フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


丘陵では毎年確実に見られるこのヒレハリソウは別名をコンフリーといって、以前は健康食品として知られていていた花です。
その後、肝機能障害を起こすということで今ではどちらかというと悪者扱いになってしまいました。

実際に大きくて毛むくじゃらな葉っぱを見るとあまりいいイメージではないのですが、花はなかなかビジュアル的な雰囲気で私は好きです。

色は白から赤紫まで、段階的に違う色を咲かせます。
花序はちょっとアンモナイトを思い浮かべてしまうような面白い形をしています。

ヒレハリソウ
ヒレハリソウ(鰭玻璃草)
ムラサキ科ヒレハリソウ属


ヒレハリソウ
この色もきれいですね


ヒレハリソウ
クリームがかった色も


ヨーロッパ、西アジア原産で明治時代に家畜用の餌として導入されたそうですが、確かに生命力の強い植物で刈ってもすぐ芽を出して再生します。
ヨーロッパでは、伝統的に根や葉を抗炎症薬や骨折を治療に用いていたといいますから薬草としての能力はあるようです。
日本では現在は厚生労働省がコンフリーを含む食品を摂取、販売を禁止しています。

毒草と薬草は表裏一体、多く用いてはいけないということなのかもしれないですね。




関連記事

コメント

ヒレハリソウ

そう言えばここ数年、これは撮ってないですね。
見かけても民家で見かけるくらいかな?
この時期はあまり近づかないしな・・・(笑)

こちらでも咲いています

今年はまだ確認しておりませんが、当地にも咲いている筈です。
この植物、遠目でも良く判りますね。

Re: ヒレハリソウ

かずさん

まぁ、そんなに価値がある花でもないかな・・・
というと花がかわいそうですね。
花の形に惹かれてやはりたまにとっています。
ブログに載せるのも何年かに一度くらいになっています。

Re: こちらでも咲いています

MKさん

咲いているでしょうね。
日本全国どこでも見られるんでしょうね。
大柄なので目立つのかもしれないですね。

コンフリー

葉が大きくてよく目立ちますね。
段つきの花と、とぐろを巻くような花序が印象的です。
植物は何かしらの有毒性分を含んでいるほうが多いんじゃないでしょうか。
ジャガイモですら体に害を及ぼさない程度のソラニンを含んでますし・・

Re: コンフリー

たけぽさん

よく目立つし、面白い形でわりと好きなかたちです。
ティアードというのも特徴でしたね。
ほとんどの植物が何らかの形であるかもしれないですね。
それもあって生態系のバランスがとれているのでしょうね・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

QR