FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


そういえば、昨年初めてイヌビワを見たのをすっかり忘れていたのですが、今年はこんな天気ですしどうかなと思ったら・・・
きちんと咲いていましたよ。
琵琶といってもイチジクに似ていますし実際にイチジク属です。
天気にも関わらすホソバイヌビワの方も元気に枝を伸ばしていましたから、樹木は全般にお天気には左右されないのでしょうか。
花といってもイチジクと同じように実のように見える雄花序の中にはイヌビワコバチの幼虫が寄生し、この蜂によって受粉します。

イヌビワ
イヌビワ(犬枇杷)
クワ科イチジク属


イヌビワ
雌花序と雄花序があり雌雄異株です


受粉の形態はちょっとややこしいので省きます・・・(^^♪

イヌビワ
これはホソバイヌビワで、イヌビワに似ていますが葉っぱの幅が違います
でも、それ以外は同じように見えます


さて、そろそろ梅雨が明けそうです。
これから暑くなりますね。夏ですから当たり前ですが、あまり暑くなりませんように・・・
昨年はほとんど一日エアコンのお世話になっていましたから・・・









別名の百両は秋が深まった11月に赤いきれいな実を付けることで付いた名前だと思います。
他にも赤い実が付くのでおめでたい名前が付いているものがあります。

丘陵でよく見られるのは十両、万両ですが、百両も所々で見られます。
ただ、一両、千両、億両(ミヤマシキミ)は限定的でほとんど見られない状態です。
この百両(カラタチバナ)は一時ほとんど見られなかったのですが、最近は幼木を所々で見かけるようになりました。

ちょうど花をつけたカラタチバナを見つけましたよ。

カラタチバナ
カラタチバナ(唐橘)
サクラソウ科ヤブコウジ属


カラタチバナ
白い花冠は皿状で深く5裂しています、雄しべの先に雌しべが覗いてますね


カラタチバナ
もう未熟な実を付けています
葉っぱには小さな鋸歯があるのも特徴です


今日は一日ムシムシした天気でしたね。
梅雨は開けていないのかしらん・・・

夕方は急な土砂降りで夏の夕立のようでした。







今年の梅雨はほぼ毎日雨が降っていて歩いて写真を撮ってブログに載せることを日課にしているsage55にとっては、困ったことです。
2018年は梅雨明けがずいぶん早くて7月の初めにはネムノキを載せていました。
今年、2020年の梅雨の晴れ間が無くて連続15日目を更新中のようですがネムノキの開花状況はどうでしょうか。
少し撮り遅れてしまいましたが、まずまずの状態の花が撮れました。

ネムノキ
ネムノキ(合歓木、合歓の木)
別名:ネム・ネブ
マメ科ネムノキ属


ネムノキ
白からピンクの美しいグラデーションの雄しべ、雄しべに付いている小さい黄色い点が葯だとか


ネムノキ
まだつぼみがたくさん見えています


さて雌しべはどこにあるのかな?と探してみました。
最後の写真の下の花はすべて雄しべが落ちて白い糸のようなものが見えていますが、これが雌しべです。
ピンクの雄しべの中にも注意してみると見えていますね。

ネムノキの名前の由来は「ネムリノキ」、葉は垂れ下がり夕方になると葉が閉じて小葉が閉じて眠っているように見える(就眠運動)に由来します。






先日、生い茂った雑木林の中を歩いていたら白い小さな花が落ちています。
さて、今頃咲く花は何だろうと上を見上げてみたら、そうだった!
リョウブの時期でした!
丘陵では普通に見かける木ですが、花期が短いのが難点で見落とすとあっという間に茶色くなってしまいます。
ツンツンとまっすぐ伸びた雄しべの葯は二股に分かれてサスマタのようですね。

リョウブ
リョウブ(令法)
リョウブ科リョウブ属


リョウブ
落ちている花を見て気が付いたのですが花の基部はくっついて5裂しています


リョウブ
そろそろ終わりかけていました


「令法」というと何か政治や法律に関係することがあって付いた名前なのでしょうか?
飢饉や戦争の時に領主の命令などで、この木の若芽をご飯に炊きこんで飢えをしのんだのかもしれませんね。

新芽をゆでたりてんぷらにするそうですが・・・








気になる花を探して尾根道を歩いていたら、フェンスから覆いかぶさるように白い房状の花が・・・
そうでした、ノリウツギも梅雨に咲く花の一つでしたね。

北海道に特有な花かと思ったら北海道から九州まで森林の林縁で見られる花のようです。
ノリウツギの名前は昔 樹皮から出る粘液を紙漉に用いたのが由来だそうです。

ノリウツギ
ノリウツギ(糊空木)
別名:サビタ、ノリノキ
アジサイ科 アジサイ属


ノリウツギ
両性花も咲いています


ノリウツギ
道にかぶさるようにノリウツギの花が咲いています


ノリウツギ
美味しそうな蜜に誘われてメスグロヒョウモンの雄もやってきます


梅雨の晴れ間にノリウツギの花の向こうに青空が透けて見えるのは素敵な瞬間です。
こういう時間があるから、やはり歩きに行こうかなと・・・






sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QR