フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


ジロボウエンゴサクなんて名前からして変わっていますが、その姿かたちも変わっています。
その昔、ジロボウエンゴサクのことを「ジロボウ」、スミレは「タロボウ」と呼んだそうです。
子どもたちは草相撲をするのにジロボウエンゴサクやスミレを使ったそうですが、「タロボウ頑張れ!」とか「ジロボウの勝ち!」なんてやっていたのでしょう。
何とのどかなことか・・・

場所によるのかもしれませんが、この花の色もいろいろで、まとめて見ると色の違いがよく分かります。

ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)
ケシ科 キケマン属


ジロボウエンゴサク
ピンクや



ジロボウエンゴサク
まだらなものや


ジロボウエンゴサク
薄い紫色などもあります


形もとてもユニークでまるで小さな魚があっちこっちに向いているようです。
色もいろいろなのはその土地の違いによるのかもしれないですね。

スプリングエフェメラルの一つで春のきらめきの中で現れ早春に花を咲かせると夏まで光合成をおこないその後は消えてしまいます。
早春に現れる美しい花たち「春の妖精」ですね。





関連記事

コメント

ジロボウエンゴサク

やはり北側の方が色が濃いように思えますね。
寒さの影響が出るのでしょうかね?面白いです。

ジロボウエンゴサク

本当にユニークな花の形をしてますねー
色も沢山あって、、、

俺的には最後の淡い紫系が良いですね^^

Re: ジロボウエンゴサク

かずさん

そうですね、場所によってずいぶん差があります。
北側の方が濃くて色も複雑かもしれないです。
寒さの影響もあるでしょうね。

Re: ジロボウエンゴサク

都人さん

はい、とても変わった形をしています。
色はよく見ないと気が付きませんが様々でそれも一つの特徴です。
淡い紫のジロボウは最後に撮りました。

ジロボウエンゴサク

花の形はムラサキケマンにそっくりですね。
おっしゃるとおり、花の色は場所によってぜんぜん違うのがおもしろいです。
土壌の具合なのか、それともそういう色の遺伝子を持つのか・・
違う色が交じり合って咲いているのは見たことがないので、環境によって色が変わってくるのかななんて思っています。
いずれにしてもユニークな花です。

Re: ジロボウエンゴサク

たけぽさん

そうそう、よく似ていますね。
色がこんなに違うというのは面白いですね。
土壌か遺伝子かというとどちらなんでしょう。
私もよく分かりませんがどちらもかもしれないですね。
これは別のフィールドですがカタクリが咲く所で撮りました。
こういう変化は楽しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

QR