フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


日本全国で見られるというナンバンギセルは万葉集にも出てくるそうですが、ここら辺りではそんなに簡単に見つかる花でもないようです。
ただ咲いている場所を知っているので毎年楽しみに見に行く花の一つです。
埼玉県では絶滅危惧種Ⅱ類、長野県や山形県では絶滅種になっていて、数年前まで北側の埼玉側でも見られていたのですが、今年はまだ確認できていません。

ナンバンギセル
ナンバンギセル(南蛮煙管)
ハマウツボ科ナンバンギセル属


ナンバンギセル
花は筒状で先はフリルのように5裂します


ナンバンギセル


ススキ、ミョウガ、サトウキビの根に寄生する事が多いようですが、こちらではほぼススキの場合がほとんどです。

----------------------------------------

そういえば、今日歩いてレモンエゴマ(←click here)の生える場所を通りかかったら、草刈り隊の方にお会いしました。
ちょうど、レモンエゴマの少し手前まで刈り込まれていて、「ここも刈るんですか?」と聞いたら「希少種以外は刈ってください、と言われていますからねぇ・・・、うちでは刈らないことには仕事にならないです、もしあれでしたら管理事務所に言ってみてくださいよ」
と言われ管理事務所にトコトコと訪ねていきましたが、ここでも同じような答えでしたから、あきらめました。

ところが、ナンバンギセルを撮っていたら管理事務所の方がいらして「少しだけ残しておきましたよ」とのこと。
良かったなぁとホッとしました。
以前も「アキカラマツ」「キハギ」の情報を聞いてくださって残してくださったのでありがたいことです。
希少種だけ残しておくのではなく、多少は普通の野草もあっていいんじゃないかしらと思うのですがどうでしょうか?
当たり前の雑草だっていつ絶滅危惧種になるかもしれない時代ですから・・・
まぁ刈り込んでも脇芽が出る可能性もありますから完全に消えてしまうことはないし、他の所でも見られるのですが・・・

レモンエゴマは大正2年(1913年)に高尾山で初めて発見された植物で葉をもむとレモンの香りがします。
全国的にはどういう状況かわかりませんが、ご存知の方は教えていただければありがたいです。




関連記事

コメント

赤紫の筒状の花がとっても
印象的ですね~^^

管理事務所の粋なハカライで
残していただき良かったですね^^

Re: タイトルなし

都人さん

これはとても珍しい花の形で、私もここに来るようになって知りました。
もちろん図鑑では知っていたのですが・・・
色も形にも惹かれますね。

管理事務所の方に感謝です。

ナンバンギセル

そうか、これも時期ですね。
次の週末で間に合うといいんですが。
草刈りは定期的にやったほうが植生が豊かになるとか。
でも部分的に刈り残しを作っておいてもらいたいものです。
ちょっと前まで刈り残しの草藪があったように思うんですが・・

Re: ナンバンギセル

たけぽさん

ナンバンギセルは次々と咲くので大丈夫だと思います。
草刈りが必要なのは十分わかっているのですが、多少は残してもらいたいなと思います。
何でもかんでも刈ってしまうと希少種だけが蔓延ったりしないのかしらと・・・
ほどほどがいいのでしょうね。
でも、手加減が難しいのかもしれないです。

ナンバンギセル

気がつけば、この花とも、長い間、出会っていません。
あまり、遠くへも出かけなくなりました。
一人で、車を走らせるのですが、県境近くで歩いていると、何か音が、見上げると、少し上の山を熊が歩いていました。
それ以来、こわくて、あまり遠出ができません。

Re: ナンバンギセル

nonohana626さん

こちらでも北側の方は消えてしまったように思います。
どこかで咲いているといいのですが・・
熊がいたら怖くて逃げてしまいますね。
どうぞ無理をなさらないで、野の花は他にも沢山ありますから・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR