フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


オジギソウは言葉としてはなじみ深い花の名前ですし、かつては見たことがあったような気がします。
そうそう、葉に触ると閉じちゃうあの植物ですが野原に咲いているわけではなかったんですね。
子どもの頃、園芸好きのお年寄りが栽培する軒先の植木鉢に植えられていたのを面白がって触ったのか・・・
一時的に流行ったのかもしれないですね。

あれからずいぶん経ったけれど、久しぶりで見たような気がします。
南方系の花で冬越しが出来ないので日本では一年草・・・春に種を撒いて花を楽しみ冬には枯れてしまいます。暖かい沖縄では多年草で栽培できるそうです。

オジギソウ
オジギソウ(お辞儀草、含羞草)
別名ネムリグサ(眠り草)、ミモザ
学名:Mimosa pudic
マメ科ネムノキ亜科


オジギソウ
ピンクのぼんぼりがかわいいです


そう言えば夏に咲くネムノキによく似ていると思ったらマメ科ネムノキの仲間のようですね。

ミモザというと黄色いボンボリのような花が沢山付くマメ科の花の木を想像します。これも少し前に流行って玄関先などに植えられていましたね。ミモザサラダもサラダの上に固ゆでにした黄色い卵の黄身をのせています。
でもこれはマメ科のギンヨウアカシア(銀葉アカシア)というアカシアの仲間です。

本来のミモザは学名(学名:Mimosa pudic)を見て頂くと分かるように、このピンクのオジギソウなんですね。

同じ鳥ばかり載せているし寒いので今日は気分を変えて暖かい地方の花を載せてみました。




関連記事

コメント

こんにちは。

オジギソウ、かわいらしい花ですね。ピンクがきれいです。
葉っぱもかわいらしいです。
ミモザサラダ、って、そういうことから名付けられたんですね。
ミモザの本家はこちらだったんですね。

オジギソウ

なんだか懐かしい花です。
小学校の観察日記とかの題材だったような・・
10年くらい前に、たぶんうちの子どもの教材か何かだったのか、庭で咲いていたのを覚えています。
ネムノキの仲間といわれたらなるほどという花の形、葉の姿ですね。
温かいところの花・・これから明日の朝にかけて雪が降るとか。

Re: こんにちは。

ひらちゃん

オジギソウは子供の頃に見たのですが花は咲いていた記憶はありません。
葉っぱを触ると閉じるのが面白かったです。
ミモザサラダも以前に比べると聞かなくなりましたね。
ミモザの正式名はギンヨウアカシアだったんですね。

Re: オジギソウ

たけぽさん

懐かしかったので載せてみました。
子どもの頃よく触ったのはどこでだったんでしょうね。
教材にも使われていたんですね。
ギンヨウアカシアやオジギソウもネムノキによく花の雰囲気が似ているのに初めて気が付きました。
寒くなりそうですね。雪が降らないといいのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

QR