フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


今年はイカルの当たり年なのかしら・・・と思うくらい毎回ここに来ると見かけます。
ウソやアトリも来ているというのですが、どれもアトリ科で嘴(クチバシ)が厚ぼったく蠟でできているように見えます。
別名を蝋嘴鳥というシメなどもそうですが、アトリ科ですね。

これらの鳥はほとんど木の上で群れていて集団で移動しています。
イカルもいつも集団でいますが、カラスなどが来ると一斉に飛び立ってしまいます。案外臆病なのかもしれませんね。

↓click here 大きな画像が見られます
イカル
イカル(鵤、桑鳲)
スズメ目アトリ科


イカル
この芝生にはウワミズザクラの木がありますから
落ちた実を食べているのかもしれないですね


ホラ何か口にくわえている♪

イカル
日の当たるところに出てよ!


イカルはなんとなくひょうきんなイメージの鳥ですが、この日は一心不乱でした。食事中は一生懸命で餌探しに夢中でした。
私は近づいても平気したが、カラスがやってくると集団で泡を食って逃げるのですから、私よりカラスの方が怖いと知っているのでしょうね・・・

        

2月になってしまいました。あっという間に一月は終わりです。
今朝、テレビで「今日から如月ですね」・・・といっている。
そうか、旧暦の月っていうのもあったなぁ、と思って12ヶ月全部言ってみようとしたら、度忘れしている月があって、自分でもびっくりしてしまいました。
最近よく感じるのですが、自分では常識と思っていたことを忘れてしまっていることがあります。
まぁ、すぐ思い出すことが多いのですが、完全に抜け落ちてしまっていることもあって、思い出に残っているはずの旅行も「えーそんなところへ行ったっけ」なんてこともあります。
あーあ、こういうのを「老人力」といっていた人もいましたねぇ・・・
これって、忘れることで再生するって意味もあるのかもしれないな・・・



----------------------------------------------------------------------------------------------
関連記事

コメント

イカル

イカルさんなのですね。
嘴が、ほんとに分厚いですね。
その嘴でまあるいものを、銜えていますね。
私なんて、忘れたことすら忘れています。

Re: イカル

nonohana626さん

イカルをはじめ今年は嘴の暑い鳥がたくさんやってきています。
いかつい顔ですが、これが怖がりで愛嬌があります。
忙しそうに餌探しをしています。
忘れてしまうのもいいことがありますよね。

イカル!嘴が厚くても
餌が上手く食べれるんですんね~^^

俺は最近歯を抜いて(治療中)で
上手く食べれなくて困ってます(笑

Re: タイトルなし

都人さん

この嘴でうまく食べるものですね。
案外、このアトリ科の仲間は食いしん坊のようです。

あらら、歯を抜いちゃうなんてもったいない・・・
食べるのしばらく大変ですね。
でも食べてくださいね。

イカル

大きなくちばしが独特ですね。
これは分かるかなと思います・・
人間は忘れるから生きていける、なんていう人もいましたがそうかもしれません。

Re: イカル

たけぽさん

そうですね、まるでインコやオウムのようです。
この仲間は独特の雰囲気を持っています。
本当に、忘れっぽくなりました。
実際に忘れっぽかったり、道が分からなくなったりと同世代全体にそういう傾向があります・・・

あぁ、自分も1月と4月が出てこなかったです orz

Re: タイトルなし

けんさん

えっと、私は7月11月が出てこなかったですね。
こういう事が増えましたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR