FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。

正月二日目はお節料理を毎年載せていますので、今年もそれで。
年々簡略化していますが、やはりある程度は作らないとお正月という気持ちになれないようです。

 

今年は、昨年訪ねた東京都の薬用植物園でいただいた、屠蘇散を使ったお屠蘇を用意しました。

 

ご存じとは思いますが「お屠蘇」とは十種に近い和ハーブを調合したもので、酒やみりんに浸します。
正式には屠蘇延命散(屠蘇散)といい、古代中国、魏の華佗(中国の後漢末期の薬学・鍼灸に非凡な才能を持つ伝説的な名医)の調合と伝えられています。
邪気を払い家内健康にして幸福を迎えると言い伝えられているそうです。

今年初めて用意してみたのですが気持ちのいいハーブの香りが爽やかです。
実家では父の意向だったのかお屠蘇は普通の日本酒だったので、うちでもずっとその習慣を続けてきましたが来年からはきちんと用意しようと思いました。 

故郷の福山市には鞆の浦という坂本竜馬ですっかり有名になった港町があります。
その古い港町には「保命酒」という養命酒に似たものがあるのですがそれらも考えたらお屠蘇のようなもので滋養強壮のお酒です。

福山を遠く離れて久しいのですが、思いがけないことを知る春です。
皆様のお宅ではお屠蘇はどうしていらっしゃいますか?

関連記事

コメント

おとそ

お屠蘇は、屠蘇散というお薬だったとは、こんな漢字で生薬で 驚きました^^
お正月のお屠蘇は、日本酒です♪

恭賀新年

昨年は、お世話になりました。
sage55さんの今年もよい年になりますように♪

Re:おとそ(01/02)

るる555さん
>お屠蘇は、屠蘇散というお薬だったとは、こんな漢字で生薬で 驚きました^^
>お正月のお屠蘇は、日本酒です♪
-----
おお、やはり日本酒でしたか?
初めて屠蘇散を使ったお屠蘇をいただきました。
私も生薬とは知りませんでした。
なかなか美味しかったので来年もやってみようと思っています。

Re:恭賀新年(01/02)

るる555さん
>昨年は、お世話になりました。
>sage55さんの今年もよい年になりますように♪
-----
るるさんにとってもいい年でありますように。
こちらこそお世話になりました。
お互い細く長く続けましょうね。

ぅわぁー本格的なおせちですね。

拙宅は、精精お餅を食べるくらいでしょうか、
ごく簡単にスーパーで少量買って済ませております。

Re:お節料理

お屠蘇は、延命や若返にききそうな薬だったのですね。
最近、額の毛が寂しくなってきたので、少し分けて欲しいです。(^_^)
延命は、望みませんが、生きている間は元気でいたいですね。

Re:ぅわぁー本格的なおせちですね。(01/02)

MKさん
>拙宅は、精精お餅を食べるくらいでしょうか、
>ごく簡単にスーパーで少量買って済ませております。
-----
実家で作っていたのを見よう見まねで作り始めて、昔はもっと本格的にやっていたのですが・・・
節目のお節で、なんとなく作らないとお正月の気分が出ないんです。

Re[1]:お節料理(01/02)

ピーチマン2010さん
>お屠蘇は、延命や若返にききそうな薬だったのですね。
>最近、額の毛が寂しくなってきたので、少し分けて欲しいです。(^_^)
>延命は、望みませんが、生きている間は元気でいたいですね。
-----
ふふっ、髪の毛に効果があるかどうかはわかりませんが、本当に生きている間は元気でいたいですね。
生薬ですがハーブのように美味しい味わいでした。

こんにちは。

お屠蘇は薬のようなものとして、新年にいただいたんですね。おせち料理のそれぞれにいわれがあるように、お屠蘇にもちゃんと意味があるんですね。
生家では、毎日外で飲んでくる父が、家で外で飲む時と同じように焼酎をあびておりました、ハイ。お酒を飲まない日はなかったような気がします。そんな父の姿は、いまのわたしよりもはるかに若いころの父。いろいろ思うところもあったんだろうなと、いまになってシミジミです。

Re:こんにちは。(01/02)

ひらちゃん302さん
>お屠蘇は薬のようなものとして、新年にいただいたんですね。おせち料理のそれぞれにいわれがあるように、お屠蘇にもちゃんと意味があるんですね。
>生家では、毎日外で飲んでくる父が、家で外で飲む時と同じように焼酎をあびておりました、ハイ。お酒を飲まない日はなかったような気がします。そんな父の姿は、いまのわたしよりもはるかに若いころの父。いろいろ思うところもあったんだろうなと、いまになってシミジミです。
-----
そう、私もまったく知りませんでした。
お屠蘇というものは日本酒だと思い込んでいました。
うちの実家でも父が毎日ウィスキーを飲んでいました。
というと、私も量はそんなでもないのですが晩酌はしています(>_<)

Re:お節料理(01/02)

わが家のお節は毎年量が多すぎて食べるのが大変です。
ちょっとずつでも種類が多いので全体では相当なものです。
とてもこういうすっきりと落ち着いた盛りつけでもありませんよ。
お屠蘇は下戸なもので用意しません。
しかも3が日は毎日どこかにでかけるので・・

Re[1]:お節料理(01/02)

たけぽ2001さん
>わが家のお節は毎年量が多すぎて食べるのが大変です。
>ちょっとずつでも種類が多いので全体では相当なものです。
>とてもこういうすっきりと落ち着いた盛りつけでもありませんよ。
>お屠蘇は下戸なもので用意しません。
>しかも3が日は毎日どこかにでかけるので・・
-----
お節は形だけのものでほとんど親の趣味です。
子供たちはパンが食べたいようです。
たけぽさんのお宅ではお子さんが育ち盛りですから量が必要なのでしょうね。
お屠蘇も私の趣味です・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sage5505.blog.fc2.com/tb.php/1244-ad45be97

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QR