フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。

日の出町の平井川には残念ながらカワセミはいなかったのですがセグロセキレイを見かけました。


セグロセキレイ(背黒鶺鴒)
スズメ目セキレイ科

この鳥は意外と警戒心が無いようで結構近くまで行かせてくれます。
でも歩き回るのが得意なのか忙しげにピョコピョコ。
これは少しボケ気味ですね・・・本当は腕が悪いんですが。


流れの緩やかな川です

セグロセキレイとハクセキレイはよく似ていますが顔の黒っぽいのがセグロセキレイです。
セグロのほうは川や水のあることころが好きなようでハクセキレイのように道路や野原で見かけることはないようです。
色の濃さも結構まちまちなので顔の黒さで見わけるのが一番みたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は先週に続いて奥多摩地区の入り口に位置している青梅に行ってきました。
いつも「葉ワサビ」を買うお店から電話があって「今年はもう葉ワサビが出ましたよ」とのことでお買い物に・・・
車だと30分くらいなのでちょっとしたドライブです。
青梅は有名な青梅マラソンもありますが梅の郷としてもよく知られています。
毎年この時期はお花見でとても混むのですが今年はまだまだと思っていらしゃるのかあまり混んでいません・・・

さて今日はこれから毎年作る葉ワサビの醤油漬けと甘酢漬けを作らねば・・・

東京都日の出町の中曽根元首相の別荘から・・・

一昨日のフクジュソウの中に混じってウバユリが数本、きれいに種はドライフラワーになっていました。


ウバユリ(姥百合)日の出山荘にて撮影
ユリ科ウバユリ属


参考までにウバユリの花
2008年7月28日狭山丘陵で撮影

日の出町は多摩丘陵といっても山なので今の時期はとても寒かったですね。
ここの記念館は余り規制がないせいかノンビリした気分で過ごせます。

書院です

ダイニングの椅子も応接間のソファもステキです。
座ってビデオも見てユックリとくつろぐ事も出来ます。
東京駅からだと連絡がうまくいくと1時間半から2時間くらいでいけます。
ピクニックがてらお出かけも楽しいかもしれません。

日の出山荘のご案内はこれで終わりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年は雪が降らないかと思っていたら今日は朝は雨、途中から雪になりました。
流石にこの時間はもう止んでしまいましたが家の庭にはうっすらと雪が・・・
ちょっと写真を撮ってみました。

s-s-IMG_4259.jpg s-s-yuki.jpg
ローズマリーとミントにほんの少し雪化粧

とても寒いですね。
来週も2回くらい雪が降りそうです。

狭山丘陵のヒイラギナンテンの蕾を載せたのはもう3週間も前の話です。
日の出山荘(中曽根元首相の別荘)の庭ではもう花が咲いていました。


ヒイラギナンテン(柊南天)別名:トウナンテン(唐南天)
メギ科ヒイラギナンテン属

日の出山荘は受付で200円払って入っていく茅葺屋根で囲炉裏のある青雲堂が見えてきます。
その手前にあるのが韓国の全斗煥元大統領から送られた青銅の鐘です。

   

少し先にはお茶室の天心亭がありその先に書院があります。
続きはまた明日 だんだん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年から気になっている事。
どうでもいい事なのですが・・・

テレビやラジオのインタビューで・・・

インタビューされた人は
「そうですね・・・〇〇〇〇〇」と《そうですね》という言葉を初めに付けている人が多い気がしませんか。

うーん、でもなにが《そうですね》なのかしら?と考える私は天邪鬼かな?
《そうですね》って ーそれもそうですねー とか相手の言葉に相槌を打ち同意をする時に使う言葉じゃないかしら?
まぁ多分《そうですね》を付ける事でその間に話す内容や考えをまとめているのでしょうけれど。

違和感を感じるのは私だけかな?
最近の流行なのかなぁ・・・
前から使われていたのかなぁ・・・

先週末、拝島に用事がありそのついでにブラッと日の出町に立ち寄ってみました。
実は日の出町役場の裏の平井川にカワセミがいつもいるという話を聞いて行ってみたのですが・・・
カワセミはいなかったので諦めて日の出町の中曽根元首相の日の出山荘に行きました。
山道を登ってゲートを抜けるとフクジュソウが沢山咲いて出迎えてくれます。


