FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。


奥多摩シリーズの2回目です。
狭山丘陵で見てから約2週間遅れでイチリンソウを奥多摩でも見る事ができました。
標高が高いのでそれだけ気温に差があるのでしょう・・・
でもそのおかげで2回花見ができ、なんとも贅沢な春です。
運が良かったんですね、この日は初見の花もあり楽しい花見でした。

何時もの林道を歩いていると道のすぐわきに・・・
イチリンソウがここに咲いているのは知りませんでした。

s-IMG_2526.jpg

(小さい画像はClickで大きくなります)
s-IMG_2528_20130429145432.jpg
イチリンソウ(一輪草)
キンポウゲ科 イチリンソウ属




初見のラショウモンカズラも♪
図鑑ではおなじみ、名前の恐ろしさからとても興味深いと思っていた花なので見ることが出来て本当にラッキーでした。
名前の由来はこの花を平安時代に活躍した武将の渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼女の腕に見立てたものだそうです。そう言われるとなんとなくおどろおどろしい雰囲気もあるかしら?
シソ科の花らしい花でしたけれど、サルビア位の大きさでしょうか。

s-IMG_2505.jpg s-IMG_2391.jpg
ラショウモンカズラ(羅生門蔓)


ミヤマキケマンもさいていましたが、この花も初見です。
昨年までこの時期は春の花のラッシュアワーなので狭山丘陵にかかりっきりでした。
今年は少しゆとりができたので、来てみたら・・・
この花は想像していたのと違い、全く珍しいという感じではなくそこらじゅうに咲いて群生していて狭山丘陵でいえばムラサキケマンと同じくらい沢山咲いていました。

s-IMG_2377.jpg s-IMG_2376.jpg
ミヤマキケマン(黄華鬘)
ケマンソウ科キケマン属


てっきりキケマンと思っていたのですが、調べているうちにミヤマキケマンかと・・・
よく似ているのでもしかしたら間違えているかもしれません。

奥多摩にて 4月26日撮影

このシリーズは、あと数回続けようと思いますのでよかったらお付き合いくださいね。

関連記事

コメント

キケマン

この辺も同定が難しいですね。
名栗あたりにもキケマンがいっぱいありましたがあれはミヤマなのかどうか・・
狭山丘陵にもイチリンソウはいっぱいありますが、ラショウモンカズラ、キケマン、ヤマエンゴサク、キバナツリフネソウあたりはまったく見かけません。
さすがは東京といえども奥多摩まで行けば野草も違いますね。
とりあえず私は狭山丘陵で手一杯、お腹いっぱい・・・

こんにちは。

ラショウモンカズラを植物園で初めて見た時に、似た花を見ていたせいか、大きいな、と思いました。きょう植物園に行ったのですが、すでに終わっていました、トホ。
日比谷公園でキケマン(たぶん)を見ました。明日載せる予定です。
山道で見る野草はまた格別ですよね。また山道を歩きたいです。

奥多摩

奥多摩も自然がたくさん残っていて面白いですよね。

ミヤマキケマンですが、ミヤマキケマンであっていると思います。

ミヤマキケマンの小葉は細かく裂け繊細な感じがするが、キケマンはミヤマキケマンより裂け方が粗く、やや幅広で丸みがある。■ミヤマキケマンは山地に生えるが、キケマンは関東以西の海岸近くに生える。

ラショウモンカズラは、最初見た時はビックリしましたね~
ちなみに、加治丘陵にはこれも自生しているようです。
少し離れただけでこんなに植生が違うのも面白いですよね。

Re: キケマン

たけぽさん

> この辺も同定が難しいですね。
> 名栗あたりにもキケマンがいっぱいありましたがあれはミヤマなのかどうか・・

> 狭山丘陵にもイチリンソウはいっぱいありますが、ラショウモンカズラ、キケマン、ヤマエンゴサク、キバナツリフネソウあたりはまったく見かけません。
狭山丘陵でもイチリンソウは見たのですが、やはり一番に載せたくなる花です。
でもラショウモンカズラは魅力的でした。
ヤマエンゴサクなどもあったのですが、もう最終戦で載せるには・・・
また時期を変えていってみようと思っています。

