FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


ジロボウエンゴサクなんて名前からして変わっていますが、その姿かたちも変わっています。
その昔、ジロボウエンゴサクのことを「ジロボウ」、スミレは「タロボウ」と呼んだそうです。
子どもたちは草相撲をするのにジロボウエンゴサクやスミレを使ったそうですが、「タロボウ頑張れ!」とか「ジロボウの勝ち!」なんてやっていたのでしょう。
何とのどかなことか・・・

場所によるのかもしれませんが、この花の色もいろいろで、まとめて見ると色の違いがよく分かります。

ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)
ケシ科 キケマン属


ジロボウエンゴサク
ピンクや



ジロボウエンゴサク
まだらなものや


ジロボウエンゴサク
薄い紫色などもあります


形もとてもユニークでまるで小さな魚があっちこっちに向いているようです。
色もいろいろなのはその土地の違いによるのかもしれないですね。

スプリングエフェメラルの一つで春のきらめきの中で現れ早春に花を咲かせると夏まで光合成をおこないその後は消えてしまいます。
早春に現れる美しい花たち「春の妖精」ですね。





sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

QR