フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


先日のイヌホオズキの仲間(←Click)はやはりテリミノイヌホオズキという所で落ち着きました。
イヌホオズキの仲間は出来るだけ避けていたのですが、でもこれは基本中の基本のイヌホオズキです。
狭山丘陵ではアメリカイヌホオズキが幅を利かせていますが・・・

アメリカイヌホオズキに比べて少し大きめで、花弁の切れ込みが浅いのと花(果)柄が交互につくのがポイントかもしれません。

イヌホオズキ
イヌホオズキ(犬酸漿)
ナス科ナス属


イヌホオズキ
花柄は葉柄の付け根からでます


イヌホオズキ
花(果)序は総状で互い違いに付きます


イヌホオズキ
全体を見ると鋸歯のあるもの無いものいろいろですね


何か同定にイマイチ自信がもてないのですが、多分これはイヌホオズキで大丈夫でしょう。
あと狭山丘陵にはオオイヌホオズキというのがあるそうですが、それも機会があれば探してみたいものですね。

11月25日撮影

相変わらずお天気がパッとしません。
少し晴れたかなと思うとすぐに曇ってしまいますので思い通りに家事が進まないこともしばしばで、布団を干したくても干せなかったり、お天気に左右されることが多いです。
そうそう、太陽光発電だって影響を受けています。
昨年に比べると発電が少ないのに消費電力は増えています。
そう言えば再生エネルギーの補助金制度はどうなるんでしょうね・・・




関連記事

コメント

イヌホオズキ

今は緑の実ですが、、、熟れるとオレンジ色とかに
なるのですか?
又其れも見てみたい気がしますね~^^

オオイヌホオズキ!ですかー
探して見つけられると嬉しさも数倍でしょうね^^

こんにちは。

テリミノイヌホオズキ、というのがあるんですね。上の写真のつぼみのようすもかわいらしいですね。
安定しない天気が続きますね。
太陽光発電は、天気に大きく左右されてしまいますね。
国を挙げて取り組んでいるものでも、一言で変わってしまいますから困りますね。国が言うことくらい、安定してほしいものです。

Re: イヌホオズキ

都人さん

残念ながら色は黒っぽいと思います。
オレンジ色になるのはヒヨドリジョウゴやマルバノホロシかしら。
でも黒っぽいのも撮ってみたいです。
オオイヌホオズキが見つかるかなぁ、って考えると見つからなくて
ある日、どこかで会えるかもって思っていた方が良いかな。

Re: こんにちは。

ひらちゃん

えこひいきのようですがイヌホオズキの方がアメリカイヌホオズキより可愛いと思います。
もちろん、ツボミのクルンとしているのも・・・
太陽光発電、もっとなんとかしようという気はなくてできれば止めてほしいというのが本音かもしれないです。
本当に一言でガラッと変わってしまう世の中になったら怖いことがいっぱいおきそうです。

イヌホオズキ

花の形がいかにもイヌホオズキらしいですね。
総状の花序もこれだけはっきりしていたら間違いなさそうです。
狭山丘陵はアメリカとテリミが多いように思います。
テリミは実がやや横長で、黒くなると艶があるので分かりやすいのではないでしょうか。
花は小さめのが多いみたいです。
・・といいつつ、毎度悩んでしまうわけですが~。

Re: イヌホオズキ

たけぽさん

ハイそう思いました。
タイミングよく分かりやすいのが撮れましたので良かったです。
アメリカはわかるのですがテリミノ方はイマイチよく分かりません。
次回同じところに出来ている黒くなった実を見に行って観察してみます。
やっと教えて頂いてボチボチです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

QR