FC2ブログ

フツウの生活

狭山丘陵の花、鳥、自然の写真を主に載せながら日々の暮らしの中での思いを書いています。 ハンドルネームのsage55はセージ55です。シソ科にちなんでつけました。

ゲンノショウコはありふれた山野草で有名な薬草でもあります。
胃薬として生薬としての薬効もあり現の証拠でゲンノショウコと言われるのもよく知られていて日本全国どこでも見かけます。

 
ゲンノショウコ(現の証拠)
別名:ミコシグサ
フウロソウ科フウロソウ属

西日本では濃いピンク色、東日本では白というのが普通ですがこんな薄いピンク色のもあります。
ちょうどいい具合に並んでいたので撮ってみました。

 
これも分かりやすいですね

 

種を飛ばした後の部分がお神輿に似ているのでミコシグサともいわれます。

桧原村にて 10月2日撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっかり秋めいて午後はあっという間に暗くなるようです。
「秋の日のつるべ落とし」
つるべ(釣瓶)って知ってる?って聞いてみた。
「朝顔に釣瓶取られてもらい水」
というのもあったわねぇ・・・
若い人たちは知らない。
井戸も見たこと、使ったことが無い。
という私も家にはあったけれどほとんど日常生活には使わなかったな。
いろいろと説明して
鶴瓶は知っているけれど、なるほどねぇやっと分かったって。

関連記事

コメント

ゲンノショウコ

ゲンノショウコのミコシグサのところ 実物を見たこと無かったです! 見たかったけれど もう 枯れてしまったでしょうね・・・
クルンとなって そろって並ぶといいですねー♪
井戸会議って 井戸の周りは、社交場だったんですよね♪

Re:桧原村にて・・・ゲンノショウコ(11/23)

東日本は白花、西日本は赤花といいますが、狭山丘陵ではピンク色のが多いように思います。
特に里山民家付近のはみんなピンクみたいで、白花を探すのに苦労します。
一度だけ見つけた六道山公園の赤花、その後一度も見ていません。

Re:ゲンノショウコ(11/23)

るる555さん
>ゲンノショウコのミコシグサのところ 実物を見たこと無かったです! 見たかったけれど もう 枯れてしまったでしょうね・・・
>クルンとなって そろって並ぶといいですねー♪
>井戸会議って 井戸の周りは、社交場だったんですよね♪
-----
この状態も長くはなくてしばらくすると枯れてなくなっています。
ちょうど種が飛んだ直後くらいが撮り頃です。
井戸の周りで情報なども交換してお話とかしたのでしょうね。

Re[1]:桧原村にて・・・ゲンノショウコ(11/23)

たけぽ2001さん
>東日本は白花、西日本は赤花といいますが、狭山丘陵ではピンク色のが多いように思います。
>特に里山民家付近のはみんなピンクみたいで、白花を探すのに苦労します。
>一度だけ見つけた六道山公園の赤花、その後一度も見ていません。
-----
微妙な違いなのでしょうね。
もう一歩で白なのにと思うのもあります。
これは運良く隣り合わせ出分かりやすかったんです。
明日載せる予定の赤い花も気にしてみてください。
どうも気になっています。

こんにちは。

花のあとの姿、なるほどお神輿ですね。素朴な感じでかわいらしい花ですね。
ウチでは、井戸を使っていたころがありました。ウチは市営グラウンドに行く途中にあったので、「水、飲ませてくださーい」とたくさんの学生さんたちが寄っていきました。かつては、外に出て飲み物といえば一番に「水」でしたね。

拙宅ではアメリカフウロが幅を利かせています

夏の終わりに見た富士山麓に咲いていたゲンノショウコは白に近い淡いピンク色でした。
拙宅の庭を蹂躙していた、アメリカフウロもそろそろ見納めの季節となりました。

こんばんは

ゲンノショウコの赤花を探しましたが今年は発見できませんでした。

小学校の頃、学校からの帰り道が遠いので夏の間は、途中の民家に寄って、お水をいただいていました。
その時はつるべで汲んで飲んでいたような覚えです。
懐かしいですね。

Re:こんにちは。(11/23)

