フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


丘陵ではフユノハナワラビやオオハナワラビをよく見かけます。
夏の終わりごろからワラビに似た栄養葉を出し秋になると葉の間から胞子葉が伸びてその姿が花のように見えるのでハナワラビというようです。

今はちょうど胞子葉を出しているので目立ちますが、普段はほとんどスルーしてしまいます。
たまたま撮った写真があって帰ってから見返してみると・・・
おや、この胞子葉には胞子嚢がなくて、何か小さなひらひらしたものがついています。
これは胞子を放出した後なのでしょうか?

オオハナワラビ
オオハナワラビ(大花蕨)の胞子葉 11月末撮影
ハナヤスリ科ハナワラビ属


大きく見えるようにトリミングしてみました。

オオハナワラビ
胞子を放出した後の胞子嚢?


普通に見かけるオオハナワラビの胞子嚢を付けた胞子葉です。 

オオハナワラビ
胞子嚢を付けたオオハナワラビの胞子葉 10月撮影


いろいろ調べてみたのですが、ネットでは見つけることが出来ませんでした。
ご存知の方教えてくださいね。



----------------------------------------------------------------------------------------------
関連記事

コメント

オオハナワラビ

わたしは、今までに「フユノハナワラビ」に一度しか、出会ったことがないように思います。
山の墓地で、出会いました。
フユノハナワラビもオオハナワラビも、こちらにもあるようなのですが・・・。

オオハナワラビ

口が開いているから胞子を飛ばした後でしょう。
しかし今年は胞子葉が立っている物が少ないですね・・・

Re: オオハナワラビ

nonohana626さん

こちらでは思いがけないところに咲いていることが多いです。
登っていると階段の縁などでも咲いていたりします。
どこかに咲いているのを見つけられるといいですね。

Re: オオハナワラビ

かずさん

こんな風になっているのは初めて見たのでビックリでした。
そうなんですか、立っているのでないと気が付かないのですが・・・
少なかったんですか・・・残念!

オオハナワラビ

胞子が成熟した状態だと丸い玉のようになっているので、胞子を放出したあとだと思います。
確かに、今年は胞子葉の立っているのが少ないかもしれません。
異常な天候の影響ではないでしょうか。

Re: オオハナワラビ

たけぽさん

やはりそうですよね。
放出後の姿は初めて見たのでなかなか興味深いなって思いました。
今年はやはり少ないのですか・・・
天候の影響は確かにあるでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR