フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


クロヤツシロランの果実の殻が見られると聞いて、いつもは行かない所に出かけてみました。
なるほどこんな場所にも咲くのかと思うような所で、面白いものだなぁって感心してしまいましたよ・・・

花は9月の終わり頃地上すれすれに咲くのですが、花後は茎が伸びて今日見たものは、30~50cmもあろうかというものでした。
実が割れて中から種子が飛び出していくみたいで、まるでアンティークのランプのようです。

クロヤツシロラン
クロヤツシロラン(黒八代蘭)
ラン科オニノヤガラ属


クロヤツシロラン
高すぎて倒れていました・・・


クロヤツシロラン
これもランです
3年ほど前に撮ったものです


花の時には下の方に咲くというのは媒介する昆虫の生態によるものなのでしょうか?
なんて言ったってこんな黒っぽい花では目立たないので、花の華やかな色を目当てに来るのではなく、良い匂いのするミツを出すとかしているのでしょうか。
そして種子を飛ばす時にはより遠くにと、高く伸びているのでしょうか・・・
もしかしたらなかなかの知恵ものかもしれません。





関連記事

コメント

ラン

ラン!と言えば、、、少し華やかなってイメージが
ありますが、、、此れは枯れてるのかと思うほどですね^^
俺が虫なら寄り付きませんがね^^

とても素敵な香りがするのかな(笑)

こんにちは。

ずいぶんと地味目な花が咲くんですね。
カンアオイはいつまでも低いままですが、クロヤツシロランは、ずいぶん高く伸びるんですね。
花の時期でも、みつけるのはたいへんそうな感じがします。

Re: ラン

都人さん

そうなんですよ!
こういうのって普通のランとは雲泥の差ですが、可愛いです。
おっ近寄りませんか?
もったいないので見かけたら観察してください。
香りはあるんでしょうか?
いずれにせよ虫が寄ってくる何かがあるんでしょうね。

Re: こんにちは。

ひらちゃん

そうなんですよ。
近くにあっても見落としてしまいます。
今日見たものはホント大きかったです。
花の時期も何年も通って初めてわかるということもありそうです。
その位見つけにくいです。

クロヤツシロラン

落ち葉に埋もれてしまうと花を探すのはものすごく困難ですね。
花後に大きく伸びるので、その場所を思えておいて花期に周辺を探すっていう感じでしょうか。
これはあちこちにたくさんあるようで、まぁこれだけ花が地味なら気が付いてないだろうと思ってしまいます。
ホコリか糸くずみたいな種ですね。

Re: クロヤツシロラン

たけぽさん

ちょうど落ち葉がたまるような所に生えていますね。
確かに、そのやり方が良いのかもしれないです。
これは発見困難で伸びた花茎を見ても枯草にしか見えないです。
そうそう種も・・・もっと中にあるのかななんて思ってしまいますが。
本来これがそうなのでしょうか?

この手の花はだいたいハエを使って受粉させますよね
やっぱり臭いのでは?

Re: タイトルなし

けんさん

なるほどそうかもしれないですね。
滅多に見れない花なので次回見つけた時は嗅いで見ましょうか・・・
でも臭いのはいやだなぁ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

QR