フクジュソウ(福寿草)別名:ガンジツソウ(元日草)
キンポウゲ科フクジュソウ属
(学名:Adonis amurensis)

学名のAdonisはギリシャ神話でアフロディーテが恋をする少年の名前でamurensisはアムール川流域のという意味らしいです。
この花も初春に花を咲かせ夏までに光合成を終え地上の葉も枯れてしまうスプリングエフェメラルです。
狭山丘陵でもお馴染みの花のカタクリやニリンソウ、ムラサキケマンなどもこのスプリングエフェメラルですね。


こんなの三つ子もありました

中曽根元首相の別荘は例の《ロン・ヤスの会談》で有名な所です。
今現在は日出町に寄贈されているので入館料(200円)さえ払えば誰でも見ることが出来、ソファに座る事も出来るので面白いかもしれません。(ちょっとミーハーですね)


入り口にあります

この後ろには専用のプールもありました。
しかしこの辺りだと夏も涼しいのでちょっと寒くないかしら・・・

駐車場のところにある無人の野菜売り場のお野菜は全部100円です。
小さなキーウィが40個くらい入った袋も100円、フキノトウやシイタケも100円。
全部新鮮そうで美味しそうですよ。
おいでの際は是非お買い物をしましょう・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のたけぽさんのコメントでADSLの速度のことが書いてあったので久しぶりで測定してみました。

メインのデスクトップはLANケーブルでつないでいるのですが7.5~8Mbpsで無線LANのPCは4.25Mbpsでした。

一応、合格ラインかも・・・

早春の代表的な花マンサクは木の枝に黄色い糸が絡み付いているようです。
遠くから見ると木全体がボーっと黄色く見えています。

マンサクの語源は東北地方で、早春に咲く花なので「まず咲く」「まんずさく」「マンサク」と変化したようです。


マンサク(満作)
マンサク科マンサク属


かなり大きな木でした(4m四方)

よく似たシナマンサクというのがあるのですがどうも違いがよく分かりません。葉っぱが残っているとシナマンサクということですからこれは直感もコミコミでマンサクと思います。

別の場所で撮ったマンサクの花。
こちらも葉っぱはなかったのでマンサクかしら?
それとも園芸種でマンサクとシナマンサクの雑種かも知れません。


この後、縮れたようになるのかな?

よく似てはいるのですが大きさは明らかに下のほうの花のほうが大きい気がしました・・・さてわからないなぁ・・・

写真上、中:日の出村にて撮影
写真下   :狭山丘陵にて撮影(植栽と思われます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「光電話にしませんか?」
という電話がよくかかってくる。
長いこと愛用してきたプロバイダーを変えなくてはならないという事には言及しないで電話が安くなるとかあれこれ長所を教えてくれる。
挙句「まだADSLをお使いですか」なんていわれ、駄目押しに「時代遅れですよ」とか・・・

IPフォン、通信機器レンタルすべてでプロバイダーへの1月の支払いは3925円。
先月から無線LAN機器のレンタルをやめて自分で設定したので1000円くらい安くなっている。
無線LANも新しくしたので早くなったし交換局から近いのでそこそこスピードも出ている。
「若くもないのでスピードは必要ないんですよ、電話もそんなに使いませんから」と繰り返して丁寧にお断りをしています。

デジタル化でテレビは否応なしに変えなくてはいけないのだけれどADSLで今のところ余り不自由していないのに・・・
何で光が必要なのかよく分からない・・・
テレビが否応なしにデジタルに変えざる得ないように法律ができて使えなくなったら困るんだけれど。

下の写真は日本全国おなじみのムクドリです。


ムクドリ(椋鳥)
スズメ目ムクドリ科

家ではこれをムッ君と呼んでいます。
ムッ君は時々、電線に集団で止まっていて大声で鳴くのでビックリする事があります。
これはツガイでオスとメスかもしれませんね。
逆光で撮ったのでパソコンでかなり補正を入れてやっとここまで。

