フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。

新春

狭山湖の堤防より富士山を望む




2018年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


朝夕寒さの厳しい年明けになりましたが、写真のようにこの冬は富士山の雪が少なく、また雲のかかっていることも多くどうしたことかと思っています。
それでも狭山湖の水の濃淡青色は富士と共に美しい景色を見せてくれました。

振り返るとブログを始めて早いものでもう十二年も経っていました。最初のころ狭山丘陵を歩いてウグイスカグラの花を見つけ、この可愛い花の名前は何だろうと疑問を持って調べたのがきっかけになったのかもしれません。
子供のころから好きだった植物の世界にどっぷり浸かることが出来たのも、狭山丘陵の自然の豊かさのお陰で、都会に近いこの地でこんなにも恵まれた環境があったことに感謝です。
皆様にとって2018年が良い年になりますように願いながら新年のご挨拶とさせていただきます。





今年もあと残すところ数時間になり、また一年を振り返る時期になりました。
社会も政治も大きな問題が次々と起こり、一般人の私たちも「北朝鮮によるミサイル発射」でJアラートで脅かされ、「こんな人たちに・・・」と言われて腹を立て、お蕎麦ではありませんが「もりかけ」で税金をだまし取られたり、最後は相撲の世界のややこしさに気持ちだけ巻き込まれたりしました。
いい事と言えばICAN、カズオイシグロさんのノーベル賞受賞・・・あとはシャンシャン誕生くらいでしょうか。
他にいい事がありましたっけ・・・

私自身の生活はありがたいことに平穏無事に終わり、良いこともあり、こんな年もあるのかとホッとしています。
ただ、あれこれと気を遣うことも多く今年の終わりに「無事着陸」といった印象を持てることにただただ「感謝」の一言です。

大晦日
狭山丘陵の西端からの日没の瞬間です
夕焼け富士


今年一年、力不足のブログでしたが、訪問していただいた皆様には本当にありがたく感じております。
来年はもう少し力が入れて頑張ろうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

sage55(セージ55)





子供だった頃、毎年8月15日には実家のベランダから打ち上げ花火を見ていました。
お盆の送り火だったのですが、花火はなぜか好きで大人になっても毎年お盆のころには必ず帰って見ていたものです。
昨晩8月5日に入間市の自宅の近くで小規模ながらふるさと祭りの花火大会がありました。

8月の6日は広島に原爆が落ちた日。

偶然だと思いますがその前日に上がった花火、原爆の犠牲者への迎え火かな・・・
核兵器のない世界が来ることを願って花火を見ました。

ヤマハギ



被爆者の人たちの平均年齢は81歳を超えたそうです。
「核兵器廃絶」を訴える被爆者たちの声を聞えているのに、なぜ唯一の被爆国である日本は「核兵器禁止条約」に参加しなかったのでしょうか。

原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」書かれています。






もうそろそろ帰り支度を始めている冬鳥たちの中、ポツンと寂しそうにシメ君が木の枝に止まっていました。
この時期、シメはもうこの辺りではいなくなっていると思っていたので意外でした。

渋い顔がトレードマークのシメはジーッと正面を見つめていましたが、何を考えていたのでしょうか?
これから先、旅立っていくことの不安など感じる事もあるのでしょうか・・・

シメ
シメくんは繁殖するため北海道で春夏を過ごします


ヤマガラ
ヤマガラ君は今シーズンはまだ未掲載でした


尾根道ではタチツボスミレが咲き始めていました。

タチツボスミレ


咲き初めはいびつなものがものが多いのですが、このタチツボスミレはきれいに整ったものでした。
そろそろ、「春になったよ!」って言っていいかなぁ・・・




----------------------------------------------------------------------------------------------

長かった梅雨が明けて湿気の多い日が続いています。
71年前の広島も朝からとても暑かったと聞いています。広島の瀬戸内海沿いの暑さは半端ではないのですが、戦争中の貧しい朝の食卓を襲った原爆はその後今に至るまで被爆者を苦しめています。
あの原爆の被爆者は生まれたばかりの人たちでも70歳を超えて、被爆者の生の声が聴ける機会も少なくなってきています。

そんな中、今年はオバマ大統領の広島訪問がありました。
あれこれとこのことについては言われていますが、オバマ大統領が核廃絶についての思いを持って語られたメッセージと被爆者の男性を抱いたシーンには心を打たれました。
大統領を辞められた後もアメリカの歴代大統領は社会的に貢献されるような活動を続けられているのでオバマさんもこの思いを持って行動されるのではないかと期待してしまいます。

アキノノゲシ


アメリカの一部ではいまだに「原爆は戦争を終わらせたから正当なことだ」ということも言われています。
日本でも「アメリカの大統領は日本に来て謝るべきだ」ということを聞きます。
これらは私にはとても違和感があってどちらも違うんじゃないのと何となく心の底の声が言います。
謝るとか正当だったとかいうことは必要なくて、必要なのはこの今と未来永劫にわたって戦争をしないことじゃないの。っておもうんだけれど・・・ね。

鹿児島では元TBSのキャスターだった三反園訓さんが当選され8月中にも九州電力に川内原発の一時停止を要請する考えを明らかにしました。
地方では沖縄の辺野古返還で国が地方を訴えるというおかしなことが起きています。
最近も胸が痛くなるような事件が日本のみならず世界でも次々と起きています。

日本はそして世界はいまどこへ向かっているのでしょう・・・




sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

この人とブロともになる

QR