FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。

普通のヤブランに比べると花数は少ないのですが花自体は大きいのです。
一つ一つ花がしっかり存在を主張しているようです。


ヒメヤブラン(姫藪蘭)
ユリ科

咲いているところはほぼヤブランと同じで林の少し暗い位の場所でした。
色々読んで調べてみると日当たりの良い野原などに咲くと書いてあるのですがたまたまでしょうか?私の知っているのは少し暗い木陰のようなところばかりでした。
顔をしっかりと上げてくれているので撮りやすい花です♪
葉っぱに何か小さい虫が付いているようです。何でしょう?

・・・・・・・丘陵でよく見かけるルリタテハです。

狭山丘陵にて 7月中旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

今日は上野の国立西洋美術館で「コロー 光と追憶の変奏曲」を見てきました。
久しぶりの美術館でしたがあまり混んでなくてかなりゆっくり見ることができました。
夏の終わりまでやっているようなので機会があればお出かけください。
今回メインの「真珠の女」を見て大きさと雰囲気、モデルのポーズにダヴィンチの「モナリザ」をイメージしたのですがそう思ったのは私だけかしら・・・良かったらチェックしてみてね。

関連記事

コメント

Re:ヒメヤブランは明るい野原に咲く(07/26)

ヒメヤブランは今年の夏に初めて見ました。
この花は平らになるくらい開ききるんですね。
そういえば、今日は気の早いヤブランが花穂を伸ばし始めてましたよ~。

ヒメヤブラン

薄紫色のお花は、森林の中でみるとキレイでしょう~ ヤブランの小さいものなのでしょうか?
ルリタテハもよく見かけるチョウなのですか?
青い瑠璃色のオビが メタリックに光ると シミジミと自然の神秘を味わえますね~

Re[1]:ヒメヤブランは明るい野原に咲く(07/26)

たけぽ2001さん
>ヒメヤブランは今年の夏に初めて見ました。
>この花は平らになるくらい開ききるんですね。
>そういえば、今日は気の早いヤブランが花穂を伸ばし始めてましたよ~。
-----
そうそうヤブラン、撮りにくい場所でしたが・・・緑の森の所で見ました。
うまく撮れなかったのでみーんなボツです。
狭山丘陵では私も今年初めてヒメの方は二ヶ所で見つけました。昨年は確か御岳山で見たのだと思います。

Re:ヒメヤブラン(07/26)

るる555さん
>薄紫色のお花は、森林の中でみるとキレイでしょう~ ヤブランの小さいものなのでしょうか?
>ルリタテハもよく見かけるチョウなのですか?
>青い瑠璃色のオビが メタリックに光ると シミジミと自然の神秘を味わえますね~
-----
花自体はヤブランよりも大きくて(8mm位かな)お目々ぱっちりですよ。
でも花の数は少ないので全体の高さは5cmぐらいかしら・・・
丘陵でルリタテハは比較的よく見かけると思います。
かなり人懐っこいかも・・・
他にもアサギマダラやオオムラサキもいるらしいのですがキチンと見たことがありません。
写真に撮ってみたいですね・・・

Re:ヒメヤブランは明るい野原に咲く(07/26)

sage55さんこんばんは~♪

 上野の国立西洋美術館に行かれて、良かったですね。
 パラは、いつも行きたい気持ちで終わってしまいます。

ヒメヤブランの上に、テントウムシのようなのが、見えますね。

 ルリタテハは、お水に群がる蝶だったかしら~~。

Re[1]:ヒメヤブランは明るい野原に咲く(07/26)

パラ880873さん
>sage55さんこんばんは~♪

> 上野の国立西洋美術館に行かれて、良かったですね。
> パラは、いつも行きたい気持ちで終わってしまいます。

>ヒメヤブランの上に、テントウムシのようなのが、見えますね。

> ルリタテハは、お水に群がる蝶だったかしら~~。
-----
久しぶりで行った美術館は余り混んでいなくてゆっくり見ることが出来てよかったです。
今の時期はチョウもたくさん飛んでいて楽しい出会いがあります。
こちらも美術館同様いいものです。

コローのモナリザ

>「真珠の女」を見て大きさと雰囲気、モデルのポーズにダヴィンチの「モナリザ」をイメージしたのですがそう思ったのは私だけかしら

この絵は「コローのモナリザ」と言われているくらいですから。ダビンチよりはかなりモダンな画法が使われていますが、まさにリスペクトってやつですね。こっちの女性はイタリア人ではなくてドイツ人のようですけれど、着ている服はイタリアの一地方の民族衣装のようです。

Re:コローのモナリザ(07/26)

Fontaneさん
>>「真珠の女」を見て大きさと雰囲気、モデルのポーズにダヴィンチの「モナリザ」をイメージしたのですがそう思ったのは私だけかしら

>この絵は「コローのモナリザ」と言われているくらいですから。ダビンチよりはかなりモダンな画法が使われていますが、まさにリスペクトってやつですね。こっちの女性はイタリア人ではなくてドイツ人のようですけれど、着ている服はイタリアの一地方の民族衣装のようです。
-----
リーフレットに載っていましたね。
いい加減なことを書いてしまいました。
誘われてふらっと立ち寄ったのでちょっとあとで気が付いて恥ずかしかったです・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sage5505.blog.fc2.com/tb.php/376-316919a7

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QR