先日のホシゴイもこのムクドリもテレコン付のオリンパスで撮ったのですがうまく焦点が合うときと合わない時、なんだか運しだいかもしれません。
まだまだ研究の余地はありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息子のPCが遅いというのでメモリを増やしてみたらと言ったら早速注文したのが届き、付けてみると快調だという。
私のPCも使えそうだったので試しに借りて付けてみた。
256MB×2だったのを1G+256MBにしたら確かにかなり早くなった。
じゃぁ、有難うネとまた外して返したりして・・・ついでにPCの中も掃除機で軽く掃除したりしていたら。

じゃーん、インターネットが繋がらなくなった・・・
もう6年目位になるかなぁ・・・かなり古いものねぇ・・・
結局何とか繋がったのだけれど昨晩まではかなり接続は不安定でした。
LANポートの接触不良だったのかなとも思うのですが・・・

でも懲りずにメモリ1Gは発注しました(^^♪
うまくいくといいのだけれど・・・ちょっとフアン

いつも行く狭山丘陵でもカワラヒワは割りとよく見かける鳥です。
羽根に黄色い帯があるのですぐ見つけられるのですが・・・


カワラヒワ(河原鶸)?
スズメ目アトリ科

しかしいつも見かけるカワラヒワはもっと色がくすんだ緑に近い茶色です。
光の関係でしょうか?それともオオカワラヒワかしら?
下から撮ったこの一枚しかないので同定も出来ないですね・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、狭山丘陵の近く「カタクリの湯」の露天で地野菜を売っている小父さんの野菜がお気に入りです。
小父さんは自分で野菜を作っていて来る日も決まっていないらしい・・・
先日の赤カブもここの叔父さんから購入したものを漬けたんです。
何がいいって・・・やはり地野菜は美味しい気がする。
新鮮だからかな?
他にも何かあるような気がする。
小父さんに「美味しかったわ」って言うととたん顔がほころぶ。

赤カブ.jpg

それも味になっているのかもしれない。

先日白鳥を見に行った帰りに狭山市の智光山公園に行ってみました。
ここにはカワセミやいろんな野鳥が来ています。

初めて見たホシゴイです。
ちょっと凄んでいるようですね・・・


ホシゴイ

この鳥はまだ幼鳥ですが大人の鳥と同じくらいの大きさなのでしょうか?60cm位はあるように見えました。
ホシゴイはゴイサギの子供です。ゴイサギ自体は青い色のサギなのですが小さい頃はこのような灰色に白い斑点が沢山ありそれでホシゴイと呼ばれます。



対岸の木の枝に止まっていたのですが実は夜行性の鳥らしくちょうど眠かったようです。
望遠鏡のような大きなカメラを持った観客が一杯見ている中で堂々とノンビリ昼寝の真っ最中・・・おじゃましたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガで届いたネットバンクのコメント。
転記禁止とは書いてないので・・・ちょっとコピペ

男36歳、自分で漬けている「お漬物」のご紹介。

 ・ぬか漬け 「(植物性)乳酸醗酵」食品。茄子と蕪が旨い!
 ・浅漬け  塩と調味料だけで超簡単に作れる。葉モノはこれで。
 ・塩漬け  こちらの「かぶ」は「株」。既に1年以上放置。

 「株の塩漬け」、、、食えぬ奴です。

うーん、日本のかなりの人がこんな感じかも・・・

実に撮り難いのですね、エナガって・・・
ほとんどの場合が高い枝の上にいるし、アチコチ忙しげに飛び回るし・・・


エナガ(柄長)
スズメ目エナガ科

柄が長いと書くように体長14cmのうち半分は尻尾です。
だから胴の部分だけ見るととても小さい鳥というイメージで可愛いです。
とにかく賑やかに囀るので頭の上の方で騒がしいと思うとこの鳥が集団で飛び回っています。
一度くらい近くに来て撮らせて欲しいなって思います♪

狭山丘陵にて 2月15日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒かった朝に比べてお日様が出てきた午後は暖かく庭仕事にピッタリです。
土に触っているとっても暖かくフワフワと柔らかい・・・
おやおや、もう種を蒔いてもいいかもしれません。
チョコチョコッと試しに野菜の種を蒔いてみました・・・
楽しみが増えます♪


庭のクロッカス

2週間くらい前から咲いています。
鳥さんに花を食い散らかされたので今は網をかけているんですよ。

月曜日に誘われて荒川の支流の越辺川(おっぺがわ)に行って来ました。
ここは白鳥の飛来地として有名です。


コハクチョウ

前の冬までは餌付けをしていたため沢山の白鳥が来ていたのですが、この冬から鳥インフルエンザのことを考えて餌付けを止めた為、飛来する数が少なくなっているそうです・・・

