フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。

もう夏かなと思う頃に咲く花で好きなのがヤブデマリ。
最初にこの花を見た時は「ハッとする位の感動でした」
山の道を仕事帰りに車で走っていた時見つけました。
日本の自然は大好きです。
子供の頃は町に住んでいたので、このような自然に会うことはありませんでした。
今この環境で、いつまでもこの環境で暮らしたい。

ヤブデマリ.jpg
ヤブデマリ

NEC_0017.jpg
エゴノキ
昨日は素晴らしい好天でした。
友人と入間川沿いを散策しながらお互いのNewCameraの性能をテスト。
本当はカワセミを撮りたかったのですが全く現れなくて、残念。
野鳥で撮影できたのは、キジバト、カワラヒワ、イカルチドリ。
でも余りうまく撮れなかった。望遠は難しいな。
野の花は今が盛りです。
帰化植物のアカバナユウゲショウ、ナガミノヒナゲシ、ヒエンソウ。
ノイバラ。
ついでに近くの横田基地に着陸態勢に入った、ATAairline、ATLASairlineの民間機も撮影。
練習中なんでうまく撮れないなぁ・・・

キジバト.jpg
キジバト

アカバナユウゲショウ.jpg
アカバナユウゲショウ

ナガミノヒナゲシ.jpg
ナガミノヒナゲシ

ヒエンソウ(飛燕草).jpg
ヒエンソウ(飛燕草)

ノイバラ.jpg
ノイバラ

ATLAS N512MC.jpg
ATLAS N512MC

ATAairline.jpg
ATAairline
土曜日は大学の公開講座で自然観察会に参加してきました。
年に2回春と冬に近くを流れる入間川沿いに行われます。
先生が身近な自然をわかりやすく説明してくださるのでほぼ毎回行きます。
今回は特に思ったのは身近に帰化植物の多い事です。
もちろん動物も増えています。
その分日本古来の動植物は減少傾向にあります。
ほぼ絶滅してしまったものもあります。
何年か前まであまり見かけなかったのに最近ずい分増えたなと思うものはほぼ帰化植物です。
「オッカの上ひなげしの花が・・・♪」で有名なポピーは「ナガミノヒナゲシ」です。
河原や野原、歩道、人家の庭で見かけるオレンジ色の花がそうです。
あれもここ何年かで一気に増えましたよね。
後で写真をUPしますが「ヘラオオバコ」もそうですよね。
もちろんクローバーやアカツメグサもそうですし・・・
入間川は埼玉を流れる一級河川ですが魚類の多い事で知られています。
ここ数年で以前からいた亀とスッポンはスッカリいなくなりました。
原因は夜店なんかで売られていた「ミドリガメ」これが大きくなると「ミシシピーアカミミガメ」となり噛み付いたりするので飼い主は川や池に放置してしまうのだそうです。
都内の亀とスッポンはほぼ全滅、入間川も同じようです。

それはさておき今回はホオジロとベニシジミと問題のヘラオオバコをUPします。
いずれも入間川の河川敷で撮りました。

ホオジロ.jpg
ホオジロ

ベニシジミ.jpg
ベニシジミ

ヘラオオバコ.jpg
ヘラオオバコ
故郷(広島県福山市)に帰ってスッカリ母とのんびり過ごしてきました。
夫も子供たち(といってもパラサイトシングル暦10年と4年のツワモノ)
も理解があるので友達と会ったり、お墓参りをしたりと・・・
今回の目的の一つは、母にPCでDVDの見方を教える事。
80才から囲碁にハマった母はとても勉強熱心なので指導の先生のDVDを繰り返し見るために必死でした。凄いパワーだなぁーって・・・関心しきり。
さて、数年前から気になっている雑草のマツバウンランを撮ってきました。
皆さんも近所で見かけていませんか?
帰化植物だそうですが、可愛いのよね。
でも、墓地にも一杯生えていたので、ちょっと心配かな・・・
マツバウンラン.jpg
マツバウンラン

続いてミスジチョウ。
渓谷とか山間にいる蝶らしいのですが、町中の実家の庭のドクダミの上にいるのを発見。
2年前に奥多摩の渓谷近くの道で撮ったのと同じだと思うんだけど・・・
希少種になっているって書いてあるのですが。
どうなんでしょうね。

ミスジチョウ2007a.jpg
ミスジチョウ2007

misujityou2005.jpg
ミスジチョウ2005

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

QR