フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


ミソサザイやキセキレイのいた場所は簡単に行ける場所ですが、意外と花もあります。
ただ、時季が時季だけにあまり珍しい花が無い・・・
いくつか状況の良くない中で撮れたのはほんの数種だけであまりいい出来ではないのですが、記念写真と思って見てください。
どちらも水辺の崖などに咲いていました。

トリアシショウマ
このレースのようにきれいな花は・・・
トリアシショウマです


トリアシショウマ
トリアシショウマ(鳥足升麻)
ユキノシタ科チダケサシ属


ヤマアジサイ
ヤマアジサイ(山紫陽花)
別名:
アジサイ科アジサイ属


どちらも滝の横の水がかかるようなところに咲いていました。
ヤマアジサイもトリアシショウマも山では珍しくないのですが、花のない時ですから貴重品ですね。

帰り道、ヤマボウシの花が雑木林の中でが咲いているのをチラッと見かけました。

ヤマボウシ


園芸種としてのヤマボウシは庭や街路樹で見かけますが自然の中に咲くヤマボウシは初めて見ましたよ。
今日は余り写真はどれも良くないのですが、記録としてという意味もありますので、これに懲りずに見てくださいね。




先日のキキョウソウも久しぶりで見たなぁって思っていたのですが、ウロウロと原っぱを歩いていたら・・・
オヤ、こんな所にヒナキキョウソウもあるではないですか。
キキョウソウと同じくらい小さな花ですが、少し色が薄いかな。

ヒナギキョウソウ
ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)
別名:ヒメダンダンギキョウ(姫段々桔梗)
キキョウ科キキョウソウ属


ヒナギキョウ


上のもの↑はまだすい柱がまだこん棒状ですが、下↓のように3つに割れます

ヒナギキョウ

一番上の花だけが開花して下の方の葉脇には閉鎖花が一つずつ付きます


あらら、すぐそばには先日載せたキキョウソウも咲いているではないですが・・・

キキョウソウ
キキョウソウ


花がまだ開ききっていないのですが、キキョウソウとヒナキキョウソウは葉っぱの形が全く違うのと花の色の濃淡、それとキキョウソウは一つの茎につく花が一度に数輪咲くこともありますが、ヒナキキョウソウの場合は一番上にしか咲きません。
下の花は葉脇に付きますが、ほとんどが閉鎖花です。
花の形はそっくりなのですが・・・

ここの谷戸の水はずいぶん干上がっていて湿地の底は地面が割れているようでした。
昔は田んぼだった所ですが、今はビオトープのようになっていて、多くの種類の植物、トンボや蝶も生息しています。
ただ、がっかりしたのは昨日のウサギです。
皆さん、これはペットだったウサギだろうとおっしゃっていますし、私もそう思います。
この子たちはおそらく寒い冬は乗り切れないし、その前に襲われることもあるかもしれませんね。
以前、鶏のオスが5、6羽群れを成して歩いていたことがありましたが、しばらくすると見かけなくなりました・・・





今年のサイハイランはまだツボミでずいぶん咲くのが遅いねと、5月の17日に見た時は思ったものです。
昨年もこの時期には咲いていたし、その前の年はもっと早かった記憶があります。
で、今年はすっかり出遅れてこれを撮ったのは31日、さすがに遅すぎたなと思うくらい、もうヘタレ気味のばかりでした。

少々あきらめ気味で帰りかけたら、華奢ではありましたが、一株きれいなのが残っていました。
下がり気味には花を付けるサイハイランにしては珍しく水平なのはまだ咲き初めだったからかもしれませんね。
色も薄いピンクでした。

サイハイラン
サイハイラン(采配蘭)
ラン科サイハイラン属


サイハイラン
側花弁が開いて


サイハイラン
ずい柱の先には黄色い花粉塊が見えています


このくらいになると徐々に花全体が下がってきて唇弁もみえています。

サイハイラン
これ位の花の色が多い


少しヨレッとしているのがこの花の特徴ですが横に羽根を広げたような細い側弁、ずい柱や唇弁の鮮やかさはやはりランならではの美しさです。
色も茶色っぽいものやクリーム色、黄緑がかったもの、めったに見られない白色もあります。

名前の由来は花の付き方や様子が「采配」に似ているからだそうです。





あっと言う間に季節は過ぎていき、花の開花に身体が追いついていかない今日この頃です。
とはいいつつも、この花は逃せないとオカタツナミソウを見に行ってきました。
思った通り満開でした。
昨年はずいぶん少なかったので、いつもの年ほどではないにしてもまずまず咲いていたように思います。

オカタツナミソウ
オカタツナミソウ(丘立浪草)
シソ科タツナミソウ属


オカタツナミソウ
アヒルが首をもたげて鳴きかわしているようです


オカタツナミソウ
波頭が押し寄せてくるように見えますか?


毎年見に行くのですが、紫のきれいな色をした小さな花はこの時期の丘陵散歩の楽しみの一つです。
丘陵では少し暗い森の木立の湿気のあるようなところが好みのようで、この日はあまり陽が差さなかったので残念でしたが、木漏れ日の中で来年は見てみたいです。

明日のブログの更新はお休みします。







気持ちのいい時期を迎えた奥多摩、渓流からは柔らかい涼やかな風が吹いてきて、東屋でお弁当を食べながらのんびりとしてきました。
お馴染みのナツトウダイやウツギなども咲いています。
ナツトウダイは丘陵にもあるトウダイグサ科のタカトウダイやトウダイグサに似ていますが、真ん中のオレンジ色の花や五方向に伸びた先につく緑の花の形がちょっと違います。

ナツトウダイ
ナツトウダイ(夏燈台)
トウダイグサ科トウダイグサ属


あららっ!こんな石垣にツルカノコソウが咲いています。

ツルカノコソウ
ツルカノコソウ(蔓鹿子草)
オミナエシ科 カノコソウ属


ツルカノコソウは東京都・埼玉県では絶滅とされている花ですが・・・
うーんバス停の近くの石垣に咲いていましたね。

ツルカノコソウ
こんな感じで蔓を伸ばして広がっています・・・


他にも・・・

サカハチョウ
サカハチョウも出迎えてくれました


カノコガかなと思ったのですが、模様が違います。

蝶
さて、これは何だろう・・・先ほど見つけました

シロオビクロナミシャクというシャクガの仲間のようです



sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

QR