越辺川(おっぺがわ)という名前は、変った響きです・・・調べてみました。
これの語源にはアイヌ語説や朝鮮語説がありました。
7世紀に少し離れた高麗というところに唐・新羅に滅ぼされた高句麗からの亡命者が移住してきました。
現在でも埼玉県日高市になっているこの地にはかつてはこの高麗郡の郡司で高句麗王族の高麗若光を祭る高麗神社があります。
アイヌの人たちも昔は関東にも住んでいたと思われますからこちらの説も有力です。
何れにせよ、この川の名前の響きには遠い悠久の昔のロマンを感じますね。

埼玉県西部を流れる荒川水系入間川の支流で、一級河川だそうです。


キャッ!こちらに向かってきています

この日は風が強かったため早めに退散しました。
白鳥さんも餌が無くて心なしか細めのような気がします・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、カモミールのお茶を寝る前に飲んでいます。
不眠症というほどではないけれど夜中に目がよくさめるのです。
昨春カモミールが庭に咲き始めたのでそれを摘んで愛飲した所とてもよく眠れるようになったのを思い出して普通のティーバックのカモミールを飲んでみました。
よかったら試してみてください。

今年もうれしいことに庭にカモミールが育っています・・・

狭山丘陵でコゲラは見ない日はないくらいどこにでもいる鳥。
小さなリズミカルな音が聞こえてきたら多分コゲラです♪
すみません、今年2回目のコゲラです。


コゲラ(小啄木鳥)
キツツキ目キツツキ科

英名のJapanese Pygmy Woodpeckerは日本にいる小さなキツツキという意味でした。
四六時中コンコンと脇目もふらず突っついて虫を探し幹の木肌を落としていました。
本当にすぐ目の前にいたんですよ。

上の写真は昨年の春イチョウの木の所で撮ったコゲラ君です。
春らしいですね・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月(1月の初め)からガスの節約を始めてみました。
一概に比較は出来ませんが3000円くらい違いました。
やった事は

料理の時に無駄なガスを使わないこと
 ・圧力釜や真空断熱調理鍋(シャトルシェフ・・魔法瓶と同 
  じ原理)を活用する
 ・食器の洗物も下洗いは水でする
お風呂は家族全員が2~3時間の内に入る
お風呂や洗面所でもお湯を出しっぱなしにしない

ということですが今月からはさらにエスカレートして毎日メーターを見るというのを始めてみました。
書くだけダイエット」って流行っているじゃないですか
毎日どのくらいガスを使ったかを書いて節約ダイエット」というのをやってみようと思い立ちました。
エクセルで表を作って書き込むのが面白い・・・
なるほど先月より減っているような気がする。
究極のケチのような気がしないでもないけれど化石燃料に限界があるわけだしエコキュートにしなくてもかなりの節約になるんじゃないかしらね。
なーんだCO2の削減って世界中で騒いでいるけれど結構カンタン。
というほど簡単ではない事は知っていますがこういう意識も大事だと最近思っています・・・

だんだん我家は昔風の生活になっていくようです(笑)

チョウが飛び始めると春というイメージですがまだ2月です。
もしかして本当に春なのかな?

昨日のムラサキシジミも越冬するチョウですがこのキチョウも越冬するらしい。
しかし例年は3月頃から活動を始めるみたいです・・・


キチョウ(黄蝶)
シロチョウ科キチョウ属

まぁ忙しなく動き回るチョウでした。
止まる時はもちろん花の蜜を吸う時ですが横になって蜜を吸うのが楽なようで地面に横たわるようなポーズをとっていました。

 
ちょっとボケていますが飛んでいるキチョウです

とにかくセワシくんで忙しく飛び回るためうまく写真が撮れません。
連写も使ってみたけれど・・・腕も悪いのですね(笑)

狭山丘陵にて 2月15日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丘陵の田んぼの近くの遊歩道に落ちていた黄色いプチトマト・・・ではなくて多分ワルナスビの実。

