フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


スズメのチュン?まさかね、さすがに丘陵のこの辺りにはスズメはいません。

ホオジロやカシラダカはちょっと目にはスズメに見えてしまいますが、冬にしか見られない渡り鳥です。
スカンジナビア半島からカムチャツカ半島までのユーラシア大陸の北部とアリューシャン列島で繁殖し、冬場になるとはるばると日本にやって来ます。

この鳥もいつも餌を探しているように見えます(笑)

カシラダカ
カシラダカ(頭高)
スズメ目ホオジロ科


カシラダカ
皆さん初めは無警戒のようでしたが・・・


カシラダカ
徐々にカシラが立ってきました


近づいていったので警戒しているのでしょう。このあと、パーッと一斉に飛び上がって近くの木に飛んで行ってしまいました。

スズメもそうですが、カシラダカはホオジロにも似ています。
見分け方は頭頂部のモヒカン頭と背中の網目模様が目印です。
集団行動しているのはカシラダカかスズメですが、スズメの方がより人間好きのようで民家に近い所で暮らしています。
人間の顔が見える所にしか住まないのがスズメ、人間が去った集落にはスズメも居なくなるそうです。

そういう生態を知るとスズメにはより親しみが沸きますね・・・
アッ、今日はカシラダカが主人公だったのに・・・




関連記事

コメント

カシラダカ

裏山でも良くいますね。
そう言えば今年はミヤマホオジロが来てないようですね。
去年が当たりだったのかな?

スズメは人間が居ないと生きていけないとか。
ただスズメが激減していると聞きました。
今の住宅事情があるようで、昔は隙間があったけど今は巣を作れる隙間が無いからカラスの餌食になる確率が高いとか・・・

こんにちは。

スズメかと思いました。カシラダカだったんですね。モヒカンが立っていないと私には区別がつかないかもしれません。
「人間が去った集落にはスズメも居なくなるそうです」、スズメは人の暮らしのそばで生きているんですね。
かつては、屋根瓦のすき間などに巣を作っていたそうで、今のような密閉された住宅では巣がつくりづらい、と聞いたことがあります。

Re: カシラダカ

かずさん

そうですね、あの場所でもよく見かけますね。
ミヤマホオジロを撮っている人たちを見かけないので来ていないのでしょうね。
昨年は人が多過ぎてビックリしたのかもしれないですね。
スズメやツバメは人がそばにいれば安心と思っているのかもしれないです。
最近カラスが家の庭にも来るようになって嬉しくないのですが・・・
スズメはキチンと庭やお向かいの屋根で遊んでいますけれど・・

Re: こんにちは。

ひらちゃん

スズメもよく似た行動をするのでうっかりすると間違えそうです。
人間がそばにいると、大きな鳥が来ないし守られているような気がするのでしょうか?
適当な距離感で付き合えるのが良いですね。
スズメノ居ない庭は寂しいですから、ずっといてほしいです。
巣は確かに屋根が無いと作りづらいと思います。

カシラダカ

これはホオジロによく似ていますね。
群れで地面をせっせとつついてますが、一体なにを食べているんでしょう。
それにしても小さな体ではるばる海を越えてやってくるのはすごいですね。

Re: カシラダカ

たけぽさん

本当によく似ています。
ホオジロだってトサカの毛を立てますものね。
何を食べているのかスズメも一生懸命地面と突いていますね。
渡りをするのは風の流れもあるし大変な能力でホント驚いてしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR