フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


ついこの間歩いた時はまだ咲いていなかったヤマネコノメソウも咲いていました。
春は一気にやってくるようですね。

よく似たネコノメソウと比べるとヤマネコノメソウは葉の形や切れ込みが丸くて柔らかい感じに見えます。
中心から外側にかけて黄色から黄緑、緑色とグラデーションで色が変わっていきます。

もう、花が終り種ができかけているのも見えているようです。

ヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
ユキノシタ科ネコノメソウ属


ヤマネコノメソウ
黄色い葯が4個見えています


ヤマネコノメソウ
徐々に茎が立ち上がっていきます


花は直径5mm、蕚は4枚、花が終わると蕚の中心部に小さな茶色い種が沢山出来てそれが猫の目を連想させるので付いた名前です。
丘陵ではここ以外で見たことが無いのですが、他の場所でもあるのかなぁ・・・

ウグイスの初鳴きを聞いてもう一週間が過ぎました。
今年のウグイスはすでにマチュアな声で鳴いています。春が早くから来ているのかしらね・・・
と思っていたら、昨日庭先で「ヒッヒッヒ」とジョウビタキの鳴き声・・・
とても澄んだきれいな声ですが、まだこちらにいたんですね。
もうとっくに帰ってしまっていると思っていたⅡに・・・帰り道が分からないなんてことはないと思いますけれど(笑)



----------------------------------------------------------------------------------------------

少し風があるなぁ・・・と思ったのですが、やはり今日も歩いてみようと出かけてきました。
無理しても歩いていると何かいいことがあるものです。
三寒四温、この所寒い日が続いていたのですが、思いがけず春の花がもう咲いていました。

毎年歩いているのに、この場所で咲いているカタクリの花には初めて気が付きました。
それにしても、ずいぶん早咲きです・・・

カタクリ
桜が満開と同時にカタクリの花が咲くと・・・


麓すみれ
フモトスミレももう咲いているし・・・


センボンヤリ
センボンヤリは今年は3月16日、昨年は3月23日、一昨年は4月の初めに咲いていました
少し小さ目かなぁ・・・


年々早く咲くようになった花たちは戸惑っていないのか心配になりますが、今の気候に適応して温暖化をそのまま受け入れているのかなぁ・・・

今年の冬は11月に少し降っただけで雪の降らない冬でした。何年かに一度はスタッドレスタイヤを買いかえているのですが、この冬は使うことがありませんでした。もう買う必要はないかも・・・



----------------------------------------------------------------------------------------------

早春は何となく気持ちがソワソワして、あの花は咲いたかなとか、この花はもう満開だわとか毎日居ても立っても居られない気持ちになります。
枯れ葉をかき分けるようにして三つ葉(片喰・カタバミ)をのぞかせたかと思うとすぐ2cmくらいの白い花を咲かせます。
花弁にはピンクの筋が入っているのが綺麗ですね。

ミヤマカタバミ
カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食)
カタバミ科 カタバミ属


ミヤマカタバミ
後姿もなかなか


ミヤマカタバミ
2009年3月29日撮影
暗いところでは下を向いて咲きます


カントウミヤマカタバミの花を最初に見たのは丘陵の奥深く入った川の近くの少し薄暗い雑木林の林床でした。
一面に白い花が咲いているのは幻想的で心が動かされました。




----------------------------------------------------------------------------------------------

少し前からポツポツと咲いていたシュンランもいよいよ本格的に花を開き始めました。
すっかり春らしくなって暖かい春の丘陵を歩いてきました。

最初は気にも留めなかったのですが、あら!こんなに赤っぽいシュンランもあるんだと思って感心しながら写真を撮ってきました。
そうこうしていたら、黄色いシュンランもあるんだよと聞いて慌てて見に行ってきました。
微妙な違いも入れると案外いろんな色のシュンラン(花弁)があるものだと改めてまとめてみました。

シュンラン
標準的な色のシュンラン


シュンラン
花弁の筋に注目、赤が強いです


シュンラン
少し黄色がかっています


シュンラン
黄色いシュンラン
(逆光で黄色が強いかも)


シュンラン
緑の強いシュンラン


このくらいの違いはどうってことないかもしれませんが、こんな個性に気が付くのも嬉しいものですね。
少しあとでもう一度載せる予定ですが、とりあえず今日は色の違いをマークしてみました。



----------------------------------------------------------------------------------------------

アオイスミレが咲き始めるといよいよ春ですね。
野に咲くスミレとしたら1cmあまり、少し小さめですが、その小ささゆえ儚げで可愛さも増すようです。

狭山丘陵は南北に4km東西に10kmに広がっていますが、北側のアオイスミレは薄い紫、南側のは白に近い薄紫の花を咲かせます。
一日違いで色違いの花を見ることが出来ました。

アオイスミレ
アオイスミレ(葵菫)
スミレ科スミレ属


アオイスミレ
上二枚は北側で


アオイスミレ
下二枚は南側で


アオイスミレ
葉の色も黄緑がかっています


今日は今年初の観察会で、暖かい春のまったりとした日差しの中を歩いてきました。
空も何となくくぐもっていて春らしい空の色です。
そうそう、昨日ウグイスの初鳴きを聞きましたし、サクラの蕾もふくらんで大きくなっていましたので、開花まであと少しですね。



----------------------------------------------------------------------------------------------

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

QR