そういえば昨年は花を載せていないような・・・
在庫を探してみました。

若い実も撮っていました。

花も実も九月の初めの頃の撮影です。

土曜日は暑いくらいの日だったせいかカエルだけではなくチョウもフラフラと出てきたみたいです。


ムラサキシジミ(紫小灰蝶)♀?
チョウ目シジミチョウ科

と思っていたらこのムラサキシジミは成虫のまま年を越すらしい・・・

暖地性のチョウで、日本では宮城以南から、沖縄にかけて分布。台湾、中国西部などにも生息している。成虫で越冬し、年3-4回、6月から翌年3月にかけて現れる。Wikより

狭山丘陵にて 2月14日撮影 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっかり春うららという感じで気持ちはいいのですが私自身日頃余り花粉の被害を受けないはずなのに先週の土曜日は目がやられました。
とにかく昼ごろには目がゴロゴロでまるでゴミでも入ったよう。
涙目が家に帰るまで続きました。
かなり辛かったです。

暑かった昨日・・・今年はまだお目にかかっていなかったルリビタキを見つけた♪


ルリビタキ(瑠璃鶲)
スズメ目ツグミ科

青い色の鳥といえば先日のハンターのカワセミもそうですがこのルリビタキは優しい顔の青い鳥です。
ヒタキの仲間はみな優しい顔つきですね。


アッこっち見てる


逃げるもんね


こういう杭の上が好きなんだ

しかしこの子は昨年撮ったルリビタキと比べても少し色が薄いような気がします・・・
もしかしたらオスの若鳥でしょうか?
参考までに昨年のメスも見てください。

実は今日も見かけたのですがもう少し青かったですね・・・証拠写真がボケていて載せられない・・・

狭山丘陵にて 2月15日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も暖かさに誘われてお庭の手入れ・・・
草取りをしたり、肥料を入れたりと今からの時期にしっかりとやっておくと楽しみが増えます。
ノースポールの苗もずい分大きくなってきたので植え替えなくては・・・
珍しくジョウビタキのメスがフェンスに来たけれどあっという間に飛んでいってしまいました。

まだまだ見つけていきたい狭山丘陵の鳥・・・
このヤマガラはかなり見る事が出来ます。
お腹の色は可愛いオレンジ色です。


ヤマガラ(山雀)
スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属

今回はマズマズうまく撮れたのはこの写真だけでした。
その代わりといっては何ですがこんな変った鳥を見つけました。


多分トラツグミです・・・?

動きがやけにノロイというかノロマな感じの鳥でした。
枝から枝に飛び移る時にドサッドサッって・・・
相当遠かったためテレコンで撮ってもこの程度です。

しかし、テレコンはかなりピントを合わせるのが難しいような気がします。
もう少し研究をしなくてはと思っているのですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の狭山丘陵はものすごく暖かく半そでで歩いても問題ないくらいで多分20度は十分超えていたと思われます。
岸田んぼをノンビリ歩いていたら・・・
なんだか賑やかな軽やかな合唱のような声が聞こえてくる・・・
それも田んぼの向こうの葦の湿地帯から???

なんとかえるの合唱でした。
暖かいのねぇ・・・

s-無題.jpg
カエルさんの名前は分かりません?

日本全国おなじみのハクセキレイです。
冬羽で灰色がかってますが目のところに真一文字に横切る黒い線が特徴です。


ハクセキレイ (白鶺鴒)

いつも尻尾をぴょこぴょこさせる鳥なのですがこの日はなぜかピョコピョコがなくておとなしめ・・・そんな日もあるんですね。


何かあるよ!


これこれ!


GET!

これもテレコンを使ってみたんですよ。
やはりピントが甘くなるのは手ぶれが効かないせいか腕が悪いせいか・・・でも楽しいからまぁいいかな?

狭山丘陵にて 2月8日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここのところ毎年冬になると楽しみに作るようになった赤カブの漬物。
故郷の広島では見たことがなくてどうやって食べるのか知らなかったけれど・・・インターネットのおかげですね。

赤カブ.jpg
赤カブの甘酢漬け

沢山作っておいて毎日少しずつ食べます。

毎日カワセミ君に登場していただき申し訳ないのだけれど。
とても面白いのでもう少しお付き合いください。
今日でおしまいですから・・・


此処がボクの居住地です


真剣そう


飛び立つ前か?


