fc2ブログ
04.15
Mon

買い物がてら入間川の河原に花見を兼ねて行ってみました。
暖かい日だったせいか散歩がてらの花見客がのんびりと歩いていたりして長閑なものです。
川も緩やかに流れて川岸のオニグルミやサイカチの木にも若葉が見えています。
突然、ピーピピピッーという高い鳥の鳴き声が・・・近くにカワセミがいますね。
声が聞こえる方に行ってみるといましたよ~♪

カワセミ
男の子のようですね


カワセミ
ちゃんとオレンジ色のお腹を見せてくれました・・・でもね


カワセミ
パーッと飛んで行ってしまいました~
急だったのでこんな写真になってしまいましたよ


ここは魚が豊富なのでしょう、サギやカワウが洗われることもあります。
その中で常時いるのがカワセミですので行けばほぼ見られるのがうれしいですね。
たまにゴイサギも現れるようですよ。

今日は少し遠出してきたのですが月曜日なのにどこも人が多いですね。
山の方はこちらとは違う花がかなり咲くのですが同じ花も咲いています。
以前は多少のタイムラグがあったのに最近はほぼ同時なのかもしれません。



comment 6
04.14
Sun

暖かい日にはできるだけ出かけるようにしてします。
まだそよ風とはいかない中を歩いているとしっかり春が来ているのが分かります。
もうすぐ蕾がはじけ開きそうな木の花や葉を展開したりすぐにでも花を咲かせような野草もあります。
アッと気がついたらニワトコやモミジも花を付けていました。

モミジ
イロハモミジ(いろは紅葉)
ムクロジ科カエデ属


モミジ
もう美しい若草色になっていました


しばらく草むらを進んでいくと、オヤッこんな所にもニオイタチツボスミレが咲いているではないですか。
丘陵では限られた所でしか見られないと思っていましたが、まだまだ知らない場所でも咲いているのかもしれません。

ニオイタチツボスミレ
綺麗なニオイタチツボスミレは立ち姿がいいですね


ニオイタチツボスミレ
雑草の中に咲いているのでうまく撮れません・・・


すっかり春らしい空気の中を歩くのは楽しいですね
ただいまの時期は畑や庭の手入れも忙しくなかなか出かけられません。

----------------------------
そういえば今日はトイレの電球が切れてしまった。
たまたま買い置きがあったし取り換えも出来たのだけれど、一人だったらどうにもならなかったでしょうね。
家にある家電もそろそろ10年くらい使っているので心配ですね。



comment 6
04.13
Sat

まだ咲いていないと思ったのですが念のため見に行ったら咲いていましたよ。
ここのコバノタツナミは秋から冬にかけても咲くし春もかなり長く咲いているようですね。
ビロードタッチの小さな葉が特徴の小さなタツナミソウの仲間です。
この先この丘陵ではタツナミソウ属はオカタツナミソウとタツナミソウが見られます。

コバノタツナミ
コバノタツナミ(小葉の立浪)
別名:ビロードタツナミ
シソ科タツナミソウ属


コバノタツナミ
花が波のように見えるのでこの名前が付きました


コバノタツナミ
まだ咲き始めですから次々と小さな波頭が押し寄せてきますよ


丘陵ではここでしか見たことがありません。
植栽ではという話もありますが確かに初めて見た時もどうしてここにとは思いました。
意外と車が通るところで道端に咲いているし笹が押して来ているようなので心配ですが今年も健気に咲いていました。

----------------------------
温かかったり寒かったりで落ち着きません。
気になっていた14年前の古いエアコンを買い換えました。
理由は掃除が難しくなってきたからです。
型落ちで23年式のもの10年保証を付けて14畳のダイキンで188,000円でした。
この先買い替えをしなくて済むといいのですが・・・



comment 6
04.12
Fri

自然公園になっている丘陵の桜はヤマザクラがほとんどですが・・・
一部にアスレチック設備があったり運動場などになっている所もあり桜が植えられています。
桜の時期になると植栽とはいえやはりピンクに染まる景色には心打たれますね・・・
今までこんなに沢山の桜の景色をを載せることは無かったのですがこの風景は捨てがたかったです。