カラフル

今晩は

一週間振りです~
花も色々とカラフルな花が咲くように成りましたね~

白いイチリンソウ清楚で可憐ですね~
(オレンジ)しか知りません、、、違ったかな?^^”

ラショウモンカズラの濃い紫が鮮やかですね

是からも色んな花が咲くのでしょうね
楽しみにしています。

Re: こんにちは。

ひらちゃん

> ラショウモンカズラを植物園で初めて見た時に、似た花を見ていたせいか、大きいな、と思いました。きょう植物園に行ったのですが、
> すでに終わっていました、トホ。
奥多摩は2週間は遅れているかもしれません。
あっという間に追いついてくるとは思いますけれど・・・

> 日比谷公園でキケマン(たぶん)を見ました。明日載せる予定です。
> 山道で見る野草はまた格別ですよね。また山道を歩きたいです。
キケマンとミヤマキケマンはやはり少し違うのですね。
次はキケマンも見てみたいです。
ときどき無性に山の方に行ってみたくなります、でも海も見たくなります。
どちらも見られるところというとこの辺りなら伊豆や三浦半島でしょうか・・・

Re: 奥多摩

かずさん

> 奥多摩も自然がたくさん残っていて面白いですよね
> ミヤマキケマンですが、ミヤマキケマンであっていると思います。
手近で自然がたくさん残っているのが関東の山々ですね。
こちらに来て良かったなと思う事の一つです。
ミヤマキケマンで大丈夫でしたか、よかったです。

> ミヤマキケマンの小葉は細かく裂け繊細な感じがするが、キケマンはミヤマキケマンより裂け方が粗く、やや幅広で丸みがある。■ミヤマキケマンは山地に生えるが、キケマンは関東以西の海岸近くに生える。
葉っぱはよくわかりませんでしたが、地域性で大丈夫ですね。
花の雰囲気はヤマエンゴサクに似ていると思いました。

> ちなみに、加治丘陵にはこれも自生しているようです。
> 少し離れただけでこんなに植生が違うのも面白いですよね。
エーそうなんですか、加治丘陵には咲いているんですか~
じゃぁ狭山丘陵も・・・っていかないんですよね。
そこが面白いところなんでしょうね。

Re: カラフル

都人さん

> 白いイチリンソウ清楚で可憐ですね~
> (オレンジ)しか知りません、、、違ったかな?^^”
オレンジ色の花はナガミノヒナゲシかもしれませんね。
ずいぶん増えましたから目立ちます。

> ラショウモンカズラの濃い紫が鮮やかですね
野にあるとちょっとドッキリしますが、シソ科らしい花ですね。

> 是からも色んな花が咲くのでしょうね
これから秋まで次々と花は咲きますから、楽しみにしてくださいね。

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラはまだ見たことがないですが、
名前の由来が不気味ですね~
ちょっと可哀そうな気もしますが・・・

>ムラサキケマンと同じくらい沢山咲いていました。
ムウラサキケマンが群生しているのは見かけますが、
ミヤマキケマンがそんなに咲いているのは珍しい
のではないでしょうか?
ミヤマキケマンとムラサキケマンが群生して一緒に咲いてる
様子を想像してみたのですが、
そういう景色も良さそうですね~

Re: ラショウモンカズラ

チョコミントさん

> ラショウモンカズラはまだ見たことがないですが、
> 名前の由来が不気味ですね~
> ちょっと可哀そうな気もしますが・・・
以前植物園で見たことがあるのですが、自然の中では初めてでした。
ちょっと怖そうですがシソ科ですし名前の音感が魅力だと思いました。

> ミヤマキケマンとムラサキケマンが群生して一緒に咲いてる
> 様子を想像してみたのですが、
> そういう景色も良さそうですね~
どちらかというとミヤマケマンがどっさりでムラサキケマンやシロヤブケマンはホンの少しでした。
小さいのでワサワサって感じでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sage5505.blog.fc2.com/tb.php/2037-9762f3f3

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QR