潜った!


帰った!


さいなら!

ちょうど杭から飛び立つ前(だと思うのだけれど)と杭に停まるところが撮れました。
ずい分面白い格好をするんですね・・・
3日も続けて同じカワセミを載せてしまったのですが何となくカワセミの行動の姿の面白さに惹かれました。
もちろん色も形も魅力的ですが・・・

ホントきれい!

狭山丘陵にて 2月8日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真展に出したもうひとつの作品です。


題名:朝の祈り 山中湖にて

実際はA4サイズです。

 

昨日に続いてカワセミ君を載せますね。
興味深いポーズをしてくれたので・・・


見つけたぞ!


それ!


!!


捕れなかったかな?


嘴の下が黒いので♂

明日も面白いポーズのカワセミを載せてみたいと思っていますので懲りずに見てやってください。

狭山丘陵にて 2月8日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近所で開催された写真展に応募してみた。
3点まで出せるというので昔の写真なども引っ張り出して・・・
額もマァマァのを買ってきて。
写真を大きくすると印刷に出さないと無理なのでA4と2Lで。
ひとつだけ下の写真が入選しました。


題名:春

これはKissX2の250mmを使っています。
ちょうどうまく庭の梅の木に来ていたのを撮りました。

昨日報告させていただいた、テレコン。
日曜日の午前中に使用してみました。

うれしいことに久しぶりにカワセミをゲット。


カワセミ

カワセミ君  魚がいないかなぁ・・・
私       足がかわいいよ~


ちょっと場所を変えてみよう


見つけた!


お魚GET!

まだ慣れないのと慌てて撮ったので余りいい出来ではなかったんですが・・・モデルさんにはずい分協力していただきました。

狭山丘陵にて 2月8日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

埼玉でも花粉が飛び始めたそうです。
家にも一名患者がいます。
薬をあまり飲みたがらないのできつそう・・・
ポットに入れていくコーヒーを甜茶に変えました。
何かいい方法がないでしょうか?
やはりお医者でしょうか?

狭山丘陵の冬にメインは花ではなく鳥なんですね・・・
今日の鳥はモズです。

モズは狭山丘陵では比較的よく見る事が出来る鳥です。


モズ(百舌、鵙)♂
スズメ目モズ科

目の隈がハッキリしているのがオスで薄いのがメスかなと思うのですが本当のところよく分かりません。
ぱっと見たときの印象ですから余り気になさらないでサラッと見てくださいね。


メスのように見えます・・・

モズといえば「はやにえ(早贄)」ですがまだ見た事がないんです。
見つかりますよといわれるのですが・・・
肉食で普通はバッタやカエルぐらいなのですがかなり大きなスズメなども捕らえるらしい・・・結構獰猛なのかもしれません。

狭山丘陵にて 2月上旬撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一ヶ月ほど前から家族が誕生日のプレゼントをしてくれるといっていたのです。
最近では本人の希望を聞いてから他の3人で一つのものをプレゼントということになっています・・・

ついに届きました。
テレコンレンズです。ウフッ。

レンズとアダプターで合計15cm、ホールドしやすい形です。
倍率が1.7倍になりますから30倍ぐらいになるのかしら?
少しずつ撮っていますので明日くらいからUP出来ると思います。
そうだ、上の写真のモズはこのテレコンを使っています。
やはり、三脚を使わないと手ブレします。

息子が頼んだのでアマゾンで発注。
テレコンが11,450円とアダプター2,840円です。
しっかり使わないとバチが当たります。。。

またまた今日も鳥です・・・
今の時期は鳥しかないのかって言われそうですが・・・


アカハラ(赤腹)
スズメ目ツグミ科

急に目の前に現われてあっという間に飛んで行きました。
ほんの一瞬だったので何の鳥か分かりません。
後でプレビューでみたら・・オオなんと気になっていたアカハラでした。

先日シロハラを撮ったのでいつかアカハラをと思っていました。
うふっ結構うれしかったです♪


飛んでっちゃいました

夏場に日本の中部以北で繁殖し冬場に中国南部や日本の本州中部以西で越冬するそうです。
大きさはやはりシロハラと同じくらいでツグミより少し大きいかなといった印象でした。

狭山丘陵にて 2月7日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日(2/8)の丘陵はとても風が強かったです・・・
こんな日は余り鳥も出てこないのかいつもより少なかったような気がします。


アオキの葉の裏が白く見えます、風に倒されそう

今も風の舞うゴーッという音が空の高いところから聞こえてきます。

ツグミはよく見かける鳥です。
庭に来るほど友好的ではないですが近くの空き地や畑には現われます。
近づいても堂々としていて逃げない!


