フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


サルトリイバラなんて、この植物名を初めて聞いた時は「なんて風変わりな名前だろう」と思いました。
意味はこの植物が持つトゲが猿に引っかかってしまうという意味なのですが、引っかかっているのを見たことはありません。
もちろん、人間だってそう簡単にはつかまりませんし・・・

でもこの時期になると、この赤い大きな実を見るのは楽しみで特徴的な葉っぱを見つけると、あの赤い実は無いかしらと探してしまいます。
今シーズンはまずまずの成果を上げていたようです。
なるほど「成果」って「成る実」って書くんですね。

サルトリイバラ
サルトリイバラ(猿捕茨)
別名:サンキライ(山帰来)
サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属


サルトリイバラ
葉っぱが特徴的です


サルトリイバラ
これは鈴なり♪


故郷の柏餅は柏の葉ではなく、このサルトリイバラの葉をお餅の両側に挟んで蒸します。
それが普通の柏餅だと思っていたら、こちらに来てビックリ。
でも、柏餅ですから柏の葉で当たり前なのですが、サンキライの葉の方が柔らかくて好きです。
薄い葉なので一緒に食べるといい香りがしていたような気がするのですが、もう遠い昔の話。すっかり忘れてしまいました。

赤い実は1cmもあるかと思うくらい大きな実でそれがいくつも付いているとまるでクリスマスですね。
実際にシーズンになるとクリスマスのリースに使われたりお花屋さんにも飾られているのを見かけます。

11月17日撮影



関連記事

コメント

あ~此れだ!

以前鉄ちゃん!してて近くにあった
赤い綺麗な実!!

そ~此れ此れ~~~^^サルトリイバラ!!
此処まで鈴なりではなかったですが(笑)

え~此の葉っぱで(柏餅)ですか?

こんにちは。

山の奥で、サルトリイバラは、絡まりあった有刺鉄線のように育っているんでしょうか。小さな傷もたくさんできたら痛そうです。
サルトリイバラの葉が柏餅に使われるとは知りませんでした。
ウチには、なぜかカシワの木があって何度か柏餅に使ったことがありました。

Re: あ~此れだ!

都人さん

アッ、同じものを見られましたか!?
サルトリイバラは大きな実なので印象深いですね。

ハイ柏餅の葉と言っていましたがよく考えたらカシワの葉だから柏餅。
サルトリイバラならサルトリイバラ餅となりそうですね。
でも、これは美味しいんですよ。

Re: こんにちは。

ひらちゃん

こちらではそんなに絡まったりしたのは見たことがないですが、もっとのびのび育つとどんな感じなんでしょうね。
サルトリイバラという名前は使われていなくて柏餅の葉っぱでした。
いい香りがしていたと思います。
カシワの木があって柏餅を作った記憶、いいなぁ~

サンキライ

きれいに色づいているのに出会えてよかったですね。
私はまだ見ていないかなと・・明日の調査会は行けないし、連休中に見られるといいんですが。
柏の葉を食べようとは思いませんが、こっちなら食べられそうです。
私の職場でも柏餅はサルトリイバラの葉で包むものだと思っていたという方がいます。
出身地はsage55さんのところよりもう少し西です。

Re: サンキライ

たけぽさん

これは探してでも見たいと思うんです。
多分尾根道では確実に見られると思いますが、他の所でもあるかも。
これは美味しかった記憶がありますが、今も作られているのでしょうか。
はい、関西から西ではこれが普通ですから、故郷に帰ったら画像をアップします。
美味しかったなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

QR