FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


二階のベランダに干した洗濯物を取りこんでいて、ふと目を外に向けると、目の前の光ファイバーの線の上に小さな鳥が並んで止まっています。
スズメはよく止まっていますが、すぐ逃げてしまうのにこの鳥たちは逃げません。
よく見ると嘴(くちばし)の黄色いツバメの幼鳥のようです。
まだ「嘴も黄色いのに生意気言うんじゃない!」なんていいますよね。
今はそんな言い方知っている人の方が少ないかも・・・(笑)

ツバメ
ねっ、嘴が黄色いので幼鳥


ツバメ
羽を広げて飛ぶ練習かな?
「おかあさ~ん「」って呼んでいるのでしょうか・・・


ツバメ
お母さんがえさを持ってきてくれました


ツバメ
よく見ると隣に止まった子ツバメも口をア~ンと開けているんだけれど・・・


逆光だったのであまりきれいには撮れませんでした。
そういえば、この時期はツバメの家族がこの辺りで餌やりをしているのを見かけます。
あと一か月くらいしたら南の国にまた帰っていくのでしょうね。

いろいろと世間は騒がしいのですが、いつも通りツバメがスーイスーイと飛んでいるのを見るのはとてもうれしいですし、ホッとします。

今年も来てくれてありがとう♪





3月の初めころに撮ったハクセキレイです。
相変わらずチョコチョコあっちこっち小走りで走り回っていました。

この時期は灰色と黒とでまだらの羽根がおかしいですね。

ハクセキレイ
ハクセキレイ(白鶺鴒)
セキレイ科


ハクセキレイ
冬羽から夏羽に生え変わる時期なのでしょうね


夏になると普通の色になってしまうので、こういいう時期のセキレイは撮ってみようかなという気になります。
勝手ですね・・・

一昨日のカタクリ、もう一枚載せたかった写真があったのでアップです。

カタクリ
美人3姉妹でしょうか


真夜中に降り始めた雨は朝には雪になっていました。
窓から外を見ると、深々と雪が降り積もっています。
今シーズン初めてですが、今積雪量5cmくらいかな。
家から見える公園の桜も満開になりましたがちょっと寒そうです・・・








三寒四温とはよく言ったもので暖かかった昨日とは打って変わったように寒いですね。
来週の半ばあたりには23度になるとか・・・

歩いている時はいつもどこかで鳥の声が聞えないか耳を澄ませていているのですが。
聞えますね、シジュウカラやヤマガラの声、キツツキのドラミング。
短い間隔でコンコンコンとコゲラのドラミングの音が聞えてきましたよ。

コゲラ
狙いを定めているのでしょうか


コゲラ
どんどん上に登ってこの後は木の裏側に廻ってしまうという
いつものパターンです


しばらく歩くと周遊路の真ん中に越冬して目覚めたばかりのルリタテハが降りてきました。

ルリタテハ
もう少し翅を開いてほしかったけど


ルリタテハ
閉じてしまいました
表と裏側の模様にギャップがあります


ルリタテハは成虫で越冬する蝶で、この丘陵ではキタテハ、ウラギンシジミ、テングチョウ、キタキチョウなども春になると見かけます。

昨日は平日なのに丘陵の駐車場はいっぱいでした。
数日前も同じように混んでいましたが、ジムとか体操教室など屋内の運動ができにくいからでしょうか。
広島でダンスのインストラクターをしている従妹が教室を休むように主催者に言われたそうです。






すっかりグレイになった冬羽のハクセキレイが道をチョコチョコ横断していました。
ちょっと動いては止まり上を見るという動作を繰り返しているので、撮るのは簡単ですね。
1月の15日に幼鳥の「第1回冬羽」(←click here)を載せましたが、これは成鳥の冬羽でしょうか?よく分かりません・・・
あまり野鳥のいない今シーズンはありがたい存在です。

ハクセキレイ
ハクセキレイ(白鶺鴒)
セキレイ科セキレイ属


ハクセキレイ
たかがセキレイ、されどセキレイ


こうやって見るときれいな羽をしているものですね。

ハクセキレイだけではと思い、先日訪れた薬用植物園で撮った温室の花です。

ヒガンバナの仲間
ヒガンバナの一種と書かれていたかな


昨日、かかりつけの病院に言ってビックリ・・・
いつも大勢の人がいる待合室で待っているのは二人ほどで病院のスタッフの方が多いくらいです。
今までは受付で30分以上は待たされて、診察・会計・調剤薬局すべて終わるには2時間ぐらいがざらだったのに・・・
今回は家を出て家に帰るまで30分くらいだったか・・・
新型インフルエンザのせいだったのかなぁ、ということはいつも混んでいたのは何だったんだろうと考えてしまいました。







鳥が少ないというけれどいる所にはいるのかなと思います。
ただ北海道の方にウソやカワラヒワなどの野鳥がいるのを聞くとやはり暖冬のせいでこちらまで南下しなかったのもいるのかなという気もします。
もちろん例年通り来てくれているのですが、少ない気がするという意味ですが・・・

そんな中でもツグミはちゃんと来ていてわりとよく見られる渡り鳥です。
いつもツンとしたカッコイイ姿しか見ていなかったツグミくんも必死で餌探しをしているのを見つけました。

ツグミ
ツグミ(鶇)
ツグミ科ツグミ属


ツグミ
なんと鋭い目つき!


ツグミ
やっと餌ゲット


ツグミ
こんな変顔のツグミを見てしまいました


正面から見るツグミはいつものスマートな感じとは大違いで何だかユーモラスと思うような顔をしていました。
頭が膨らんで見えるのは敵意を示しているのでしょうか?
ちょっと怖い顔をしていて威嚇しているのかもしれませんね。





sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QR