ツグミ(鶇)
ツグミ科

日本では冬鳥として親しまれているそうでシベリヤやカムチャッカ半島から渡ってくるそうです。
昔はかすみ網などで大量に捕獲して焼き鳥屋などで出されていたそうですからちょっと驚きますね。


何か咥えています


バックも見せてくれました

ツグミは近づいても逃げませんし声も出しません。
昔の恨みはもう忘れてしまったのでしょうか・・・

狭山丘陵にて 2月上旬撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は高校時代の友人のコンサートにこれから行くので早めのUPです。
では行ってきま~す♪

今日もまた鳥さんに助っ人をお願いしてしまいました。

メジロは庭の梅に来るのを載せていたと思いますが・・・
これは丘陵の林の中で見かけたメジロです。


メジロ(目白)
スズメ目メジロ科

遠かったので少し小さめですが面白いと思いました。
それと木に付いたキノコのすごいこと!
キノコが付きだすと木が弱ってきているといいますがそうなんでしょうか?


かくれんぼしているような雰囲気です

両方とも庭に来るのと違ってのびのびしている感じがしませんか?
メジロは色もいいし、小さいところも声も可愛いです。
メジロのウグイス色は春を感じる色ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

庭に小さい雑草が生えてきている。
小さいうちに取っておけば夏になって余り草ぼうぼうにならないと思うのだけれど・・・今日は寒いし・・・
取ったつもりでいてもまた生えてきてあっという間に広がっていく。
春はいいけれど5月6月になると結構暑くて紫外線も強くなるし・・・
いずれにせよ蚊が出てくるまでが勝負です!

それにしても今年は生え始めるのが早いんじゃないかと思うけれど・・・どうなんだろう?

昨日の続き・・・

アオジのオスです。
藪の中や木の枝を集団で次々と飛びかっていました・・・


アオジ(青鵐)♂
スズメ目 ホオジロ科

オスのほうは頭の色がくすんだ緑色で目の周りが黒くてちょっと鉄仮面というイメージです。
昨日のメスに比べるとちょっと人相が悪い・・・
もっと可愛く撮ってあげたかったんですが、きっと本当はもっと可愛いのよね・・・


ハッキリしませんが♀2羽でしょうか?

狭山丘陵にて 2月1日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世俗的な話ですが・・・

先日、近所の三井アウトレットパークに行きました。
そうしょっちゅう行くわけでもないのですがポイントが500円分とお誕生月のポイント500円で1000円分タダという事で・・・

当然ついでにあちこと見て周りますよね。
そうすると買いたいものがないと思っていたのに間違いなく買いたいものが見つかるというのが普通の女性です。
別に欲しいと思って居なくてもこんなに安いのなら買おうかなって・・・

で買ったものは・・・ジーパン2本。
いつものブランドが2本で2980円!♪
山積になっている中から見つける楽しさ!
直し代を入れても3320円、安い、うれしい!

ジーパン
ビーナスジーンズのタグです

結局、型落ちで股上が今風のより少し深いだけですが、でもそれくらいが私にはちょうど良いのです。

こんなに安くていいのかなぁ?って思いながらやはりうれしい主婦でした。

冬は植物がなかなか被写体になってくれない・・・
やはりこの時期は野鳥さんたちに助っ人をお願いしよう。

先の日曜日はアオジさんが助けてくれました。
冬の狭山丘陵で比較的よく見ることの出来る鳥です。
ちょっとこっちを向いてくれました。


アオジ(青鵐)♀
スズメ目 ホオジロ科

メスはやはり優しい顔をしていますね。
この日は何回も現われてこの時が一番接近できたかもしれません。
この後アッと思うまもなく藪の中に隠れてしまいました。


これもカワイイ♪

狭山丘陵にて 2月1日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は節分でしたから家族のリクエストで恵方巻を作ってみました。
コンビニやスーパーの戦略か?ここ数年全国的に流行っていますね。

