フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


この花も毎年見に行く花。
芽が出て独特の葉が見えてくるとなんかホッとします。
「あぁ、今年も大きくなってきた、よかったよかった」みたいなl・・・

それにしても、もう少し増えてほしいものですね。

コイケマ


コイケマ


コイケマ
風車のように花冠を少し捻って開きます


コイケマ
花冠の内側に副花冠、茶色の捕捉体、雄蕊と雌蕊が合体した蕊柱という複雑なつくりです


同じキョウチクトウ科(旧ガガイモ科)のガガイモなど、どこにでも生えているのに、なんでこのコイケマやイケマ、キジョランを見ることができないのでしょうか?
ガガイモを除くと莢が付いているのを見たのはコバノカモメヅルとオオカモメヅルが一度だけです。

この子たちはどうやって生き延びてきたんでしょうか?
何か今の世の中で生きにくいことが出てきているのでしょうか?




関連記事

コメント

ぱっとみ、、地味な花の様に
感じますが最後の絵を
拝見したらとても複雑で
驚きました^^

梅雨は何処えやら、、、
今日も暑い一日でした(笑

Re: タイトルなし

都人さん

地味な花ですよ、でもとても形が変わっているし
葉もなかなか見事なんですよ。
観葉植物のようです。
暑かったみたいですね。
こちらは寒いくらいでした・・・
明日はまた暑くなるようですけれど(^-^;

こんにちは、このところ、林内の雑草取りに追われています。
つい機械的に抜いてしまうのですが、sage55さんの写真を見せていただくと、どんな花も美しさを持っているのだと気づかされました。
でも、繁殖力旺盛な帰化植物だけは、花を見ることなく、除草させてもらいますが・・・。
メジロは、あんがいお腹のなかの羽は黒くて、腹黒いですよね^^

コイケマ

今年もよく育っていますね。
ただ、数が増えているようではないのが心配です。
もう少し個体数が増えてくれるといいのですが・・
もしかしたらここのがなくなると北多摩地区絶滅かもしれませんし。
ガガイモの仲間は、花の構造が興味深いですね。
最後の一枚、よく撮れましたね~。

Re: コイケマ

たけぽさん

株自体は大きくなっていますね。
年々花も増えているように思いますが、何せ一株ですから・・・
以前、裏側の木に巻き付いているのを見たのですが、やはり陽がある程度当たるのも大事なのでしょうね。
ガガイモの仲間には私も興味があります。
今日はジョウシュウカモメヅルを見に行ってきました。
これもまた、気になることばかりです。

> 最後の一枚、よく撮れましたね~。
ありがとうございます、高いところに咲くので難しかったです。

Re: タイトルなし

min628さん

お忙しいのですね。
うちでも菜園の手入れや植え付けなど忙しくしていますが、広さが違いますよね(^^)。
手近な花たちを時々見に行くのも楽しいものですが・・・
地味な花たちの生命を見守るのも大事なことで、宝物を見つけるような気がすることもあります。
帰化植物には困りものですが・・・
時代の流れで植物もグローバル化しているのでしょうか。

> メジロは、あんがいお腹のなかの羽は黒くて、腹黒いですよね^^
エッ、そうだったんですか・・・
納得です、水浴びの後だったのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR