フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


ホトケノザやオオイヌノフグリは冬の寒い時でも見ることが出来る貴重な野草ですが、やはりその時期が来ないと元気良く開いた花を見ることが出来ません。
少しずつでも暖かくなってきているのでしょう、オオイヌノフグリもしっかり花を開いて虫たちを待っているようです。

オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
別名:瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳
ゴマノハグサ科クワガタソウ属


オオイヌノフグリ
お日様が当たると大きく開きます


4枚の花弁のうち一つだけが小さいのがこの花の特徴です。

オオイヌノフグリ
こんな色のもありますがよく見ると花柱はピンクですね


早春の花というと山野草に目が向きがちですが、こんな小さな路傍の花も美しいものです。
明治初年に入ってきて広がったそうですが、一株当たり545個の種を作るそうですから、それもありでしょうね。



----------------------------------------------------------------------------------------------

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

QR