フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


冬も細々と咲いていたヒメオドリコソウもホトケノザと同様に色が目立ってきました。
花数もずいぶん増えてきて写真にも撮りやすくなってきたので取り敢えず何枚か撮ってきました。

厚いビロードのような葉っぱを着たヒメオドリコソウは暖かそうな服の間からピンクの毛糸の帽子を冠って顔をちょこんと出しているように見えますね。
寒い時は葉が赤紫ですが、温かくなると下から徐々に緑色に変化してきて、そのグラデーションの美しさにほれぼれとすることもあります。

ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
シソ科オドリコソウ属


ヒメオドリコソウ
横から見ると閉鎖花らしきものも見えています


ヒメオドリコソウ
少し下の辺りが緑がかってきました


他の花が少ない時期、この花の蜜はミツバチにとってはありがたいのですが、ホトケノザやヒメオドリコソウはアリに種を運んでもらって繁殖する植物です。
種に白いエライオソームというアリの好きな美味しい物質を付けることで、巣まで運んでもらうのです。
アリはそれを食べてしまうと種は放り出してしまうのですが、カタクリやカンアオイなども同じような「アリ散布植物」です。


----------------------------------------------------------------------------------------------

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

QR