縁起を担ぎたいし幸せになりといという欲求が強いらしく我家でも東北東を向いて何も話さずモクモクと食べました。
一人例外の人もいて・・・
彼はもう達観しているのでしょうか?
それとももう十分幸せだと思っているのか・・・
(後者であって欲しいです)

紅葉したきれいな葉っぱを見つけた。
川のほとりにあってツツジの葉よりはかなり大きい葉です。


色がきれいだったので載せました

春になったら何の樹か分かるかしら・・・
この状態で樹の同定は私には難しいすぎます・・・

もう一つ分からなかった鳥。
結構大きな鳥で30cmはあったかもしれません。
高い木の上にいました。

カケスっぽい気がしましたが色が違うようですし写真がよくないのでハッキリしません。
タカの一種でしょうか?

 

写真がうまく撮れていないのは承知で・・・誰か教えてください。

狭山丘陵にて 2月1日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は節分の日
豆を撒いた後、そんなに沢山いり豆を食べないで残してしまう方にお薦め。

ご飯を炊くときに混ぜて炊きます。
モッチリした美味しくて香ばしい豆ご飯が出来ます。
私は黒豆のいり豆も時々買ってきて豆ご飯にします。

今日はまだ撒いていないので写真は載せられませんがよかったらお試しください。

ヒイラギナンテンのツボミと開きかけの花を載せたのは昨年の3月だったのですが・・・
丘陵にはもうツボミが出来ていました。


ヒイラギナンテン(柊南天)
メギ科ヒイラギナンテン属

ヒイラギナンテンは古代に中国から輸入された園芸種が逃げ出したものだそうですが鳥さんの落し物なのでしょうか?
丘陵のアチコチで見かけます。
アップで見ると意外とキレイなのに驚きます。
花は昨年の4月に撮ったものです。


ヒイラギナンテンの花

狭山丘陵にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家族を送り出すのに外に出て車を見たら・・・?
ボンネットや窓ガラスがひどく汚れていて灰色のほこりが付いている。
いつもの汚れと違うので「えーっ、なんだろう?」と側にいた息子に話しかけたら「浅間山の火山灰じゃないの」と言う。
「まさかぁ、噴火したの今日の午前一時じゃなかった」

s-P2020004.jpg

でもやはり火山灰だったようです。
その後聞いたニュースで「火山灰にご注意ください」と言っていた中に埼玉県も含まれていました。

asama2
ポストの上も白い点々

小規模の噴火とは言っていましたが風が強かったので飛ばされてきたのですね。
考えてみたら浅間山から自宅までの直線距離は約100キロメートルでしたから秒速5.6m以上の風が吹けば5時間で届きます(^^ゞ
(グーグルの地図の距離測定ツールというのを使って測ってみました)

今の時期雑木林で目立つのは木に絡まっている緑色のキヅタか茶色くなったヤマイモの種です。
フラフラと揺れてとてもハートを3つ組み合わせたユニークな形です。


ヤマイモ(山芋)の種
別名:ヤマイモ(山芋)、ジネンジョ(自然生、自然薯)
ヤマノイモ科ヤマノイモ属

ヤマイモの花が咲いていたのは夏の頃でしたからもう半年くらい経っていますね。

オニドコロも種になっていたのでついでに載せちゃいます。
こちらはずい分盛大になっています。

s-IMG_3885.jpg
オニドコロの種(鬼野老)
別名:トコロ(野老)
ヤマノイモ科

どちらも綺麗に乾しあがってドライフラワー状態になっています。
下向きがヤマイモ、上に向いているのがオニドコロでした。
時々復習をしないと忘れそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日から2月です。
寒いといっても今シーズンはまだ雪が積もっていません。
ここらあたりは都心に通う人も多いのですが毎年冬場は数回雪が積もって雪かきなどもやります(それ用のスコップも持っています)。
昨年は梅の木に雪が積もっている写真を撮りましたからちょうど今頃降ったのでしょう・・・

実際に積もると結構交通マヒやら事故で良いものではないのですが降らないとなるとなんだか気が抜けてしまいます。
なーんていうと人間なんて勝手なもんだと・・・言われそう・・・

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

この人とブロともになる

QR