フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


今年の暑さは特別ですね。
出かけるのも勇気がいりますが、出かけたらそれなりに花は咲いています。
先日来載せている、ヤマユリやオオバギボウシ、ワスレグサの仲間もですがハグロソウも真夏の花でした。

小さな花が少し薄暗い周遊路の端で今年も待っていてくれました。

ハグロソウ
ハグロソウ(葉黒草)
キツネノマゴ科 ハグロソウ属


ハグロソウ
下弁の上に雌しべと雄しべが乗っています


ハグロソウ(葉黒草)という名前なのに葉は黒くなくて、どちらかというと深い緑色でしょうか・・・
二枚の苞の間から突き出すように花が咲きます。
花弁は二枚だけで、とても特徴的な形をしています。
そういえば、よく見かける青いツユクサも花弁は二枚だけでしたね。

----------------------------------------

帰り道で、沢山の花を付けたヤマユリを見つけました。
以前はこの辺りの林道を歩いているとどこからともなくヤマユリの匂いがして、「ああ近くにヤマユリが咲いている」と何株も見つけることが出来たのですが・・・見たのは久しぶりです。

ヤマユリ
来年も咲いてね♪








さて先日歩いた時はまだツボミだったオトギリソウもそろそろかなと思って見に行きました。
あ、もうかなり咲いていますね。
オトギリソウは例年通り花を咲かせたようです。
小さな1cmほどの花ですが、やはり夏には欠かせない花の一つですね。
今年も無事見ることが出来ました。

オトギリソウ
オトギリソウ(弟切草)
オトギリソウ科オトギリソウ属


オトギリソウ
3つの赤い雌しべや黄色い雄しべはツンツン上を向いています


オトギリソウ
高さは60cm足らずですが群生していると見ごたえがあります


猛暑が続いています。
最近、丘陵を歩く時は早めに家を出てササと2時間ほど歩いて11時位には家に帰るようにしています。
この暑さはまだしばらく続きそうで天気予報で見る限りでは一週間先まで34~35度台になりそうですね。
皆様もどうぞ気を付けてお過ごしください・・・
水分補給も忘れずに。






6月下旬に咲き始めたヤブカンゾウも夏の暑さと共に最後の力を振り絞って数を増しています。
田んぼのほとりで賑やかに咲いていたヤブカンゾウも終盤戦に入ったようです。
八重咲きのため、暑苦しさすら感じさせるのは雌しべや雄しべが花弁化して八重を作っているからだそうです。

まずは咲き始めのころのもの・・・

ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ(薮萱草)
ススキノキ科ワスレグサ属(ヘメロカリス属)


ヤブカンゾウ
田んぼの畔に夏のワスレグサ


ヤブカンゾウ
カナムグラに絡まれています


ヤブカンゾウは丈夫そうに見えても、カナムグラに徐々に占領されていくのではないかと思う位の勢いで襲われています。
事実ここの横にあったオオミゾソバやツリフネソウの美しい群生地は消えてしまいました。

管理者が変わるという事はこんなにも荒れてしまうのかと驚いています。
そして西日本の豪雨水害が起きている最中に酒盛りをしていた国会議員のレベルの低さは大丈夫なのかと心配しています。
危機管理の甘さは共通ですね。







あらあら、先日までツボミでもう少し後で撮ろうと思っていたオオバギボウシ、ずいぶん開花が進んでいたようです。
咲き終わった花もあって少々焦り気味にアップです。
次々と夏の花が咲き始めていますが、関東地方は梅雨明けが早かったせいでしょうか。

大きな葉っぱ数枚の中心部から長い花茎を伸ばし、その先に沢山の花を下から順番に咲かせます。
山菜のウルイとしても有名で、この辺りでは八百屋の店先にも並びます。

オオバギボウシ
オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
ユリ科|キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属


前から↑・横から↓の写真を撮ってみました


オオバギボウシ
フックのような形の雌しべが魅力です


オオバギボウシ
高さは1m位はあるかしら


昨日に続き夏になったなぁって感じさせる大型の魅力的な山野草の一つです。

------------------------------☆彡
先日、机の中を整理していたらこんな腕時計が出てきました。
ほぼ半世紀前に買ってもらった腕時計です。ダメになったと思って放っておいたものですが、数十年ぶりにリューズを巻いてみました。

時計
動きました!


もはや、十分アンティーク時計ですが、半日に一度巻いてやるとほぼ遅れなしで動いています。
物持ちがいいのかな、長く愛用していきたいと思い、他の電池式の腕時計と並べて毎日触っています。





丘陵に出かける時も帰る時も切り通しになっているところを通るのですが、気が付くとヤマユリの花が咲いていました。
おやおやもうヤマユリの季節だわとブログを見直してみると一番早いところで17日、10日くらい早いというところでしょうか。
どの花も早め早めの観察がいいような気がします。

ちょうど丘陵仲間の方にお会いして尾根道に咲くヤマユリを見てきました。
ツボミのもの見られましたが、今週がピークでしょうか。

ヤマユリ
ヤマユリ(山百合)
ユリ科ユリ属


ヤマユリ
横向きに撮ってみましたが・・・
どう見ても魅力的な花です


ヤマユリ
重いのでしょう、擬木にもたれかかるように咲いていました


カサブランカはこのヤマユリを品種改良して作ったものと聞いています。
カサブランカはヤマユリのように黄色い筋が無く赤い班点も無く、白いユリですが形は同じように思います。
白いユリもいいけれど、山野に咲くヤマユリは他に類を見ない華やかな山野草ですね。
ただニオイには好き嫌いがあるようですが、私はどちらかというと好きな方かな・・・






sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

QR