外楽しいものですね。
花の名前がすぐにわかったりするのも素人ながら長年丘陵や山に出かけてきたおかげかなと思ったりもしています。
古いことわざですが灯台下暗し・・・






ササっと撮ってきた花の一つにムラサキサギゴケもありました。
丘陵のみならずどこでも咲いているムラサキサギゴケですが、この辺りでは白花が咲いているところでは限られています。
少し寄り道をして撮ってきました。

ムラサキサギゴケ
サギゴケ(鷺苔)
別名:ムラサキサギゴケ
ゴマノハグサ科


サギゴケ
こちらが白花のサギゴケ
ツボミ?は黄色なんですね


そういえば、花の中を撮ったことがあったっけと過去の写真を引っ張り出してきました。

ムラサキサギゴケ
上花弁を引っ張ってみました・・・


s-IMG_8160a.jpg
でもこちらから見るときれいに雄しべが見えていました


どこにでも生えている雑草のような花ですが、季節の花が次々と咲いて野山は賑やかになりました。

------------------------------

昨日の話の続きです。
たけぽさんが書かれているように
「マスクや給付金この6年間、悪いことばかりして自分の都合で国民をだましたり苦しめたり挙句は自殺に追い込むような政権を許してはいけません。よりも問題なのは、コロナ騒ぎに隠れて審議入りした検察庁法改正案で、どさくさ紛れにこっそり政権に都合のいい法改悪をしようとするのが一番問題」本当にこれが一番の問題でした。
この6年間、自分の都合で国民をだましたり苦しめたり挙句は自殺に追い込むような政権を許してはいけません。
PCR検査を受けられなかったのは国民の誤解したからで、それで感染者が増えたのですからしっかり自粛してくださいという事ですか・・・

明日からの更新は不定期になりそうです皆様のところにはお邪魔したいです。





家の近くにはまだ武蔵野の雑木林も残っていて、歩いていても車で通っていても丘陵で見られる懐かしい花が見られます。
見たい花があったので買い物ついでに見に行ったら、別にこんな花も見つけましたよ。
小さいけれど、8~10mmはあるでしょうか、ナデシコ科のミミナグサでした。
花を見たのは久しぶりかもしれません。
ミミナグサはついこのあいだも蕾の状態のものをUPしています。
お昼に近かったせいでしっかり開いていたのでしょうか、こんなにきれいに咲いているのを見たのは初めてかもしれません。

ミミナグサ
ミミナグサ(耳菜草)
ナデシコ科ミミナグサ属


ミミナグサ
ミミナグサは毛が少なく茎や花柄、蕚が茶色っぽいです
花柄はオランダミミナグサより長いです


ミミナグサ
ちょうど実が出来ていました


オランダミミナグサは毛深くて可愛いという雰囲気は全くありませんが、ミミナグサは品の良い可愛さがあるような気がします。

毎日の閉塞感の中、たまに買い物に出かけると、ついいつもの癖で植物に目がいってしまいます。
運のいいことに駅から離れていて田舎なものですから武蔵野の雑木林もかなり残っていて丘陵と似たような植生の所もあります。
今回も色々な花を短時間に見てきましたので、徐々に載せていこうと思っています。





少し前の丘陵、ちょうど萌黄色の木々が美しくなりだした季節です。
もうそろそろ固く閉じていた木の葉も開き始め、丘陵自体も柔らかい色合いになってきました。
ホッとして見るともうセリバヒエンソウが咲き始めていました。

季節
手前は茶畑です


セリバヒエンソウ
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
学名:Delphinium anthriscifolium
キンポウゲ科ヒエンソウ属


セリバヒエンソウ
今はもっと沢山咲いているでしょうね


昨年は4月の14日に載せていましたから、見に行けたら行ってみたいです・・・

これも少し前に撮ったチゴユリ
チゴユリ
チゴユリ(稚児百合)
ユリ科 チゴユリ属


明日からは庭の花や散歩に出かけた時の写真になりそうです(^-^;
近所の雑木林も緑になっていましたね。






sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

この人とブロともになる

QR