さくら
桜の木の間から遠く大山や高尾山・陣馬山方面を望む絶景ポイント


さくら
市街地も桜に彩られて見えます


さくら
丘の向こうは桜また桜と続くみたい・・


さくら
いつも歩いている普通の道も桜のトンネルになっています


いっせいに桜が咲き満開を迎えるといつもの景色がこんなに違って見えるのかと改めて思いました。
休日以外はそんなに人を見かけることもないのにこの時期はかなり人が来ていましたよ。

今日はもう葉桜で桜の季節はあっという間に終わってしまいましたね。
不順な天候が続く中でしたが今年もそれなりに桜を楽しめたことに感謝です。



comment 6
04.11
Thu

マキノスミレとハナイバナを見た時に咲いていた他のスミレも載せてみます。
ヒメスミレは普通濃い紫色のことが多いのですがここのはグラデーションになったものもあります。
小さいものもありますが割と大きな株で全体に大きいですね。
フモトスミレは葉がスッとした鋸歯のあるハート形で斜めに広がります。
時期的に終わりに近づいているせいもあるのでしょうね。

ヒメスミレ
ヒメスミレなのですがグラデーションできれいです


ヒメスミレ
このヒメスミレは大きな花を付けています


フモトスミレ
フモトスミレもスッとして丈があります


ニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレも背が高いです


いつもフィールドで見かけるのと同じ花ですがこんなに違いがあるのかと毎回思います。
基本同じシーズン中に同じ花を載せることは少ないのですが、気になったり面白い場合はあえて載せていくことにしています。
すぐ近くなのに花も個性があるものだなと度々感心してしまいます。



comment 4
04.10
Wed

ハナイバナはありそうな花なのに丘陵ではあまり見かけませんね。
全くないわけではないのですが・・・
というわけで今回も別の所で撮りました。
花が葉と葉の間に咲くのでハナイバナ「葉内花・はないばな」といいますがこの漢字では初めて見るとなんて読むのだろうと思ってしまいますね。

ハナイバナ
ハナイバナ(葉内花)
ムラサキ科ハナイバナ属


ハナイバナ
キュウリグサによくにています


ハナイバナ
花冠は淡青紫色で径2mm、副花冠も同じ色です


ハナイバナ
葉と葉の間のに花があります


午前中は浮かれて桜の花見に出かけてそのついでに撮りました。
なんて言ったって花が小さいのよね~

午後はあれこれと別件で忙しくしていてアップが遅れたしPCとスマホ操作で少し疲れました。
目が悪くなるし肩は凝るし、俗にいうスマホっ首かなぁ・・・



comment 4
04.09
Tue

今年も別のフィールドにマキノスミレを見に行きました。
小さなすみれですがスッとした立ち姿とくすんだような微妙な色合いの花色が魅力で、毎年見に行くのが楽しみです。
今年も無事に見つけられて良かったです。
近くに伐採された大きな木々が置かれていたのは意識的なのかどうか分かりませんが、すぐ横だったので心配です。

マキノスミレ
最初に見つけたのはこの株、大丈夫かなぁ・・・


マキノスミレ
次はこれ、一番いい色でした


マキノスミレ
少し暗いけど立派な株でした


マキノスミレ
このすぐ横に大きな伐採された丸太がありました


ご存じのようにマキノスミレは植物学者の牧野富太郎先生の名前を冠して付けられました。
その由来が理解できるような可憐なスミレですね。
この辺りにも何度か訪れたという事なのでこのスミレを見られたかもしれませんね・・・

今日はすっかり雨の一日になりそうですね、ちょっと肌寒い日です。
窓から見える桜の花はまだもっているようですね。



comment 6
back-to-top