ひらちゃん302さん
>花のあとの姿、なるほどお神輿ですね。素朴な感じでかわいらしい花ですね。
>ウチでは、井戸を使っていたころがありました。ウチは市営グラウンドに行く途中にあったので、「水、飲ませてくださーい」とたくさんの学生さんたちが寄っていきました。かつては、外に出て飲み物といえば一番に「水」でしたね。
-----
種を飛ばした直後の姿ですが花以外にも可愛い感じがします。
本当に水が普通でしたね。
甘い飲み物や炭酸が普通になってお水の美味しさを忘れてしまいました。
今はお水も水道ではなくてペットボトルになって味気ないです。

Re:拙宅ではアメリカフウロが幅を利かせています(11/23)

MKさん
>夏の終わりに見た富士山麓に咲いていたゲンノショウコは白に近い淡いピンク色でした。
>拙宅の庭を蹂躙していた、アメリカフウロもそろそろ見納めの季節となりました。
-----
こちら東日本ではほとんどが白か薄いピンクですね。
アメリカフウロもどんどん増えていてこちらでもかなり幅を利かせていて近くの空き地はこれで埋め尽くされています。
広島の田舎の方では赤いのだけでした。

Re:こんばんは(11/23)

ポジティブパパさん
>ゲンノショウコの赤花を探しましたが今年は発見できませんでした。

>小学校の頃、学校からの帰り道が遠いので夏の間は、途中の民家に寄って、お水をいただいていました。
>その時はつるべで汲んで飲んでいたような覚えです。
>懐かしいですね。
-----
昨年見たのが赤だったような気がしたのですがどうも自信がなくなりました。
昔はお水が普通で今のように炭酸や甘い飲み物ばかりになってしまいました。
井戸水で飲む水はおいしかったですね。
今でも折に触れて水を汲みに行きます。

Re:桧原村にて・・・ゲンノショウコ(11/23)

釣瓶が我が家から姿を消したのは、私が高校の時だった様に思います。
中学の時の農業が忙しい時は、釣瓶で水を汲み上げ、まかないの夕食を作った覚えが有ります。
あんな簡単な簡単な食べ物で、家族が生活していたとは・・・、わびしくも懐かしい記憶がよみがえりました(^_^;)

Re[1]:桧原村にて・・・ゲンノショウコ(11/23)

tonami-ブナ爺さん
>釣瓶が我が家から姿を消したのは、私が高校の時だった様に思います。
>中学の時の農業が忙しい時は、釣瓶で水を汲み上げ、まかないの夕食を作った覚えが有ります。
>あんな簡単な簡単な食べ物で、家族が生活していたとは・・・、わびしくも懐かしい記憶がよみがえりました(^_^;)
-----
昔の生活は我家も質素でした。
そういう生活が懐かしいですね。
カマドや井戸、風呂焚きの生活は地に足が着いていたように思えます。
馬が家の前の道を材木を引いて歩いていましたね・・・

Re:桧原村にて・・・ゲンノショウコ(11/23)

そうなんだー関西と関東で色がちがうんですね。
こちらも色が薄いめ、紫系のをよく見ます。

この形でミコシグサって言うんですね。
先日、公園でみかけた不思議なかたちのは
たぶんフウロソウの種を飛ばしたあとだ!ってわかりました^^同じ科ですもんね。


Re[1]:桧原村にて・・・ゲンノショウコ(11/23)

rose☆maryさん
>そうなんだー関西と関東で色がちがうんですね。
>こちらも色が薄いめ、紫系のをよく見ます。

>この形でミコシグサって言うんですね。
>先日、公園でみかけた不思議なかたちのは
>たぶんフウロソウの種を飛ばしたあとだ!ってわかりました^^同じ科ですもんね。
-----
ゲンノショウコの色の境目はどの辺りなのでしょうね。
境目辺りはきっと両方咲いているのでしょう・・・
ミコシグサがわかってよかった♪
マクロで種が飛んだ跡を見ると面白い形をしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sage5505.blog.fc2.com/tb.php/855-f3008965

sage55

Author:sage55
フツウの生活へようこそ!

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QR